アウトレイジ ビヨンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウトレイジ ビヨンド
Beyond Outrage
監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
吉田多喜男
製作総指揮 北野武
出演者 ビートたけし
西田敏行
三浦友和
加瀬亮
中野英雄
松重豊
小日向文世
高橋克典
桐谷健太
新井浩文
塩見三省
中尾彬
神山繁
音楽 鈴木慶一
撮影 柳島克己
編集 北野武
太田義則
製作会社 「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会
オフィス北野
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
公開 イタリアの旗 2012年9月3日VIFF
日本の旗 2012年10月6日
アメリカ合衆国の旗 2014年1月3日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 14.5億円[1]
前作 アウトレイジ
次作 アウトレイジ 最終章
テンプレートを表示

アウトレイジ ビヨンド』は、北野武監督による日本映画2012年10月6日に日本公開された。第69回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品。R15+指定

キャッチコピーは「全員悪人 完結。」「一番悪い奴は誰だ?」。

概要[編集]

ヤクザ抗争を描いた2010年公開の『アウトレイジ』の続編映画。北野武監督作品では初の続編映画である。

監督および主演は北野武(ビートたけし)に、三浦友和、加瀬亮、小日向文世ら前作キャストに加え、西田敏行、松重豊、高橋克典、桐谷健太を起用している。

監督の北野は『笑っていいとも!』への出演[2]のほか、自身のレギュラー番組を含め各番組で積極的な宣伝活動を行った。

丸の内TOEI2渋谷TOEI2新宿バルト9新宿ピカデリー他、全国225スクリーンで公開され、2012年10月6、7、8日の初日3日間で3億9,528万7,800円、動員29万4,485人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[3]。これは北野映画史上初となる。

あらすじ[編集]

前作から5年。関東最大の暴力団・山王会は二代目会長となった加藤(三浦友和)と、若頭にまで成り上がった元・大友組の石原(加瀬亮)による新体制の下、今や国政に影響力を及ぼすほどの勢力を政官界に拡大していた。マル暴・山本刑事(貴山侑哉)が山王会によって心中に見せかけて殺害され、山王会のさらなる勢力拡大を危惧した警察当局は、山本の前任者であり、暴力団と太いパイプを持つ悪徳マル暴・片岡刑事(小日向文世)を暴力団対策の最前線に復帰させた。片岡は、加藤・石原による新体制に不満を覚える山王会の古参幹部と、関西を拠点とする巨大暴力団・花菱会を利用する計画を立てる。山王会古参幹部の富田(中尾彬)と、花菱会若頭・西野(西田敏行)が兄弟分であることから計画は成功するかに見えたが、実は山王会と花菱会は既に協力関係にあったため、花菱会からの密告によって、富田は山王会本部内で加藤と石原の命令を受けた船木(田中哲司)に射殺される。黒幕である片岡も後がなくなり、彼らに恨みを持つ大友を利用することを思い立つ。

前作で、刑務所内で木村(中野英雄)に刺されて死んだとされていた大友は実は生きており、片岡は大友を利用すべく、刑務所を仮出所させる。だが、大友はもはやヤクザの世界の抗争に身を置くつもりはなく、旧知の在日韓国人で日韓フィクサー・張(チャン)会長(金田時男)の下で平穏な生活を送り始める。

片岡は、刑務所から出所後にバッティングセンターを経営し、カタギとなっていた木村を利用することにした。木村を大友と和解させた上で「本当の敵は山王会」だと伝え、復讐心を焚き付ける。木村は子分である嶋(桐谷健太)と小野(新井浩文)に対して大友を守るように命令する。片岡の計画への協力を渋る大友に対し、片岡は復讐を恐れる石原から大友が命を狙われる状況を作り出し、大友はビルのエレベーター内で襲撃されて重傷を負う。嶋と小野は大友を守りきれなかったことに責任を感じ、山王会に殴り込みをかけるものの、船木たちに捕らえられた挙句リンチされ、惨殺されてしまう。ここに至って、大友は片岡の計画に乗ることを決める。

花菱会の幹部会にやってきた大友と木村に対し、若頭の西野、若頭補佐の中田(塩見三省)らは優位に立とうとして、怒鳴り声を浴びせてわざと喧嘩を売る。対する大友も一歩も引かず、場は怒号が飛び交う一触即発の状態となるが、木村がケジメをつけるために自分の指を噛みちぎって場を収める。大友と木村の覚悟を確認した花菱会は、2人なら山王会を倒せると考え、非公式の助力を決める。

大友は先代会長・関内(北村総一朗)の死の真相を知るために、関内殺しの事実を口止めする対価として加藤によって引き上げられ、組織内で出世を果たした山王会幹部・舟木(田中哲司)を拉致。彼を脅迫して加藤の「親殺し」(=会長の関内殺害)を自白させ、ICレコーダーに録音する。花菱会会長の布施(神山繁)は、加藤にこの証拠を突きつけ、石原が情報提供したことをほのめかしたため、加藤は疑心暗鬼に陥る。

パニックに陥った石原は、木村が未だに大友を恨んでいると考え、木村を抱き込んで大友を殺害しようとするが、逆に木村に部下達を殺害され捕まってしまう。ようやく石原と対面を果たした大友はピッチングマシンを使って石原を殺害し、復讐を果たす。

さらに舟木の証言音声が、山王会の幹部達にも送られたため、「親殺し」が知れ渡った加藤はもはや力を失い、最後は花菱会の立ち会いで山王会と木村組の手打ちが決まった。加藤は引退に追い込まれ、白山(名高達男)が山王会三代目会長に就任し、事実上山王会は花菱会の影響下に入った。

木村は自分の組に大友を誘うが、大友はヤクザの世界に戻るつもりはなかったため、すべての手柄を木村に譲った。花菱会も木村に対して、大友との関係を断つように命令したため、大友は張会長の下に戻り、韓国へと消える。数日後、大友は密かに日本に帰国すると、張会長の腹心である李(白竜)と協力してパチンコ店で待ち伏せし、一人寂しくパチンコを打つ日々を送る加藤をナイフで刺殺する。

一方、警察では山王会の代わりに花菱会が台頭しただけだとして、片岡の責任が追及され始めていた。片岡は花菱会と木村の不安定な関係を利用し、再度、大友を巻き込んで、花菱会の力を削ごうとする。片岡は、加藤の元部下(四方堂亘)をリーダーにした数名をけしかけて木村を殺害させる。さらに、片岡は「大友が木村を殺害した」という噂を流しつつ、大友には「花菱会が木村を殺した」と吹き込む。片岡は、木村の葬儀に現れた大友に、参列者の花菱会幹部らを襲撃するための拳銃を渡したが、全てを見抜いていた大友は片岡に向けて引金を引いたのであった。

主要人物[編集]

大友 - ビートたけし
元大友組組長。主人公。片岡いわく、上野育ち。
武闘派として知られた昔気質のヤクザ。前作で刑務所に逃げ込むも、先に服役していた木村に刺殺されたという話になっていた。しかし、これは片岡が流したデマであり、実は刑務所の中で生きていた。警察による山王会の影響力を削ぐための策謀に引き込みたい片岡によって、大友は10年の刑期に対して5年という早期の仮出所を受けた。大友はもはやヤクザ抗争に嫌気をさしており、安楽な余生を望むが、石原のヒットマンに命を狙われて重傷を負った上に、自分を助けてくれた木村の子分である嶋・小野が無残に殺されたことから、加藤・石原に復讐を行なうことを決意し、木村と行動を共にする。
花菱会の助力を得て木村と共に自身を裏切った石原を無残に殺害するなど、山王会に報復を行なう。加藤の引退で一区切りついた後は木村が立ち上げた木村組への加入の誘いを断り、抗争の手柄をすべて彼に譲って引退する。その後には、張会長の助力で腹心の李と協力し、パチンコ店で引退後の加藤を自らの手で刺殺する。ところが間もなく木村が殺され、彼の葬儀の場で、片岡に暗に花菱会へ報復を行なうよう唆される。しかし、一連の騒動の元凶が片岡だったことに既に気づいており、片岡から渡された自動拳銃で、逆に片岡を射殺するシーンで物語は終わる。

木村とその関係者[編集]

木村 - 中野英雄
元村瀬組若頭。後に木村組組長。
前作で大友と抗争を行い刑務所送りとなった男。「獄中で大友を刺殺した」という噂が流れていたが、大友は一命を取り留めた上に木村を庇って犯人を明かさなかったために、既に出所している。義侠心に厚く、当時の大友の立場も理解して和解した後は、兄貴として慕うようになる。前作では惨めな場面が多かったのに対し、今作では子分の死に激情を湧かせたり、大友と中田の間の一触即発の状況下で小指を食いちぎって収めるなど、「漢」を見せる場面が多い。
大友よりひと足早く出所し、カタギとしてバッティングセンターを経営し、かつての子分(村瀬組組員)の遺児である嶋・小野を子分兼店員として面倒を見ていた。大友を抗争に引き込みたい片岡の策謀で、本当に復讐すべきだった相手は加藤だと教えられ、大友とも正式に和解して兄弟盃を交わす。一方で嶋・小野が独断専行で石原の事務所に乗り込んで返り討ちに遭い、山王会の船木たちに拷問を受けて殺されるなどの悲劇にも見舞われる。花菱会とは中田との旧交で交渉に挑むものの、花菱会側の思惑で破綻しかけたところを、自らの指を食いちぎってケジメをつけたことで場を収め、協力の約束を得る。最終的に加藤を引退に追い込んで復讐を完遂すると、正式に木村組として出発することを決める。しかし、花菱会や片岡の思惑に翻弄されることとなり、最期は片岡が仕向けた加藤の元部下達に暗殺される。
嶋 - 桐谷健太、小野 - 新井浩文
木村の子分かつ被後見人。
村瀬組組員の遺児である2人組の青年。カタギとなった木村の下で働くが、チンピラのような言動が目立ち、浅はかで大声を張り上げたり暴力的な面がある。
木村の経営するバッティングセンターで働いていたが、のちに木村から大友の警護を任される。大友からは何度も帰るように言われたが、木村の言いつけに従い周辺で待機していた。しかし、大友に突き放された事や、任務を甘く考えていたのが災いし、山王会の刺客によって大友は腹を撃たれてしまう。だが結果として大友の命を救った事にもなったため、大友は彼らを責めなかった。大友を守りきれなかった自責の念から、二人は山王会に殴り込みに向かったが、舟木に拘束されて凄惨なリンチを受けて殺害、遺体は頭に袋を被せられて鉄くず置場に放置された。
木村は彼らに厳しく接しつつも息子同然に可愛がっており、大友にとっても命の恩人であった彼らの死は木村の復讐心を後押しすることになった。木村組設立後の事務所には、大友との兄弟の盃と共に彼ら二人が笑顔で写った写真が飾られ、恐らく彼らが好きだったタバコが供えられていた。

山王会[編集]

関東最大規模を誇る巨大暴力団。

加藤 稔(かとう みのる)- 三浦友和
山王会二代目会長。
前作で先代会長の関内を謀殺し、山王会の跡目を継ぐ。ビジネスに天賦の才を持つ元大友組の石原を右腕として重用し、現代的なビジネスに主眼をおいた実力主義の体制に作り変え、政界にも影響を及ぼすなど、警察に危険視されるほどの興隆を迎える。一方で、現代的なビジネスに不得手で新体制に慣れない古参幹部を冷遇して怒鳴り散らし、さらに吝嗇家で身内の会合にも金を使わないことから、一部の自身が見込んだ者以外からの人望は非常に薄い。
前半は密かに築いていた花菱会との協力関係から片岡の計画を見破り、裏切った古参幹部の富田を見せしめとして石原に射殺させ、粛清する。ところが大友が動き出し、船木が加藤の前会長の関内殺しを告白したことでケチが付きはじめる。その後、花菱会の布施の揺さぶりもあって、石原のことも疑いだし、追い詰められていく。元来の人望の無さで大半の幹部に見捨てられた上、残った部下も次々と殺されてしまい、最後は引退に追い込まれる。
その後、落ちぶれて朝からパチンコ店に通っていたところ、パチンコ店で張会長の腹心である李と待ち伏せていた大友にナイフで刺殺される。
石原 秀人(いしはら ひでと)- 加瀬亮
山王会若頭。元大友組の金庫番。
前作で大友組を裏切り、最終的に山王会の金庫番にまで出世した若きインテリヤクザ。その後、加藤体制で頭角を現して、彼の側近として若頭にまで出世した。ビジネス能力は非常に高いものの器量は狭く、直接の部下や山王会の古参の幹部を見下して怒鳴り散らすため、加藤と同様に人望は薄い。普段は強気であるが、大友の生存を知ると取り乱す。
大友が復讐のために自分の命を狙っていると考え(実際にはこの時点では大友は復讐を考えていなかった)、ヒットマンを送り、大友の殺害を狙う。それが失敗したことで精神が不安定になっていく。あくまで木村は大友を恨んでいると勘違いし、木村と協力関係を築いて大友を殺そうと企むが、逆に木村に生け捕りにされる。その後、対面した大友に失禁しながら金目の物などで命乞いを行なうが、最期はピッチングマシンの前に椅子に縛り付けられた状態で放置され、剛速球を顔面に当て続けられて死亡する。このときの大友の石原に対する決めセリフは「野球やろっか」。
舟木 昌志(ふなき まさし)- 田中哲司
山王会幹部。元関内のボディーガード。
石原に次ぐ山王会の事実上No3。寡黙な武闘派で実働を担うことが多く、加藤の側近として富田の粛清などを行なう。元々は関内のボディーガードで、加藤の関内殺しを目撃したため、その口止めとして大出世を遂げる。加藤と石原に忠誠を誓う数少ない存在。
物語前半では、上記、富田の粛清のほか、討ち入りに来た嶋・小野を返り討ちにして無残に殺害するなど、武闘派として活躍する。しかし、その出世の怪しさから加藤の弱みを知っていると狙いをつけられ、大友らに拉致される。当初は平然としていたが、部下が黒いビニール袋を被せられドリルで頭を穿たれる様を見せつけられると、一転して命乞いをはじめ、加藤の関内殺しを白状する。その後はどうなったのか不明だが、山王会でも既に死亡しているものとみなしている。
富田 - 中尾彬
山王会幹部。
加藤体制に不満を持つ古参幹部の一人。花菱会若頭の西野と兄弟分であることから片岡に目をつけられ、加藤への叛心を焚き付けられる。花菱会の助力を得た上で、同じく山王会の古参幹部で加藤に不満を持つ兄弟分の白山・五味と共に加藤の追い落としを狙うも、富田の能力に疑問を持った花菱会に裏切られた上、白山・五味からも見放される。最期は、立場を悪くしたことから加藤に土下座して命乞いをするも、舟木に射殺される。
白山 広(しろやま ひろし)- 名高達男
山王会幹部。後に三代目山王会会長。
加藤体制に不満を持つ古参幹部の一人。富田・五味とは兄弟分。石原が絵図を書いた物語冒頭の刑事殺しで、自分の部下を警察に出頭させるように命令されるなど、現行体制に強い不満を持つ。富田の裏切り計画に乗るそぶりを見せつつも、片岡の甘言は跳ね除け、一歩引いた立ち位置を堅持し、計画が加藤に露見すると、あっさりと富田を見捨てる。
物語中盤で、石原の八つ当たりに近い人事処分を下されるにあたって、ついに加藤を見限り、花菱会の西野の助力を得る。その後、幹部らを糾合して加藤を引退に追い込むと三代目会長の座につく。終盤、木村組が山王会のシマに進出してきたと報告を受けるも、これを花菱会の罠と感じ取り、静観の構えを取る。
五味 英二郎(ごみ えいじろう) - 光石研
山王会幹部。
加藤体制に不満を持つ古参幹部の一人。富田・白山とは兄弟分。小心者で自らに責任と危険が及ぶことにはならないよう立ち回り、白山が口火を切ってから発言するなど姑息。強い不満を覚えつつも加藤が健在時には低頭に接し、加藤が引退に追い込まれると痛罵する。
白山が会長の座につくと、若頭となる。
岡本 - 菅田俊
山王会幹部。
富田らと違い石原に平身低頭に従う古参幹部の一人。遥か年下の石原から手駒のように扱き使われも唯々諾々と従うため、富田らから陰口を叩かれている。石原の命令で大友の命を狙うが、これに失敗し、激しく罵倒される。最期は城が率いるヒットマンに組員共々殺害される。

花菱会[編集]

関西最大規模を誇る巨大暴力団。

布施 - 神山繁[4]
花菱会会長。
明朗快活な雰囲気を伴いつつ策謀を巡らす知略家。物語序盤、加藤の退陣を望む富田の相談に快く応じるが、本心では彼の旗色が悪いと見抜いており、撹乱の材料として何の感傷もなく見捨てる(加藤に密告し、彼の信用を得る)。次に大友・木村の訪問を受けると、西野や中田とのやり取りを通して、2人には利用価値があると判断し、助力を決める(ただし、本来の目的であった盃は与えなかった)。加えて船木の証言を使って加藤に揺さぶりをかけ、加藤と石原の不仲を決定的なものとする。
最終的には白山に多大な恩を売ることで、実質的に山王会に大きな影響力を持つにいたり、花菱会の影響力拡大に成功する。
西野 一雄(にしの かずお)- 西田敏行
花菱会若頭。
富田と兄弟盃を交わしており、山王会の内情に詳しい。飄然と構えながらも会長に畏敬の念を持たない人間には容赦しない。花菱会による山王会への介入以降は実働部分を担い、白山を新会長に据え、影響力を確保する。
中田 勝久(なかた かつひさ)- 塩見三省
花菱会若頭補佐。
木村と面識を持つ武闘派。当初、木村の誘いを受けるとこれを快く受けるも土壇場でこれを恫喝し、交渉を有利に進めようとする。建前上は筋を通すことにこだわるように見せる一方で冷酷さとしたたかさを持ち、表向きは善意で誘ったはずの木村に最後まで慈悲をかけなかった。
城 - 高橋克典
花菱会組員。
組織犯罪の最暗部である殺しを淡々と的確にこなすプロフェッショナル。
西野・中田の部下の中から顔の判明していないヒットマン集団を率い、山王会組員を次々と葬り去っていく。

警察[編集]

片岡 - 小日向文世
組織犯罪対策部(マル暴)の刑事。大友の長年の友人。本作の元凶。
ヤクザを食い物にする悪徳刑事。前作で出世して前線からは離れていたが、政界にも影響力を及ぼし始めた山王会を危惧した警察上層部の判断で引き戻される。山王会と花菱会の抗争による共倒れを狙った策謀を行い、富田の件が失敗して身の危険に及ぶと、大友を仮出所させ、彼や木村を巻き込んで再起を図る。思惑通り山王会がほぼ壊滅状態となるも、今度は花菱会が強大化してしまったため、木村を謀殺して、さらに大友を利用しようとする。そして木村の葬儀の場で、花菱会の幹部らがいることを大友にを告げて拳銃を渡すも、大友に撃たれてしまう。
繁田 - 松重豊
組織犯罪対策部(マル暴)。片岡の部下。
実直な刑事で、ヤクザに対して強い反感を持っている。片岡の部下として行動を共にするが、彼の悪辣な計画に不満を隠さない。最終的に木村の死の真相に気づいて片岡を非難して袂を分かつ。
山本 - 貴山侑哉
組織犯罪対策部(マル暴)の刑事。片岡の元部下で後任。
前作の最後に出世する片岡の後任として山王会担当となった刑事。片岡同様にヤクザに便宜を図って見返りをもらう悪徳刑事だったが、山王会に対する要求がエスカレートしたため、石原の命令で殺害される。物語は車ごと沈められた彼の死体が引き上げられるところから始まる。

張グループ[編集]

張 大成(チャン・テソン)- 金田時男
日本と大韓民国を股にかける大物フィクサー。
戦後の上野の闇市を、10代の若さで取り仕切って成り上がった過去を持ち、上野出身の縁で古くから大友と親しい。刑務所から出所した大友を匿い、身辺の世話をする。日本語と韓国語に堪能。なお演じている金田は俳優ではなく、実業家で 北野監督とは友人同士である。
李 - 白竜
張の腹心。刑務所から出所した大友を迎えに行く。山王会会長の座を追われた加藤を、大友と協力し殺害する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞とノミネート[編集]

日本国内[編集]

海外[編集]

その他[編集]

  • オールスター感謝祭'12秋 '13春ではビートたけしの乱入ピリオドで「アウトレイジ ビヨンド」に関する問題を自ら出題した。
  • 本作と連動して『悪人からまなぶ劇場マナー養成講座』の特別映像が制作され、109シネマズで公開された。「銃を持ち込まないでください」「人を縛り付けないでください」と本作と連動した劇場マナーも登場した[11]
  • 2012年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』大晦日SP『絶対に笑ってはいけない熱血教師24時』の罰ゲーム用DVDとして、本作のブルーレイ・DVD発売告知映像が流れた。映像ではガキの使いのレギュラーメンバーもキャストに加わり、終盤で西田が「オイコラ田中! わりゃタイキックじゃボケ!」とセリフを発し、ココリコ田中直樹がタイキックを受けることになった。
  • 本作のシーンを抽出した映像に松村邦洋が小日向、西田、中尾、たけしの声真似をアテレコしたBlu-ray/DVD版のCMが発売前にオンエアされた[12]

Blu-ray / DVD[編集]

2013年4月12日発売。発売・販売元はバンダイビジュアル。

  • アウトレイジ ビヨンド 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報
      • 劇場予告編
      • TVスポット
  • アウトレイジ ビヨンド スペシャルエディション(2枚組、初回限定生産)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング「OUTRAGE“FURTHER”BEYOND」
      • 全員悪人インタビュー 〜山王会篇、花菱会篇、マル暴篇、木村一派篇〜
      • ベネチア国際映画祭リポート
      • イベント&舞台挨拶集
      • 悪人からまなぶ劇場マナー養成講座
    • 封入特典
      • 解説書「北野組読本」(24P)
    • 特製アウターケース付きデジパック仕様

脚注[編集]

  1. ^ 2012年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ ビートたけし:24年ぶり「いいとも」テレフォンショッキング出演毎日新聞 2012年9月28日
  3. ^ 北野映画史上初!『アウトレイジ』続編、堂々の第1位スタート!シネマトゥデイ 2012年10月9日
  4. ^ 神山は2017年1月に亡くなり、本作品が最後の映画出演となった。
  5. ^ 韓国名・金時鐘(詩人の金時鐘とは別人)。北野武と旧知の実業家(「統一日報」会長)であり、本職の俳優ではない。CINEMA VIEW アウトレイジ ビヨンド(日本)全員悪役。飛び交う怒号 統一日報 2012年10月31日
  6. ^ 西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁の12名。
  7. ^ “第22回東京スポーツ映画大賞”. 東京スポーツ. (2013年1月26日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/86807/ 2013年1月29日閲覧。 
  8. ^ “悪人全員受賞!「アウトレイジ ビヨンド」が東京スポ映画大賞で3冠に”. 映画.com. (2013年1月28日). http://eiga.com/news/20130128/10/ 2013年1月29日閲覧。 
  9. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年2月6日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171129-OHT1T50063.html
  11. ^ “極悪人たちに学ぶ劇場マナー!『アウトレイジ ビヨンド』特別映像が公開”. MOVIE COLLECTION. (2012年10月3日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=4519 2017年10月23日閲覧。 
  12. ^ “松村邦洋「アウトレイジ-」ものまね連発!”. サンケイスポーツ. (2013年4月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130401/owa13040120150005-n1.html 2013年4月22日閲覧。 

外部リンク[編集]