転失気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

転失気(てんしき)は、古典落語の演目の一つ[1]

概要[編集]

医学用語の意味がわからないのに、知ったかぶりをする人々の噺。10分程度の短い噺であり、若手が鍛錬のために演じるいわゆる「前座噺」のひとつとしても知られる。

主な演者に上方桂九雀、東京の3代目三遊亭金馬などがいる。

あらすじ[編集]

体調のすぐれない寺の和尚が、往診に訪れた医師から「てんしき」があるかないかを尋ねられる。和尚は「てんしき」が何かわからず、知ったかぶりをしてその場をとりつくろい、あとになって小僧の珍念を呼んで、それとなく尋ねることでなんとか「てんしき」について知ろうとするが、珍念は「てんしき」を知らなかった。和尚は「ここで『てんしき』について教えてもよいが、それではお前のためにならない」とうそぶき、珍念を医師宅へ調合薬を取りに向かわせるついでに、近所に「てんしき」を借りてくるように命じる。

ところが聞く人がみな知ったかぶりをして「棚の上から落ちて割れてしまった」「味噌汁の実にして食べてしまった」など、バラバラの説明をするため、「てんしき」が何であるのか珍念にはわからない。ようやく訪ねた医師宅で、医師から「転失気は『気を転(まろ)め失う』と書き、のことである[1]。『傷寒論[注釈 1]』にあり、腸の働きを診るため、有無をたずねたのだ」と聞き出す。

和尚が「てんしき」を知らないことを悟った珍念は、寺に帰って「『てんしき』とはさかずきのことです」と和尚に嘘を言うと、和尚は「その通りだ。『呑む酒の器』と書く」と答えた。和尚は「これから来客の折は、大事にしている『呑酒器(てんしき)』を見てもらおう」と言い、珍念にさかずきを出しておくよう命じる。

医師がふたたび寺に問診に訪れた際、和尚は「『てんしき』がありました」と言うので、医者が「それはよかった」と案じてみせると、和尚はさかずきを自慢したくてたまらず、「自慢の『てんしき』をお目にかけましょう」と言って医師を驚かせる。「三つ組の『てんしき』でして、桐の箱に入れてある」「ふたを開けた途端に臭うでしょうな」

珍念は笑いをこらえかねながら、桐の箱を運び入れ、ふたを取ってみせる。医師は「これはさかずきではありませんか」と問い、和尚は珍念に一杯食わされたことを知る。和尚が「こんなことで人をだまして恥ずかしいと思わないのか」と珍念を叱ると、「ええ、屁でもありません」

バリエーション[編集]

サゲのバリエーションは多岐にわたる。

  • 医師が「寺方では古くからさかずきのことを『てんしき』と?」と尋ねると、和尚が「ナラ屁ェあんの昔から」と洒落るもの。上方で多く用いられる。
  • 医師が「なぜさかずきが『てんしき』なのか」と問うと、和尚が「さかずきを重ねると『ブーブー』が出る」と言うもの。「さかずきを重ねる」は酒を飲むことの慣用表現で、酔って不平を言う擬態語と放屁の擬音語をかけている。
  • だまされたと知った和尚が「どおりで臭い話だと思った」と言うもの。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 傷寒論において本来は、腸内のガス自体を意味する語は「失気」であり、「転失気」は放屁ではなく、腸内でガスが動くことを表す。一部写本によっては「転矢気」と表記するものもある。

出典[編集]

  1. ^ a b 大辞泉