藤浦敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤浦 敦(ふじうら あつし、1930年1月1日 - )は、日本映画監督・プロデューサー、脚本家落語作家評論家東京都港区赤坂出身で、実家は青果問屋の家系。先々代藤浦周吉(三周)が初代三遊亭圓朝一門を経済的に支援した縁から「圓朝」の名跡を預かることになり、「三遊派宗家」を名乗る。

略歴[編集]

祖父は藤浦周吉(三周)、父は東京市会議員も務め東京中央青果株式会社(現在の東京シティ青果株式会社)の初代社長で三遊亭圓朝関連の著書も多数出版した藤浦富太郎、1952年早稲田大学政治経済学部卒業後、同大学院国文科を中退し、読売新聞記者を経て、1954年日活入社。助監督となり、伊藤大輔監督を師と仰ぐ。

1971年『喜劇・いじわる大障害』で監督デビュー。ロマンポルノ時代の日活にて『江戸艶笑夜話 蛸と赤貝』、『くいこみ海女 乱れ貝』など20数本を監督。1988年の路線転換以降はプロデューサーに転じ『徳川の女帝 大奥』、『落陽』を担当。

監督[編集]

  • 1958.3.05 - 美しき不良少女(日活、助監督)
  • 1960.3.16 - 香港秘令0号 (日活、助監督)
  • 1960.10.8 - すべてが狂ってる(日活、助監督)
  • 1961.3.6 - 花と娘と白い道(日活、助監督)
  • 1963.8.11 - 美しい暦(日活、助監督)
  • 1964.1.25 - こんにちは、20歳(日活、助監督)
  • 1964.4.29 - 潮騒(日活、助監督)
  • 1971.3.20 - 喜劇 いじわる大障害(日活)
  • 1974.9.11 - 江戸艶笑夜話 蛸と赤貝(日活)
  • 1976.10.20 - 東京秘密ホテル けものの戯れ(日活)
  • 1977.7.23 - 夜這い海女(日活)
  • 1978.4.1 - 出張トルコ また行きます(日活)
  • 1979.2.3 - 好色美容師 肉体の報酬(にっかつ)
  • 1979.12.8 - 快楽昇天風呂(にっかつ)
  • 1980.7.5 - 若後家海女 うずく(にっかつ)
  • 1980.12.5 - セックスドック 淫らな治療(にっかつ)
  • 1981.6.26 - 色情海女 ふんどし祭り(にっかつ)
  • 1981.12.11 - 快楽温泉郷 女体風呂(にっかつ)
  • 1982.7.9 - くいこみ海女 乱れ貝(にっかつ)
  • 1982.12.3 - 温泉芸者 湯舟で一発(にっかつ)
  • 1983.9.16 - お嬢さんの股ぐら(にっかつ)
  • 1984.5.25 - 宇能鴻一郎の伊豆の踊子(にっかつ)
  • 1984.12.8 - 女子大生 温泉芸者(にっかつ)
  • 1985.7.20 - 絶倫海女 しまり貝(にっかつ)
  • 1986.2.22 - スワップ診察室 密しぶき(にっかつ)
  • 1986.9.23 - (生)ビデオルーム なまつば愛撫(にっかつ)
  • 1987.9.19 - 痴漢サギ師 まさぐる指先(にっかつ撮影所)

脚本[編集]

  • 1973.4.25 - (秘)大奥外伝 淫薬おんな狂乱(日活)
  • 1974.9.11 - 江戸艶笑夜話 蛸と赤貝(日活)
  • 1981.6.26 - 色情海女 ふんどし祭り(にっかつ)
  • 1981.12.11 - 快楽温泉郷 女体風呂(にっかつ)
  • 1982.7.9 - くいこみ海女 乱れ貝(にっかつ)
  • 1982.12.3 - 温泉芸者 湯舟で一発(にっかつ)
  • 1992.9.15 - 落陽(にっかつ撮影所)

製作[編集]

  • 1988.8.27 - 徳川の女帝 大奥(にっかつ、プロデューサー)
  • 1992.9.15 - 落陽(にっかつ撮影所、総合プロデューサー・総監修)

著書[編集]

  • 落語随筆集『三遊亭円朝の遺言』
  • 立川談志落語集 定本九州吹戻し 新人物往来社 2001/7
  • 日活不良監督伝 だんびら一代 藤浦敦(2016年2月10日、洋泉社[1]

など

関連項目[編集]

脚注[編集]