アウトレイジ ビヨンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウトレイジ ビヨンド
OUTRAGE BEYOND
監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
吉田喜多男
製作総指揮 北野武
出演者 ビートたけし
西田敏行
三浦友和
加瀬亮
中野英雄
松重豊
小日向文世
高橋克典
桐谷健太
新井浩文
塩見三省
中尾彬
神山繁
音楽 鈴木慶一
撮影 柳島克己
編集 北野武
太田義則
製作会社 「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
オフィス北野
公開 イタリアの旗 2012年9月3日VIFF
日本の旗 2012年10月6日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 14.5億円[1]
前作 アウトレイジ
次作 アウトレイジ 最終章
テンプレートを表示

アウトレイジ ビヨンド』は、北野武監督による日本映画2012年10月6日に日本公開された。第69回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品。R15+指定

キャッチコピーは「全員悪人 完結。」、「一番悪い奴は誰だ?」。

概要[編集]

ヤクザ抗争を描いた2010年公開の『アウトレイジ』の続編映画。北野武監督作品では初の続編映画である。

監督および主演は北野武(ビートたけし)に、三浦友和、加瀬亮、小日向文世ら前作キャストに加え、西田敏行、松重豊、高橋克典、桐谷健太を起用している。

監督の北野は『笑っていいとも!』への出演[2]のほか、自身のレギュラー番組を含め各番組で積極的な宣伝活動を行った。

丸の内TOEI2渋谷TOEI2新宿バルト9新宿ピカデリー他、全国225スクリーンで公開され、2012年10月6、7、8日の初日3日間で3億9,528万7,800円、動員29万4,485人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[3]。これは北野映画史上初となる。

あらすじ[編集]

関東最大の暴力団・山王会は5年前の内部抗争を経て二代目会長の座に就いた加藤の掲げる新方針(実力主義)の下、政界にまで影響を及ぼすほどの規模に拡大しつつあった。

元は潰された山王会大友組の金庫番でしかなかった石原は、二代目会長に経済ヤクザとして重用され、若頭の地位にまで昇りつめる。当然、現代的な金儲けに不得手な古参の幹部組長たちは冷遇され、現体制に不満を抱く。

そんな中、現役大臣の愛人と、潜入捜査をしていた組織犯罪対策部山本刑事が車ごと海に沈められ、一緒に殺害される事件が発生。現内閣の行く末までも左右しかねない山王会の過剰な影響力に、業を煮やした警察上部組織はついに動き始める。組織犯罪対策部の刑事片岡は、山王会の古参の幹部の一人の富田関西最大の暴力団・花菱会の若頭・西野と兄弟分であることに目を付け、富田と共に花菱会の布施会長に助けを求める。

ところが、片岡と富田の加藤失脚作戦が布施の密告で加藤に伝わってしまい、弟分の白山五味にも裏切られた富田は山王会幹部の舟木に殺されてしまう。花菱会と山王会は兄弟の杯を交わしていたのだ。立場が危うくなった片岡は次の山王会壊滅作戦の駒として、山王会に恨みを持つ人物として、自身の流した嘘の噂により死亡したことになっていた元大友組組長・大友仮釈放させる。その後、すでに出所している元村瀬組若頭の木村にも会い、大友に会ってくれないかと頼む。

出所後、一時は韓国マフィアの大物フィクサーのもとに身を寄せ、ヤクザの世界から距離を置いた大友であったが、再会した木村の復讐心も感じ取った上、もちまえのヤクザとしての任侠・武闘派魂が捨てきれない大友は、結局のところ片岡の策略である、山王会撲滅を図るための花菱会とのヤクザ同士の”仁義なき戦い”の渦中に、否応なしに巻き込まれていく。

主要人物[編集]

大友
元山王会池元組傘下大友組組長。
片岡の流した噂により獄中において死亡したものと思われていたが、実際は生き延びていた。過去の木村への仕打ちを反省しており、刑務所内において木村に腹部を刺されたことも黙っていた。片岡の策略により早期に仮釈放されると、知人の韓国系フィクサーの下に身を寄せる。
片岡の唆しも効果なく山王会に対する復讐の考えは無いままだったが、木村の強い復讐心を汲み取り誘いに乗る形で花菱会から杯を受けるべく関西へ向かう。花菱会で痛罵され逆上し危機に陥るが、木村が自らの指を食いちぎって落とし前を付けることで助かる。治療後の木村と杯を交わして兄弟分となり、木村からは「兄貴」と呼ばれるようになる。
木村と共に花菱会のヒットマン集団を先導し、舟木・石原・加藤らを次々と殺害。山王会への復讐も果たすが、出世や大友組復活への野心に火がつくことはなく、陰謀を達観するかのように徐々に抗争から身を引いていった。


山王会[編集]

関東最大規模を誇る巨大暴力団。

加藤 稔(かとう みのる)
山王会二代目会長。
前作終盤に先代会長・関内を射殺した真犯人。二代目に就任した後は、大友組の金庫番であった石原を重用するなど、現代的な金儲けに主眼を置いた人事により山王会を拝金主義の組織に改革し、政財界に影響を与える規模にまで拡大させた。
株式売買や為替・先物取引など経済に強い石原を若頭に取り立てるなど、若い人材を重用する一方で、年功序列に重きを置く古参幹部たちを冷遇し、反感を買っている。また、かなりの吝嗇家でもあり、会に食事も出さず、贈答品も新規に買わず使い回しを指示するなど、内外の人物からあきれられている。
花菱会により先代会長殺害の真実を暴かれると、それを石原の策であると吹き込まれ、富田の反逆時から陥っていた疑心暗鬼に拍車をかける。幹部らの元に送られたボイスレコーダー[4]によって先代殺害が明らかにされ、幹部の大半が離反した後、追い討ちのように残った部下らが次々と殺害されると、進退窮まり引退することとなった。
その後は隠居し、朝からパチンコ店に通うという淪落した生活を送っていたが、そこへ現れた大友と李によって脇腹を刺され、死亡した。
石原 秀人(いしはら ひでと)
山王会若頭。
前作では大友組の金庫番であったが、加藤殺害に出向くふりをして大友を裏切った過去を持つ大友組壊滅の元凶。
合法的なものも含めた数多くの商談・取引に手を伸ばし、政治家・役所とゼネコンを仲介しその過程で裏仕事を引き受け不祥事を握るなど、各所に深く浸透している。
事実上の稼ぎ頭として山王会で幅を利かせており、成果を出せない相手は古参幹部であろうとも見下し、年長者であっても平気で手駒扱いする[5]
大友の生存を知らされ、さらに片岡による事務所襲撃を大友によるものだと思い込むと激しく取り乱し、大友を始末するべく全力を注ぐが成果が得られず激しく当たり散らす。加藤の側近として全幅の信頼を置かれていたが、元の親分である大友を裏切って現在の地位を築いた事実を片岡に指摘されたときは激しく逆上し、刑事相手に暴力を振るうほどキレやすい性格である。しかし実際には周囲が次々と殺されると恐怖に取り乱すなど、小心者の性格を垣間見せる。
大友を裏切った過去を布施にうまく利用され、先代殺害の漏洩を石原の裏切りと聞かされた加藤によって切り捨てられる。木村との接触を一旦は拒んだものの加藤に叱責され、木村が未だに大友に恨みを持ち続けていると信じて自ら出向くが、同行した部下全員が射殺され、大友の元へ連行される。失禁するほどの恐怖を見せながら「加藤会長からは大友を裏切らないなら殺すと脅されていた」と発言し命乞いをするものの、大友には聞き入れられず、ピッチングマシンの前に椅子に縛り付けられた状態で放置され、剛速球を顔面に当て続けられて[6]死亡した。
前作ではクールな「インテリヤクザ」のイメージだったが、今作では激情にかられる場面が多く印象が大きく異なっている。
舟木 昌志(ふなき まさし)
山王会幹部。
加藤及び石原の側近である。寡黙な武闘派であり、実働を担うことが多い。
元は先代会長・関内のボディーガードだった。関内の殺害現場目撃をその数日後に加藤に告白したことから大出世となった[7]
加藤と石原に逆らうもの、刃向かうものを容赦なく粛清しており、加藤失脚を狙った富田をボディーガード共々銃殺したり、討ち入りに来た嶋・小野を返り討ちにして、黒いビニール袋を頭部に被せ殴り殺す。その後、大友・木村によって連行され、加藤の先代殺しを証言させられる。その後の生死は描かれてないが、恐らく殺害されたものと思われる[8]
城率いるヒットマン集団の襲撃を受けた際にも表情を変えず、暴行され証言を求められても報復をほのめかすなど強気な態度であったが、一緒に拉致された部下が隣で頭に黒いビニール袋を被せられドリルで頭を穿たれると一転して命乞いをし、証言を始めた。このときの録音が花菱会の手に渡り、加藤を追い詰めることになる。
富田
山王会古参幹部。
白山・五味とは兄弟分で、花菱会若頭の西野とも兄弟分である。だがそれらは富田にとっては何の助けにもならなかった。
加藤・石原体制で、それまでの功労にそぐわない地位に甘んじており、金儲けのうまい人間だけが重用される現体制に不満を抱いている。
先代会長殺しの真相を推理し、加藤・舟木共謀説を語るが、積極的な背信は視野に入れていなかった。しかし、片岡にそそのかされて花菱会の布施会長に会いに行く。
片岡の策略と布施との会見時の好印象で、自身の三代目就任を本格的に狙い始めたものの、勢いと覚悟、人望のなさを見抜いた布施の密告と、兄弟分白山・五味の裏切りにより即座に発覚し、ボディーガードも舟木に殺され、土下座をしてまで命乞いをするも舟木に射殺される。
白山 広(しろやま ひろし)
山王会古参幹部。
富田・五味とは兄弟分。彼同様に粗略な扱いを受けており、石原が黒幕となった刑事殺しでは、自分の部下を警察に出頭させることになり、不満が高まっていた。
富田との会合の席上、加藤による先代殺しをほのめかされた際にも飲み込みが悪く、富田には鈍さを指摘される。しかし、富田に加藤殺害を促す一方で、片岡には加藤を裏切ることを「筋が通らない」と撥ね除けるなど、拱手傍観の立ち位置を守るための最低限の知略は持ち合わせる。富田の大阪行きも「三人では目立つ」など富田単独で向かうように後押しし、内通が発覚すれば五味共々あっさりと裏切った。
石原に人事的な処分を下されそうになると、今度は自身が花菱会を訪れ西野に力添えを依頼し、実質的に傘下へ下り、花菱会による切り崩し工作の後は反加藤派の急先鋒となる。
西野の根回しの元、五味と共に幹部を扇動して加藤を失脚させ、形式上の三代目会長の座に収まる。山王会のシマに進出した木村組の背後に花菱会の計略を察知し、木村組に対しては静観の姿勢をとる。
五味 英二郎(ごみ えいじろう)
山王会古参幹部。
富田・白山とは兄弟分。白山以上の日和見主義者で、加藤・石原体制を苦々しく思ってはいるものの、自らに責任と危険が及ぶことにはならないよう立ち回る。
富田への仕打ちも裏切りではなく、訊かれたので自分の知っていることを答えただけという認識で割り切っている。その後も全て白山に先陣を切らせてから発言する。
加藤体制が崩壊し白山新会長の元で若頭となると、それまでとは打って変わった態度で引退した加藤を痛罵する。
岡本
山王会古参幹部。
遥か年下の石原から手駒のように扱き使われ、それに対して平身低頭する様を見ていた白山・五味からは陰口を叩かれている。ホテルで大友を襲撃した刺客は岡本組の組員で、殺害に失敗した際は部下の不手際を石原から激しく罵倒されていた。大友率いるヒットマンに組員共々殺害される。

花菱会[編集]

関西最大規模を誇る巨大暴力団。

布施
花菱会会長。
明朗快活な雰囲気を伴いつつ陰で策謀を巡らす典型的なマキャベリスト。
加藤の退陣を望む富田の相談に快く応じるが、彼の旗色が悪いことを見通して難色を示し、撹乱の材料として何の感傷もなく見捨てる。
加藤・石原体制の不和を感じ取った矢先に山王会を狙う理由を持つ大友・木村が杯を受けに来ると、彼らに利用価値があると判断し、面の割れていないヒットマン集団を派遣して裏から山王会への攻撃を開始し、表からも加藤に精神的な揺さぶりをかける。
最終的には木村を利用して関東進出への口実を手に入れ、勢力の大幅な拡大を果たした。
西野 一雄(にしの かずお)
花菱会若頭。
会長同様の知謀家。山王会の内情に精通しており、戦略の実行及び事務を統括する。
飄然と構えながらも会長に畏敬の念を持たない人間には容赦せず、また、相手が少しでも軽薄な態度を取れば穏やかな交渉の場であっても瞬時に冷ましきる話術を持つ。
山王会先代会長殺しの真相を察知して調査し、大友・木村の働きによって事実が裏付けられると、現在の加藤体制に不満を持っている古参幹部に手を回して反旗を翻させ、加藤を追い詰める。
加藤派の幹部亡き後の最大派閥となる白山・五味を予め上位の立場から抱き込んでおり、実際に加藤が失脚すると、木村に強制的に大友を破門させて抗争の首謀者に仕立て上げ、自身は手打ちの後見人として山王会の人事を掌握し、花菱会の影響下にまで衰退させることに成功する。
中田 勝久(なかた かつひさ)
花菱会幹部。若頭補佐。
過激な恫喝術を駆使する生粋の武闘派。木村と面識を持ち、彼を利用することを提案するが、連れ立って杯を受けに来た大友に対し西野と共に怒号を浴びせかける。
大友が交渉を流そうとしたため、あくまで乗り気でない体裁を取り繕ったまま利用対象である彼らを引き止めるべく、一触即発の駆け引きを展開し、結果的に木村を自傷と謝罪に追い込んで優勢を得る。建前上は筋を通すことにこだわるように見せる一方で冷酷さとしたたかさを持ち、表向きは善意で誘ったはずの木村に最後まで慈悲をかけなかった。
花菱会組員。
組織犯罪の最暗部である殺しを淡々と的確にこなすプロフェッショナル
西野・中田の部下の中から顔の判明していないヒットマン集団を率い、山王会組員を次々と葬り去っていく。

木村一派[編集]

木村
元村瀬組若頭。
出所してバッティングセンターを経営しており、共に村瀬組組員を親に持つ嶋・小野を子分として引き取っている。
片岡により5年前の抗争の事情を説明され大友への恨みは晴れており、兄弟の杯を交わして強い忠義心を示すほどの協力関係となり、自分たちを振り回した山王会とのけじめをつけるべく、中田の誘いに答える形で花菱会の杯を受ける。大友を「兄貴」と呼んでいる。
花菱会から非公式の援助を受けながら大友と共に抗争の最前線に立ち、後に木村組組長の座も与えられるが、大友とは対称的に激情を利用され続ける。花菱会に喚ばれ西野・中田らに木村組と山王会全体の手打ちという形で大友を破門することを求められ、関東進出への足がかりとして計略に組み込まれる。
大友を破門にせざるを得なかったが、木村組設立後に大友から便りが来た際に表情を緩ませるなど、信頼関係は続いていたようである。
加藤が殺された際には元の抗争相手として警察の捜索を受け、組員らが連行され銃器も片岡の求めに従い提出してしまう。木村は最後まで片岡を協力者として信頼していたが、実際には片岡は逃げ果せた加藤の元側近と会い、加藤の遺品の腕時計を手渡して木村殺害を促した。直後、大友の兄弟分を騙って乗り込んできた加藤の元側近らによって射殺される。木村の葬儀は山王会や花菱会が揃う中で行われ、大友も片岡に呼ばれる形で木村の葬儀に向かった。
前作では大友に顔を切られたり、大友襲撃に失敗し敗走するなど惨めな場面が目立ったが、今作では子分の死に激情を湧かせたり、大友と中田の間の一触即発の状況下で小指を食いちぎって収めるなど、「漢」を見せる場面が多く、印象が大きく異なっている。
嶋・小野
木村の子分の二人組で、共に元村瀬組組員の息子。
木村の経営するバッティングセンターで働いていたが、のちに木村から大友の警護を任される。大友からは何度も帰るように言われたが、木村の言いつけに従い周辺で待機していた。しかし、任務を甘く考えており山王会の刺客によって大友は腹を撃たれてしまう。自責の念から鉄砲玉として山王会に殴り込みに向かったが舟木に拘束され、凄惨なリンチを受けて殺害され、遺体は鉄くず置場に放置された。
木村は彼らに厳しく接しつつもかわいがっており、彼らの死は木村の復讐心を後押しすることになった。木村組設立後の事務所には、彼ら二人が笑顔で写った写真が飾られ、恐らく彼らが好きだったタバコが供えられていた。

警察[編集]

片岡
組織犯罪対策部(マル暴)配属の刑事。
肥大した山王会を潰すため多くの策を仕掛け、様々な人物を口車に乗せて裏切りや抗争を焚きつける。
本庁に異動した影響からか、以前のように秘密裏に暴力団との関係を持つのではなく、結果的に壊滅させるためと称して半ば公然と陰謀を巡らし、自身の扇動が遠因となって必要以上の人命が犠牲になっても手柄だとしか感じていない私利私欲の権化ともいうべき存在に成り果てている。
自らの画策した富田の謀反が失敗に終わると、木村の復讐心を煽って大友と結託させ、さらに石原を追い詰めることで、決して乗り気ではなかった大友も巻き込み間接的に花菱会へと送り込む。
山王会の弱体化に成功したものの、代わりに花菱会が山王会を併呑する形で勢力を伸ばし始めたことを上司に指摘されると、功を焦った片岡は木村を加藤殺害の犯人に仕立て上げて旧加藤派組員に殺害させ、さらにその犯行を大友のものとし、逆に大友に対しては花菱の仕業であるかのように吹き込む。花菱の幹部を大友に殺害させて会の勢力を削る算段だったが、自身の思惑に気づいた大友によって自分が皮肉にも「護身用」として渡した銃で射殺された。
繁田
片岡の後輩に当たる刑事。
片岡と違い実直で、ヤクザと共謀し利用するやり方に反感を抱いている。
その実直さのため「ヤクザなんてゴミ以下」と発言し、出所した大友に対しても厳しい態度を崩さないなどヤクザに嫌悪感を抱いている。身代わり出頭の偽造調書を疑問を抱きながらも作成するなど、ある程度は片岡に従いつつも、その後の片岡の暴走を一歩引いた位置から見つめていた。木村の葬儀の場で、木村組を武装解除したうえで彼を旧加藤派に暗殺させたのが片岡の策略であったことを見抜き、そしてなおも大友を利用しようとする片岡を見限り、片岡の「それじゃ出世できない」という言葉に「一生ヒラでいい」と吐き捨て、その場を去った。
山本
出世した片岡の後任の刑事。
山王会担当になったのをいいことに、金銭ばかりを要求する[9]といった目に余る行動ばかりとるようになったため、加藤と石原の部下によって、政治家の愛人とともに車ごと海に沈められ溺死する。これが今回の抗争のきっかけとなる。

韓国マフィア関係者[編集]

張 大成(チャン・テソン)
日本と韓国を股にかける大物フィクサー。戦後の上野闇市を10代の若さで取り仕切っていた。上野出身の縁で、大友とは親しい関係にあることから、刑務所から出所した大友をかくまい、世話をする。
張の側近。刑務所から出所した大友を自動車で迎えに行く。山王会会長の座を追われた加藤を、大友と協力し、殺害する[10]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞とノミネート[編集]

日本国内[編集]

海外[編集]

ベネチア国際映画祭金獅子賞(ノミネート)

その他[編集]

  • オールスター感謝祭'12秋 '13春ではビートたけしの乱入ピリオドで「アウトレイジ ビヨンド」に関する問題を自ら出題した。
  • 2012年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』大晦日SP『絶対に笑ってはいけない熱血教師24時』の罰ゲーム用DVDとして、本作のブルーレイ・DVD発売告知映像が流れた。映像ではガキの使いのレギュラーメンバーもキャストに加わり、終盤で西田が「オイコラ田中! わりゃタイキックじゃボケ!」とセリフを発し、ココリコ田中直樹がタイキックを受けることになった。
  • 本作のシーンを抽出した映像に松村邦洋が小日向、西田、中尾、たけしの声真似をアテレコしたBlu-ray/DVD版のCMが発売前にオンエアされた[15]

Blu-ray / DVD[編集]

2013年4月12日発売。発売・販売元はバンダイビジュアル。

  • アウトレイジ ビヨンド 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報
      • 劇場予告編
      • TVスポット
  • アウトレイジ ビヨンド スペシャルエディション(2枚組、初回限定生産)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング「OUTRAGE“FURTHER”BEYOND」
      • 全員悪人インタビュー 〜山王会篇、花菱会篇、マル暴篇、木村一派篇〜
      • ベネチア国際映画祭リポート
      • イベント&舞台挨拶集
      • 悪人からまなぶ劇場マナー養成講座
    • 封入特典
      • 解説書「北野組読本」(24P)
    • 特製アウターケース付きデジパック仕様

脚注[編集]

  1. ^ 2012年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ ビートたけし:24年ぶり「いいとも」テレフォンショッキング出演毎日新聞 2012年9月28日
  3. ^ 北野映画史上初!『アウトレイジ』続編、堂々の第1位スタート!シネマトゥデイ 2012年10月9日
  4. ^ 中身は舟木の証言。
  5. ^ しかしその横暴な態度がそれまで不満を抱えながらも明確に反旗を翻すまでに至らなかった白山と五味を花菱側に追いやる事になってしまった。
  6. ^ 作中の描写より、ほとんどのボールが左目に当たっているとみられる。
  7. ^ 加藤からは、「(先代殺しについて)黙っていれば悪いようにはしねえ。シマもやるし幹部にもしてやる」とも言われていた。
  8. ^ 山王会には彼の血痕が付着した袋が届けられ、加藤の引退会見の際には死亡したように扱われている
  9. ^ その金は、政治家の愛人(ホステス)に費やすための金だった(石原によると「悪い女に引っかかって、車代くれだのマンションのローン代くれだのヤクザにたかってた」)。
  10. ^ なお、この時はパチンコ店員に扮していた。
  11. ^ 韓国名・金時鐘(詩人の金時鐘とは別人)。北野武と旧知の実業家(「統一日報」会長)であり、本職の俳優ではない。CINEMA VIEW アウトレイジ ビヨンド(日本)全員悪役。飛び交う怒号 統一日報 2012年10月31日
  12. ^ “第22回東京スポーツ映画大賞”. 東京スポーツ. (2013年1月26日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/86807/ 2013年1月29日閲覧。 
  13. ^ “悪人全員受賞!「アウトレイジ ビヨンド」が東京スポ映画大賞で3冠に”. 映画.com. (2013年1月28日). http://eiga.com/news/20130128/10/ 2013年1月29日閲覧。 
  14. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年2月6日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ “松村邦洋「アウトレイジ-」ものまね連発!”. サンケイスポーツ. (2013年4月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130401/owa13040120150005-n1.html 2013年4月22日閲覧。 

外部リンク[編集]