雷門小福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雷門 小福かみなりもん こふく
本名 中島 捨男(なかしま すてお)
生年月日 1934年4月21日
没年月日 (2012-04-07) 2012年4月7日(77歳没)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
師匠 初代三遊亭小円歌
初代雷門福助
名跡 1. 島一声(1952年 - 1954年)
2. 雷門小福(1954年 - 2012年)
活動期間 1952年 - 2012年
所属 フリー

雷門 小福(かみなりもん こふく、1934年4月21日 - 2012年4月7日)は、愛知県名古屋市生まれの落語家である。本名:中島 捨男(なかしま すてお)。

落語の世界に入って以来、ずっと地元名古屋を拠点としており、東京・大阪の業界団体には入らず、自前の芸能事務所を立ち上げ、独自の艶笑噺や人情噺を得意として、名古屋の大須演芸場を定席とし、長年活躍していた。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現在の三遊亭小円歌とは異なり、1950年代に名古屋に在住していた噺家である。
  2. ^ 訃報:雷門小福さん77歳=落語家 毎日新聞 2012年4月7日閲覧