土橋亭里う馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

土橋亭 里う馬(どきょうてい りゅうば)は、落語家名跡。当代は10代目。

初代三遊亭圓生門下の初代司馬龍生を祖とする司馬派は、江戸時代において隆盛を極めたが、明治時代以降は衰え、本家である龍生の名跡を襲名する者は50年以上も現れておらず、今はこの里う馬が名を残すだけである(桂才賀の名跡も初代は司馬派出身で司馬才賀と名乗っていたが、その後4代目桂文治を襲名した関係で、2代目以降の才賀は桂の亭号を名乗る事になった)。現在は落語立川流に所属する落語家が里う馬を名乗っている。

初代[編集]

初代 土橋亭 里う馬どきょうてい りゅうば
別名 上総屋浅井善五郎
生年月日 1804年
没年月日 1851年7月12日
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代船遊亭扇橋
初代司馬龍生
名跡 1. 不詳
2. 司馬里ん太
3. 2代目司馬里ん馬
4. 2代目司馬龍生
5. 初代土橋亭里う馬
活動期間 ? - 1851年
家族 古今亭志ん馬(息子)
所属 司馬派

初代土橋亭 里う馬文化元年(1804年、逆算) - 嘉永4年6月14日1851年7月12日))は、落語家。通称上総屋浅井善五郎。

最初初代船遊亭扇橋門下で名は不明。後に初代司馬龍生門下に転じ里ん太、2代目里ん馬から2代目龍生、さらに土橋亭里う馬(初代)を名乗った。2代目立川焉馬の贔屓を受け、1848年秋に2代目焉馬が発行したと推測される番付には西の大関で「土橋亭立川龍馬」となっている。材木町に住んでいたが後に八丁堀に転居している。

嘉永4年没。享年48。

実子は後に古今亭志ん馬を名乗っている。

門下には3代目司馬龍生、2代目、3代目里う馬、里ん蝶(後の2代目瀧川鯉橋)らがいた。

2代目[編集]

2代目土橋亭 里う馬生没年不詳) は、落語家。通称肴屋巳之吉。

最初は桃太郎というが師匠は不明、後に柳蝶(柳好、柳鳥とも)、天保末に初代の門下で里ん馬、1852年?に里う馬を名乗った。浅草聖天町の出身。『東形人廼口同言』には寄席金沢亭の席主であったというような記載がなされている、努力家であったが人気は今ひとつであり、その外見から「鼻赤の里う馬」と言われていたという。慶応年中に横浜で没した。

3代目[編集]

3代目土橋亭 里う馬(生没年不詳) は、落語家。本名未詳。

通称「眼パチの里う馬」。初代登龍亭鱗蝶の門下で鱗生(または里ん生)後に初代里う馬の門下で2代目司馬鱗蝶、鱗ん蝶から4代目?司馬龍生を経て3代目里う馬と襲名した。

4代目[編集]

後の3代目柳亭燕路。本名は中村政吉。

5代目[編集]

5代目土橋亭 里う馬1857年(逆算) - 1893年11月1日)は、落語家。本名は金子金吉

船遊亭志ん橋(笹川大助)の門下で志ん吉を経て里う馬を襲名。人情噺を得意とした。1893年、38歳の若さで死去。

6代目以降[編集]