チャンス青木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャンス 青木(チャンス あおき、1943年もしくは1944年 - 2016年11月29日)は、漫才協会所属のお笑い芸人熊本県熊本市出身。漫才協会理事。既婚。

熊本県立済々黌高等学校西南学院大学経済学部卒業。 本名:青木博志。

2008年1月に青木チャンスから「チャンス青木」に改名[1]

経歴[編集]

大学在学中は演劇部部長として活動、卒業後はパルプ会社に勤務。

退職後の1972年に元Wけんじ宮城けんじに弟子入りし、1977年に斎藤チャンスと「Wチャンス」を結成。主に浅草松竹演芸場、浅草木馬館に出演。1983年のコンビ解消後は、浅草松竹演芸場、浅草ゴロゴロ会館等で漫談司会を行っている。

Wチャンス解散後は「鋭才・鈍才」(青木は鋭才)、「チャンス・コダマ」(コダマはケーシー高峰門下)のコンビで活動したが、長続きはしなかった[1]

後輩の面倒見がよいこと[1]もあり、2002年には漫才協会の理事に選出される。漫談で理事に選出されるのは青木が初。

演芸場が主な活動の場でメディア出演はほとんどない。テレビでは名前が知られていない「浅草の師匠」の代表格として、ナイツがよくトークなどでネタにしている。

2016年11月29日に自宅で死去[2]。72歳没。

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山中伊知郎『ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木』山中企画2012年ISBN 978-4-434-16696-9
  2. ^ チャンス青木さん死去 漫才協会理事 「ナイツ」トークネタでおなじみ - スポーツニッポン 2016年12月6日

出典[編集]

  • 内海桂子・富澤慶秀『「東京漫才」列伝』東京新聞出版局、2002年

外部リンク[編集]