リーガル千太・万吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リーガル千太・万吉
Legal Senta & Mankichi
リーガル千太・万吉(1948年、放送芸能祭)
メンバー リーガル千太
リーガル万吉
結成年 1934年
事務所 吉本興業
活動時期 1934年 - 1962年
師匠 柳家金語楼
旧コンビ名 柳家千太・万吉
芸種 漫才
テンプレートを表示

リーガル千太・万吉(リーガルせんたまんきち)は、昭和期に活躍した漫才コンビ。

概要[編集]

2人共に柳家金語楼一座に属する落語家であった(千太のみ金語楼の弟子でなおかつ金語楼とは同い年)。落語時代の二人の音源は、「ご存知古今東西落語紳士録」に残っている。

結成のきっかけには二説ある。

金語楼は吉本興業の芸人であり、上方・吉本のしゃべくり漫才横山エンタツ花菱アチャコの成功を間近で見た。それに触発され、試しにこの2人に高座で掛け合いを演じさせて漫才コンビに仕立てたという説。そして、2人の雑談を面白がった日本コロムビアのディレクターが漫才転向を薦めたという説がある[1]

1934年に正式に漫才コンビ結成、日本コロムビアの廉価レーベルであるリーガルレコード英語版の専属になり、リーガルの屋号を名乗る。戦時中は敵性語の使用禁止で柳家千太・万吉に暫時改名した。

レコードは売れに売れ、別名義で他社から発売した分も含め[2]吹き込んだSP盤は200枚に達し、東京漫才界の最高を記録。戦後はラジオにも活躍の場を広げ、『やきとり』『ぺり住まい』等の演目を十八番とした。サラリーマン同士の会話のような淡々とした掛け合いを基調とする芸風で、共に落語家出身らしい間と口調は今なお高い評価を得ている。

2008年10月29日、東京漫才を顕彰する“東京漫才の殿堂”への殿堂入りが漫才協会によって発表された。

リーガル千太[編集]

リーガル千太せんた
本名 冨田とみた 寿ひさし
生年月日 1901年7月2日
没年月日 (1980-05-10) 1980年5月10日(78歳没)
師匠 柳家金語楼
弟子 春日三球・照代
出囃子 1.柳家金洲(1926年 - 1930年)
2.柳家緑朗(1930年 - 1934年)
3.リーガル千太(1934年 - 1969年)
活動期間 落語家として
1926年 - 1934年
芸人として
1934年 - 1969年
所属 日本芸術協会

リーガル 千太(リーガル せんた、1901年7月2日 - 1980年5月10日東京都出身、本名:冨田とみた 寿ひさし

  • 13歳で早稲田の本屋に奉公、年季明け直後にトラブルで今度は別の古本屋に勤める、のちに古本屋が繁盛し社員になる。その頃に寄席通いが長じて1926年9月に柳家金語楼に入門、前座名柳家金洲1930年日本芸術協会設立で師匠と行動を共にし、柳家緑朗(緑郎とも)に改名。
  • 万吉の単独引退に伴い、ピンで漫談をしたり、大江笙子と組んで漫才を再開したりした後、1969年頃に芸能界を引退し、落語協会事務員に転向した。
  • 晩年は、東宝演芸場のモギリなども行っていたようだが、自分の弟子である春日三球・照代の真打ち披露興行には列席した。

リーガル万吉[編集]

リーガル万吉まんきち
本名 寄木よりき のぼる
生年月日 1894年12月12日
没年月日 (1967-07-30) 1967年7月30日(72歳没)
師匠 2代目談洲楼燕枝
3代目柳家小さん
柳家金語楼
名跡 1.柳亭雀枝(? - 1918年)
2.柳家小団治(1918年 - 1925年)
3.桂やまと(1925年)
4.柳家語楼(1925年 - 1934年)
5.リーガル万吉(1934年 - 1962年)
活動期間 落語家として
- 1934年
芸人として
1934年 - 1962年
所属 漫才研究会
日本芸術協会
備考
漫才研究会会長

リーガル 万吉(リーガル まんきち、1894年12月12日 - 1967年7月30日)東京都出身、本名:寄木よりき のぼる

受賞[編集]

映画[編集]

DVD[編集]

弟子[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『昭和 高座の名人たち』小島貞二執筆の項
  2. ^ 内職かどうかは不明
  3. ^ 春日三球とのコンビ「第一球・三球」を組んでいた事がある
  4. ^ なお、談志はおぎやはぎに対して、この年に優勝したますだおかだと同じ最高得点である80点という高評価を下していた(最終的におぎやはぎはこの年総合4位に終わる)。
  5. ^ "談志節"が全開! 『M-1グランプリ』審査員での立川談志エピソード”. excite.ニュース (2016年12月3日). 2018年3月22日閲覧。

出典[編集]