禁酒番屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

禁酒番屋(きんしゅばんや)は古典落語の演目の一つ。元々は『禁酒関所』という上方落語の演目で、3代目柳家小さん江戸落語に持ち込んだ。

主な演者には、5代目柳家小さん8代目三笑亭可楽5代目鈴々舎馬風10代目柳家小三治、上方では4代目林家小染6代目笑福亭松喬などがいる。

あらすじ[編集]

とある藩で、酒に酔った二人の侍が喧嘩をし、一方が相手を斬り殺したあげく自分も腹を切って死ぬという事件が起きる。主君は以後藩士が酒を飲むことを禁止するというお触れを出す。屋敷の門には番屋が設けられ、出入りの商人の持ち込むものまで厳しく取り締まることになる。

ある日、家中の侍の中でも大酒飲みの筆頭である近藤が酒屋にやって来ると、お触れにもかまわず三升もの酒を一気に飲み、見つからないよう屋敷の部屋に一升届けてくれ と無理なことを頼んで帰ってしまう。

亭主が頭を抱えていると小僧のひとりが、南蛮菓子のカステラに見せかけたらどうかと提案する。カステラの菓子折りに酒徳利を詰め、小僧が屋敷に持っていくが、番屋で折を開けられてしまう。番屋の役人たちは徳利の中身を改めるという名目で代わる代わるその酒を飲み、結局すべて飲み干していい気分に酔っ払ったあげく小僧を追い返してしまう。

カステラで失敗したので今度は油だとごまかそうとしたが、これも失敗して酒はすべて役人に飲まれてしまう。

都合二升もの酒をただで飲まれて酒屋の一同は腹を立て、仕返しとして徳利に小便を詰めて持っていく。既にへべれけになっている番屋の役人たちが中身は何かと聞くと、小僧は計画通り正直に「小便でございます」と答える。どうせまた酒を持ってきたのだろうと思っている役人たちは小僧の言葉など信じず、中身を飲むとこれが小便。小僧を叱りつけようとするが「初めに小便と申し上げました」と言われて言葉に詰まってしまい、「うーん、あの、ここな正直者めが!」

攻防戦の演出[編集]

「酒を売りたい」と思う『酒屋』と、「何とか阻止したい(表向き)」「役目と称して酒が飲みたい(本心)」と思う『禁酒番屋』……。この両者の攻防を、いろいろな噺家が面白おかしく演出してきた。

例えば手代が思わず『ドッコイショ』と言ってしまい、怪しまれてしまうという演出は5代目柳家小さんが採用したもの。

また、以前は『小石川新坂の安藤という旗本屋敷』と限定されていた「禁酒する藩」を、ぼやかして演じたのも五代目の演出である。

関連項目[編集]

酒の出てくる噺[編集]

  • 居酒屋』:居酒屋で酔っ払いが、店の小僧相手に大騒ぎ。
  • 富久』:お酒が原因で失業した幇間が、火事見舞いに行ってまた泥酔してしまう。
  • 棒鱈』:料理屋で泥酔した江戸っ子が、うるさい隣室に怒鳴り込んで大暴れする。
  • らくだ』:お通夜の酒で酔っ払った紙屑屋が、騒動の原因を作ったヤクザ相手に立場を逆転させて暴走する。
  • 試し酒』:大店・近江屋と馴染みの旦那が、下男の久蔵が五升飲めるかどうか賭けをする。

食のイタズラ噺[編集]

  • ちりとてちん』:何を食べてもおいしいとは言わない六さんを懲らしめようと、腐ってカビが生えた豆腐を「台湾名物ちりとてちん」と偽って食べさせようとする。
  • 家見舞』:知り合いの引越祝いの品として、水瓶をあげようと思うが、金がないため、使用済みの肥瓶を水瓶としてプレゼントする。