小島貞二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小島 貞二(こじま ていじ、1919年3月21日 - 2003年6月24日)は、日本の著作家相撲プロレス演芸評論家にしてそれらの歴史研究者、作詞家。相撲関係の雑誌などでは大須 猛三(おおす もうさん)のペンネームを使っていたことがある。

来歴[編集]

愛知県豊橋市出身。旧制豊橋中学校(現:愛知県立時習館高等学校)を卒業後、漫画家を志して上京し、川原久仁於に師事して絵を描いていたが、身長182cmの体格を見込まれて大相撲出羽海部屋に入門することになり、1938年5月場所に本名で初土俵を踏む。双葉山の70連勝を阻止した平幕時代の安芸ノ海の付け人を経験し、その70連勝阻止の瞬間を裏方からの目線で見た著作がある(別冊1億人の昭和史 昭和大相撲史)。

1942年1月場所限りで廃業し、その後は博文館に入社して雑誌『野球界』の編集部に所属し、相撲の記事を担当する。戦火が激しくなると「国内必勝勤労対策」のため編集の仕事が続けられなくなり、炭鉱会社の麻生鉱業に入る。会社の命令で南方のセレベス島へも赴き、この地で終戦を迎える。

終戦後は芸能新聞『スクリーン・ステージ』の演芸記者になり、1950年5月にスクリーン・ステージが休刊した後は東京日日新聞(現在の毎日新聞とは別)に移り相撲・演芸担当の記者として働く。

1955年8月に東京日日新聞が休刊した後は放送作家に転身。コロムビア・トップ・ライトラジオ番組『起きぬけ漫才』(ニッポン放送)などの台本を書いたほか、小林旭の『恋の山手線』を初めとするコミック・ソングの作詞も手がけている[1]

また小島は相撲時代に出羽海部屋で同僚だった増位山大志郎(9代三保ヶ関)と親友だった関係で、その息子の増位山太志郎(10代三保ヶ関)に「レコードを出してみないか」と話を持ちかけ、歌手・増位山の誕生に一役買っている[2][3]

その後は著作業の世界にも身を置き始める。正岡容から演芸を、長谷川伸から作家としての心得を学び、力士・記者・放送作家の経験も生かして評論・研究を重ね、多数の著書を出版。その総数は160冊を超えている。5代目古今亭志ん生の有名な自伝『びんぼう自慢』の聞き書きも担当した。

11PM』女相撲コーナー解説者を経て、日本初の女子プロレス解説者にも就任し、『女子プロレス中継 世界選手権シリーズ』や『国際プロレスアワー』の女子の試合の解説を担当し。テレビでも毎週お馴染みの顔になった。

1977年には放送作家たちの笑芸研究の団体「有遊会」を設立している。また「千葉笑い」を朝日新聞千葉版で復興し、笑文芸を身近な存在に引き上げた。

2003年6月24日、地元中山の落語会清華亭にて解説中に脳出血のため死去[4]。84歳没。

2004年、長らく居を構えていた千葉県市川市から名誉市民の称号が贈呈された。

長男は音楽・映像・マルチメディアプロデューサー小島豊美。小島が編集に参加したCD-ROM「古今東西噺家紳士録」は、息子の豊美が経営する会社から発売されている。

著書[編集]

  • はなしの土俵 ベースボール・マガジン社, 1956
  • 日本プロレス風雲録 ベースボール・マガジン社, 1957
  • 物語相撲部屋 ベースボール・マガジン社, 1958
  • 栃錦清隆 ベースボール・マガジン社, 1959
  • 柏戸 万有出版, 1961
  • びんぼう自慢 古今亭志ん生 小島貞二編 毎日新聞社, 1964
  • 漫才世相史 毎日新聞社, 1965
  • 落語三百年 江戸の巻 毎日新聞社, 1966
  • 落語三百年 明治・大正の巻 毎日新聞社, 1966
  • 落語三百年 昭和の巻 毎日新聞社, 1966
  • 落語名作全集 第1(編) 立風書房, 1967
  • 落語名作全集 第2(編) 立風書房, 1967
  • 落語名作全集 第3(編) 立風書房, 1967
  • がちんこ人生 ルック社, 1967 - 大鵬の伝記
  • 横綱 ルック社, 1968
  • 落語名作全集 第4(編) 立風書房, 1968
  • 落語名作全集 第5(編) 立風書房, 1968
  • 落語名作全集 第6(編) 立風書房, 1968
  • 落語名作全集 別巻(編) 立風書房, 1968
  • 定本・艶笑落語 小島貞二,能見正比古 立風書房, 1970
  • 志ん生長屋ばなし 古今亭志ん生 小島貞二編 立風書房, 1970
  • 志ん生廓ばなし 古今亭志ん生 小島貞二編 立風書房, 1970
  • 志ん生江戸ばなし 古今亭志ん生小島貞二編 立風書房, 1971
  • 志ん生滑稽ばなし 古今亭志ん生小島貞二編 立風書房, 1975
  • 寄席の系図 上野鈴本演芸場, 1971
  • 定本・落語名作全集(編) 立風書房, 1972
  • 大相撲名力士100選 秋田書店, 1972
  • 千葉県と相撲 京葉市民新聞社, 1972
  • 定本・艶笑落語. 続編 立風書房, 1974
  • ザ・格闘技 朝日ソノラマ, 1976
  • 高座奇人伝 立風書房, 1979.1
  • 大相撲人物史 千人社, 1979.5
  • 大相撲意外史 千人社, 1980.1
  • 大相撲裏面史 千人社, 1980.5
  • 落語家面白名鑑 かんき出版, 1982.5
  • 演芸博物館 紅編 三一書房, 1982.6
  • 演芸博物館 白編 三一書房, 1982.9
  • 無税で笑えます!(編)有遊会著 太陽出版, 1983.5
  • 力道山以前の力道山たち 三一書房, 1983.11
  • 横綱草紙 丘書房, 1984.12
  • 快楽亭ブラック 国際情報社, 1984.8
  • 絵本大相撲 小島貞二相撲甚句 三宅充文 插絵は小島貞二所蔵相撲錦絵 アリス館, 1985.4
  • こども古典落語1 小島貞二文 宮本忠夫画 アリス館, 1986.3
  • こども古典落語2 小島貞二文 宮本忠夫画 アリス館, 1988.6
  • こども古典落語3 小島貞二文 宮本忠夫画 アリス館, 1986.7
  • こども古典落語4 小島貞二文 宮本忠夫画 アリス館, 1986.9
  • こども古典落語5 小島貞二文 宮本忠夫画 アリス館, 1986.11
  • 千葉笑い 恒文社, 1988.4
  • 大相撲評判記 新人物往来社, 1989.7
  • 雷電為右衛門 上巻 学芸書林, 1990.1
  • 雷電為右衛門 下巻 学芸書林, 1990.2
  • あるフンドシかつぎ一代記 ベースボール・マガジン社, 1991.6
  • ぼくの人生、百面相 波多野栄一芸界私史 学芸書林, 1991.11
  • 相撲史うらおもて その1 ベースボール・マガジン社, 1992.5
  • 相撲史うらおもて その2 ベースボール・マガジン社, 1992.7
  • 相撲史うらおもて その3 ベースボール・マガジン社, 1992.10
  • ことばあそびだニャン 小島貞二編・著 北山竜絵 アリス館, 1993.10
  • ことばあそびだワン 小島貞二編・著 北山竜絵 アリス館, 1993.10
  • 歴代横綱おもしろ史話 毎日新聞社, 1993.6
  • 寄席芸人おもしろ史話 毎日新聞社, 1994.2
  • 有遊会大あらま史 小島貞二編著 有遊会, 1995
  • 本日晴天興行なり 焼け跡の大相撲視 読売新聞社, 1995.6
  • 快楽亭ブラック伝 決定版 恒文社 1997.8
  • 力士雷電 上 ベースボール・マガジン社 1998.11
  • 力士雷電 下 ベースボール・マガジン社 1988.12
  • 雷電日記 雷電為右衛門著 小島貞二編 ベースボール・マガジン社 1999.2
  • 志ん生の忘れもの うなぎ書房, 1999.12
  • 禁演落語 筑摩書房 2002.4
  • こんな落語家がいた 戦中・戦後の演芸視 うなぎ書房 2003.8

CD-ROM[編集]

  • 古今東西噺家紳士録 寄席一五〇年(編) エーピーピーカンパニー, 2000.1

主な作詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 恋の山手線 インターネットアーカイブ
  2. ^ 『演歌歌手 増位山太志郎 歌一本、横綱を目指す (2)』 日本経済新聞 2014年5月20日付夕刊
  3. ^ 「今あるのはあの人のおかげ」歌手・増位山太志郎さん 日刊ゲンダイ 2016年7月29日発行版14面
  4. ^ “小島貞二氏(相撲、演芸評論家)が脳出血のため死去”. 日刊スポーツ. (2003年6月24日). http://www.nikkansports.com/ns/general/personal/2003/pe-030624-2.html 2016年7月29日閲覧。 

関連項目[編集]