個人事業主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

個人事業主(こじんじぎょうぬし)は、会社等の法人を設立せずに自ら事業を行っている個人のこと。自営業とも。

合同会社などと同様、規模に制限はないため大規模な企業体を経営することも可能。サラリーマン会社役員は個人事業主ではないが、継続的な請負(下請)や納入をする業者、代理店など、雇用でない契約によって他者の事業に従属する者はあくまで独立の経営であり、それが法人でなければ個人事業主である。

銀行業のように法人でなければ認められない事業を除いてあらゆる事業を行える。

税法上の扱い[編集]

日本の税法上、個人事業主の場合、12月31日を決算日として収支決算をまとめ、原則、翌年3月15日までに所得税確定申告を行う(15日が休日の場合は次の営業日)。一般に個人事業主には所得税の他、個人住民税、個人事業税及び消費税が課される。

関連文献・記事[編集]

関連項目[編集]