Wコロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Wコロン
メンバー 木曽さんちゅう
ねづっち
結成年 2004年
解散年 2015年
事務所 プロデューサーハウスあ・うん
活動時期 2004年 - 2015年
芸種 漫才なぞかけ
受賞歴
2004年 第3回漫才新人大賞優秀賞
2006年 第5回漫才新人大賞優秀賞
2009年 第8回漫才新人大賞優秀賞
2010年 S-1バトル殿堂入り(ラウンド1)
2010年 第9回漫才新人大賞特別賞)
2010年 第27回浅草演芸大賞新人賞
テンプレートを表示

Wコロン(ダブルコロン)は、有限会社プロデューサーハウスあ・うん、漫才協会に所属していたお笑いコンビ。2004年結成、Wエース門下。2012年、漫才協会の真打に昇進。2015年4月1日、解散を発表[1]

メンバー[編集]

  • 木曽 さんちゅう(きそ さんちゅう 1970年10月22日(45歳) - [2]
    ツッコミ担当。
    本名は林 賢一(はやし けんいち)[2]兵庫県神戸市出身。血液型A型、身長175cm、体重100kg。甲南大学経営学部卒業[2]。趣味は音楽鑑賞、料理、釣り、駅弁収集[2]中日ドラゴンズファンである。既婚、4児の父である。
    芸名は素人時代に関西の素人参加テレビ番組で角田信朗に「木曽の山中にいるような顔」といわれたことに由来する[3]。ステージ衣装で着用しているTシャツは、すべてTシャツ・雑貨通信販売の「まめた本舗」からの衣装提供である[4]。なぞかけはもともと得意ではなかったが、ねづっちのなぞかけを側で聞いているうちに、ねづっちほどの早さではないものの自身も即興でなぞかけを作ることができるようになったという。
    かつてふかわりょうとコンビを組んでいたが、ピン芸人志望のふかわとそりがあわず、1ヶ月で解散した[3]。その後はピンで活動し主に一人コントをしていた。また、1998年にコンビ「バズーカルーム」を結成するも2003年に解散している。
    以前は金髪が特徴だった。
    相方のねづっちによれば「上で1回揉んでもらって」と「実際」と言う言葉を好んで使う。
    解散後の2015年5月をもってプロデューサーハウスあ・うんを退社、その後はフリーだが、漫才協会には在籍。

芸風[編集]

  • 昭和を思わせる漫才を行っていた[4]
  • 謎かけ漫才」を得意とした。最初は普通に漫才を始めるが、話の途中でねづっちが唐突に「(謎かけの用意が)ととのいました!」と宣言し、「○○とかけまして、○○と解きます」と謎かけに入る。木曽の「その心は」という合いの手の後、ねづっちが答えを言い、ジャケットの襟を持ちながら「ねづっちです」と言う決めポーズを取る。
    • 「ととのいました!」の掛け声は、スピードワゴンのラジオに出演した際にウケたため、彼らの提案により漫才でも使うことにした[3]
    • 「ととのいました!」は2010年新語・流行語大賞のトップ10に入った。
    • 千原ジュニアは、「ととのいました!」が流行語として扱われる事に対して、「本当に注目すべきは『ねづっちです』という決め言葉。今までお笑い芸人が謎かけをしても『おー上手い』という反応で、笑いが起こる事がなかった。それを『ねづっちです』の一言で謎かけを笑いになるものに変えた。これは、偉大な発明」と絶賛した[5][出典無効]
  • ねづっちが漫才中に死語を言う事が多かった(「なるへそ」「〜してちょんまげ」「バッチグー」など)[6]
  • ねづっちがゴージャス松野に似ていることを度々ネタにされていた。
  • ライブのエンディングでは名物となる告知があった(ねづっちが言う所の「告知芸」)。まずは、ねづっちが漫才協会所属の有名芸人の名を出した後、あまり知られていないような芸人の名(漫才協会所属の芸人が多い)を並べていき、木曽が辛辣に突っ込むというパターンであった[7]
  • テレビでは「即興謎かけ」で出演する事も多かった。『エンタの神様』に出ようと考えたパッケージであるが、結局2人が『エンタの神様』に出演する事はなかった。その代わり『爆笑レッドカーペット』では多用していた[6]

エピソード[編集]

  • 結成は2004年であるが、二人とも芸歴は長い。
  • 2010年5月14日TBSラジオバナナマンのバナナムーン』に出演した。この日が日村勇紀の誕生日であったことから、「日村さん」「38才」「誕生日」をお題として謎かけを迫られたが、整えられることなく番組が終了してしまった(番組特有の日村が軽んじられる演出)。
  • 2010年度「S-1バトル」で初の殿堂入り(5連勝)を果たし、賞金1000万円を手にする。
  • 漫才協会の真打昇進には在籍10年以上という内規があるが、ブレイクによる功績が認められ、8年目での“飛び級”扱いとなった[8]
  • 2014年8月17日には日本テレビ行列のできる法律相談所』にて「芸人イチ仲の悪いコンビ」として登場し[9]楽屋で全く会話をしないなどの日常が紹介された。翌月のインタビューでは「不仲がきっかけで仕事が増えた」と話し、不仲による解散については否定していた[10]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「ねっち」と表記されることもあるが、誤りである。
  2. ^ 2013年3月を最後に放送していないが、番組側は「放送時間調整のため」とし、番組終了を否定している。

出典[編集]

  1. ^ “Wコロンが解散、ねづっちと木曽さんちゅうともピン芸人に”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2015年4月1日). http://natalie.mu/owarai/news/142666 2015年4月3日閲覧。 
  2. ^ a b c d e Wコロン”. プロデューサーハウスあ・うん. 2012年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月21日閲覧。
  3. ^ a b c 今、最も旬な「じゃないほう芸人」Wコロン・木曽さんちゅうを直撃(日刊サイゾー・2010年9月14日)
  4. ^ a b 足立朝日新聞 2010年8月5日号「ケーブルテレビ足立でお馴染み Wコロン ねづっち/木曽さんちゅう」
  5. ^ 2011年1月2日放送回『新春TV放談2011』(NHK)で発言。[出典無効]
  6. ^ a b Wコロン・ねづっち「整いました!」なぞかけ芸が時代にハマった深い理由(日刊サイゾー「お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第78回」・2010年5月22日)
  7. ^ [1]に証明有り。
  8. ^ お笑いナタリー 2012年10月26日「Wコロンが真打ち昇進披露、漫才大会会見にナイツら出席」
  9. ^ “Wコロンに亀裂 不仲認めるも「解散は考えてない」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年9月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2041993/full/ 2015年4月3日閲覧。 
  10. ^ “Wコロン、不仲きっかけで仕事が増加 解散は否定”. シネマカフェ (イード). (2014年9月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0066194 2015年4月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]