土橋亭里う馬 (10代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十代目 土橋亭どきょうてい りゅ
十代目 .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}土橋亭(どきょうてい) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}里(りゅ)う.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}馬(ば)
丸に左三蓋松は、立川流定紋である。
本名 帯津おびつ 和夫かずお
生年月日 (1948-09-16) 1948年9月16日(73歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
さいたま市岩槻区
師匠 七代目立川談志
名跡 1. 立川談十
(1967年 - 1972年)
2. 立川談十郎
(1972年 - 1981年)
3. 十代目土橋亭里う馬
(1981年 - )
出囃子 都囃子
活動期間 1967年 -
所属 落語協会
(1967年 - 1983年)
落語立川流
(1983年 - )
備考
落語立川流代表
(2012年 - )

十代目 土橋亭 里う馬(どきょうてい りゅうば、1948年9月16日 - )は、埼玉県岩槻市出身の落語家。本名∶帯津 和夫落語立川流所属。出囃子は『都囃子』。落語立川流の代表。

経歴[編集]

1967年3月、七代目立川談志に入門。前座名「談十」を名乗る。立川談志に初めて入門した直系弟子であり、談志一門における事実上の総領弟子でもある。

1972年11月に柳家さん喬五街道雲助柳家さん治金原亭駒三三遊亭梅生三遊亭楽松と共に二ツ目に昇進、「立川談十郎」と改名。

1981年9月に林家九蔵柳家さん八柳家小袁治と共に真打昇進。十代目土橋亭里う馬を襲名。談志直系の弟子の真打昇進者1号となった。1983年、師匠と共に落語協会を脱退。落語立川流所属となる。

2011年11月21日に里う馬の師匠である談志が死去したことに伴う落語立川流の新体制の概要発表で、総領弟子である里う馬が2012年6月7日より落語立川流の新代表(談志一門の代表者)となった。

芸歴[編集]

役職[編集]

  • 2012年6月∶落語立川流代表

人物[編集]

出演[編集]

映画[編集]

成人映画『くいこみ海女 乱れ貝』『温泉芸者 湯船で一発』『宇能鴻一郎の伊豆の踊子』に出演している(いずれも「三遊派宗家」の藤浦敦が監督)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三代目土橋亭里う馬が「登龍亭鱗生」を名乗っていた時期がある。
  2. ^ 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会『古今東西落語家事典』平凡社、1989年4月7日、409頁。ISBN 458212612X