火事息子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火事息子(かじむすこ)は、江戸落語の演目の一つ。

あらすじ[編集]

江戸の町。神田にある質屋の大店「伊勢屋」の若旦那は、子供の頃から、どういうわけか火事が大好きだった。しかし、それが高じて、実家を勘当された挙句、臥煙(定火消し)になってしまう。

ある風の強い冬の日、「伊勢屋」の近所で火事があった。番頭や店のものは、蔵の目塗りなど不慣れな対応で大わらわ。そこへ体中に入れ墨をした火消しの若者が颯爽と現れて、番頭を手助けしてくれた。その若者が若旦那だった。幸い、火は大事にならずに消える。番頭のはからいで若旦那と両親は数年ぶりに、気まずくも嬉しい対面をすることになる。

勘当はされても子は親を、親は子を思い続ける複雑な心情を描いた人情噺。江戸落語の中でも大ネタの一つとされる。

若旦那の名[編集]

若旦那の名は「藤三郎」(初代三遊亭圓右6代目三遊亭圓生)、「徳三郎」(5代目古今亭志ん生8代目林家正蔵)、「徳之助」(3代目桂三木助)と演者によって異なる。

主な演者[編集]

8代目林家正蔵6代目三遊亭圓生3代目桂三木助らが得意とした。

3代目桂三木助は夢で若旦那が母親に会い涙を流して目を覚ますという場面を冒頭に入れていたが、これは4代目古今亭志ん生(鶴本の志ん生)が演じていた型だという。この型は7代目(自称:5代目)立川談志や3代目三木助の弟子である9代目入船亭扇橋、談志や扇橋の一部の門弟らが踏襲している。