三遊亭鳳楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三遊亭 鳳楽さんゆうてい ほうらく
三遊亭 鳳楽
三ツ組橘は、圓楽一門の定紋である。
本名 内田 啓次
生年月日 (1947-03-01) 1947年3月1日(72歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県川越市
師匠 5代目三遊亭圓楽
名跡 1. 三遊亭楽松(1965年 - 1979年)
2. 三遊亭鳳楽(1979年 - )
出囃子 松の太夫、正札付
活動期間 1965年 -
所属 落語協会(1965年 - 1978年)
落語三遊協会(1978年 - 1980年)
大日本落語すみれ会→落語円楽党→落語ベアーズ→円楽一門会(1980年 - )
受賞歴
第6回NHK新人落語コンクール最優秀賞(1977年)
日刊飛切落語会若手落語家奨励賞(1978年)
文化庁芸術祭賞(1993年)
備考
円楽一門会会長(2007年 - 2015年)
円楽一門会顧問(2015年 - )

三遊亭 鳳楽(さんゆうてい ほうらく、本名・内田 啓次1947年昭和22年)3月1日 - )は、埼玉県川越市出身の落語家円楽一門会の顧問。出囃子は『松の太夫』または『正札付』。

来歴・人物[編集]

5代目三遊亭圓楽の総領弟子であり、圓楽の師匠6代目三遊亭圓生にとって初の孫弟子であった。

前座名は大師匠圓生の本名「山崎松尾」の「松」の一字をとり「楽松」と名づけた[1]。また、圓生存命中に真打が内定していた孫弟子も、鳳楽のみである。

入門後、師匠の圓楽は自身の活動が忙しく、また当時大師匠圓生の身の回りの世話をする前座がいなかったため、鳳楽を圓楽の師匠である圓生に預け、修行させていた。「初孫なので、めちゃくちゃ可愛がってもらいましたが、稽古の時だけは恐ろしかったです」と、「知ってるつもり?!」で大師匠・圓生を語っている。

全国各地の蔵元に太いパイプを持っている。

7代目圓生襲名の話が出たが、事実上頓挫している(参照:三遊亭圓生#7代目圓生襲名問題)。

略歴[編集]

著書・CDなど[編集]

出演[編集]

映画
ラジオ
  • 「鳳楽・上ちゃんの歌謡曲 電リクでナイト」(静岡放送)月曜19時00分 - 21時00分
テレビ

一門弟子[編集]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「楽松」の名前は「鳳楽」に改名後自身の惣領弟子に譲った。