家見舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

家見舞」(いえみまい)は古典落語の演目の一つ。「肥瓶」とも呼ばれる。上方では「祝いの壺」という演題で行われる。

あらすじ[編集]

江戸に住む二人組は知り合いが新築の家を建ててそこへ引っ越したため、引越祝いを贈ろうと考える。

何を贈ろうかと二人は話し合った結果、水瓶をプレゼントすることにするが、しかし、二人の手持ちは二人合わせてたったの五銭しかない。

古道具屋なら、安いものがあるのではと考え、いろいろと回るが、当然そんな水瓶があるわけがない。途方に暮れていると、ある古道具屋の主人がこの瓶なら無料で持っていっていいという。二人は喜ぶが、なぜかその瓶には水がいっぱい張ってあり、運んでいくには邪魔だと思い、店前のすぐそこに捨てようとすると店主が馬鹿に嫌がる。それもそのはず、その瓶は水瓶ではなく肥瓶、しかもかなり使い込まれ、こびりついてとれない汚れもあるという。

しかし、「無料 (タダ)」という言葉には勝てず、二人はその瓶を引き取る。そんなわけで瓶を手に入れた二人であるが、そのまま渡したらバレるであろうから、まず瓶に水を張り、その際に手についた汚れや臭いを落とすために湯屋に行き、隠蔽工作もバッチリにして例の兄貴分の新宅にそれを持っていく。何も知らずもらった兄貴分は大喜びし、お礼にごちそうしてくれると言う。しかし、出される料理はどれもその瓶から汲んだ水で炊かれたご飯や、湯豆腐であるため、事情を知る二人は手を付けられずにいる。

そんな二人を不審に思いつつ、兄貴分は瓶を見ると、水瓶の水は変にブクブク泡立ち、汚れが大量に浮いている。それでも兄貴分はそれを「古物特有の汚れ」だと思い、「この瓶の水は澱が酷いな。今度フナを2、3匹持ってきてくれ、フナは澱を食うらしいからな」と言う。

そんな兄貴分の発言に対して、二人のうちの一人は「フナには及ばんよ。何しろその瓶にはついこないだまでコイ(肥)が泳いでいたのだからな。」と言うのであった。

関連項目[編集]