土橋亭里う馬 (10代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
10代目 土橋亭どきょうてい りゅ
10代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}土橋亭(どきょうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}里(りゅ)う.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}馬(ば)
丸に左三蓋松は、立川流定紋である
本名 帯津 和夫(おびつ かずお)
生年月日 (1948-09-16) 1948年9月16日(71歳)
出身地 日本の旗 日本さいたま市岩槻区
師匠 7代目立川談志
名跡 1. 立川談十(1967年 - 1972年)
2. 立川談十郎(1972年 - 1981年)
3. 10代目土橋亭里う馬(1981年 - )
出囃子 都囃子
活動期間 1967年 -
所属 落語協会(1967年 - 1983年)
落語立川流(1983年 - )
備考
落語立川流代表(2012年 - )

10代目 土橋亭 里う馬(どきょうてい りゅうば、1948年9月16日 - )は、埼玉県岩槻市(現:さいたま市岩槻区)出身の落語家。本名は帯津 和夫(おびつ かずお)。落語立川流所属。出囃子は『都囃子』。落語立川流の代表。

来歴・人物[編集]

立川談志に初めて入門した直系弟子であり(略歴参照)、談志一門における事実上の総領弟子でもある(形式的には4代目桂文字助が総領弟子であるが、文字助の場合は最初の師匠である6代目三升家小勝の死去に伴う移籍であるため談志の直系弟子ではない)。

2011年11月21日に里う馬の師匠である談志が死去したことに伴い、落語立川流の新体制の概要発表で、総領弟子である里う馬が落語立川流の新代表(談志一門の代表者)となった(2012年6月7日)。

略歴[編集]

  • 1967年 - 3月、7代目立川談志に入門し、前座名「立川談十」を名乗る。
  • 1972年 - 11月、二つ目に昇進し、「立川談十郎」と改名。
  • 1981年 - 9月、真打に昇進し、10代目土橋亭里う馬を襲名。(談志直系の弟子の真打昇進者1号)
  • 1983年 - 師匠と共に落語協会を脱退し、落語立川流所属となる。
  • 2011年 - 11月21日、師匠の談志が喉頭がんのため75歳で死去。
  • 2012年 - 6月、落語立川流の新体制の概要発表で、里う馬が落語立川流の新代表(談志一門の代表者)となる。

映画出演[編集]

成人映画『くいこみ海女 乱れ貝』『温泉芸者 湯船で一発』『宇能鴻一郎の伊豆の踊子』に出演している。

出典[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]