五街道雲助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五街道 雲助(ごかいどう くもすけ)は、落語家名跡。当代は六代目となっているが、明確な資料が残っておらず、名跡であることに変わり無いのだが代数がはっきりしていない(五海道、五開堂と書かれた文献が多い)ため、当代の師匠である十代目金原亭馬生が勝手に六代目と付けた。

  • 五海堂雲輔 - 後∶五明楼国輔
  • 五海堂雲輔 - (嘉永3年(1850年)8月 - 没年月日不詳)。本名、田中 桂助1889年6月、柳派の書記を担当していた春麗亭柳花著『落語家名前欄』に雲輔で開業届けが出ている
  • 五海堂雲輔 - (嘉永7年(1855年11月15日 - 没年月日不詳)。本名、秋田 亀吉。『名前欄』に1890年11月に五明楼山輔、1893年6月に雲輔で開業届けが出ている。その後番付などに10年近く記載されている
  • 五海道雲輔 - (安政4年(1870年)4月9日 - 没年月日不詳)。本名∶市川 留吉1911年1915年の名簿に名前が出ているが詳細は不明。
  • 六代目五街道雲助 - 本項にて記述

六代目 五街道ごかいどう 雲助くもすけ
六代目 .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}五街道(ごかいどう) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}雲助(くもすけ)
六代目五街道雲助定紋「裏梅」
本名 若林わかばやし 恒夫つねお
生年月日 (1948-03-02) 1948年3月2日(73歳)
出身地 日本の旗 日本東京都墨田区
師匠 十代目金原亭馬生
弟子 三代目桃月庵白酒
四代目隅田川馬石
三代目蜃気楼龍玉
名跡 1. 金原亭駒七
(1968年 - 1972年)
2. 六代目五街道雲助
(1972年 - )
出囃子 箱根八里
活動期間 1968年 -
所属 落語協会
受賞歴
第2回 にっかん飛切落語会努力賞(1979年)
文化庁芸術祭優秀賞(2009年)
芸術選奨文部科学大臣賞大衆芸能部門(2014年)
紫綬褒章(2016年)

六代目五街道 雲助(ごかいどう くもすけ、1948年3月2日 - )は、東京都墨田区出身の落語家。落語協会所属。出囃子は『箱根八里』。本名∶若林 恒夫

古典落語の中でも廓話圓朝噺を得意とするが、怪談噺でも評価が高い「正統派の雄」。

経歴[編集]

明治大学商学部中退後1968年2月1日、十代目金原亭馬生に入門。前座名は「金原亭駒七」。

1972年11月に柳家さん喬柳家さん治金原亭駒三三遊亭梅生立川談十郎三遊亭楽松と共に二ツ目昇進。「六代目五街道雲助」と改名。二ツ目昇進時、師匠の十代目金原亭馬生にお願いをして、手拭いの柄を描いて貰った時に「六代目でいいやなぁ」と言われ、そのまま「六代目」と描かれたので、その後「六代目」と名乗っているとのこと。

1979年に「第2回 にっかん飛切落語会」努力賞を、1980年に「第3回 にっかん飛切落語会」若手落語家奨励賞受賞。

1981年3月、柳家さん喬三遊亭歌司七代目むかし家今松金原亭馬の助橘家竹蔵三遊亭圓龍と共に真打昇進。

2009年文化庁芸術祭優秀賞受賞。2014年芸術選奨文部科学大臣賞大衆芸能部門受賞。

2016年11月に紫綬褒章を受章[1]した。

芸歴[編集]

人物[編集]

2017(平成29)年1月13日の皇居での歌会始の儀に、陪聴者として列席している[2]

浅草にあった飲み屋「かいばや」を、自身の落語の原点としている。

趣味∶パソコン、ビデオ鑑賞、ゼビウス

受賞[編集]

メディア[編集]

CD[編集]

  • 『キング落語名人寄席 -つづら/千両みかん-』(キングレコード
  • 『朝日名人会ライヴシリーズ19 - 淀五郎/名人長二―仏壇叩き』(ソニーレコード
  • 『ミュージックサプリ〜小咄編〜』(コロムビア
  • 『朝日名人会ライヴシリーズ50 - 中村仲蔵/電話の遊び』(ソニーレコード)
  • 『朝日名人会ライヴシリーズ54 - 真景累ヶ淵―豊志賀の死』(ソニーレコード)
  • 『朝日名人会ライヴシリーズ64 - 替り目/お直し』(ソニーレコード)

ほか

DVD[編集]

ほか

映画[編集]

TV[編集]

著書[編集]

一門弟子[編集]

自身が珍しい名前を名乗っていることから、弟子には真打昇進と同時に珍しい名前を名乗らせている。

脚注[編集]

  1. ^ 秋の褒章、772人20団体の受章決まる 朝日新聞 2016年11月2日
  2. ^ 五街道雲助 (2017年1月21日). “お知らせ/つれづれ”. 雲助’s homepage. asahi-net. 2020年2月10日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]