ダーク・シャドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダーク・シャドウ
Dark Shadows
監督 ティム・バートン
脚本 セス・グレアム=スミス
原案 ジョン・オーガスト
セス・グレアム=スミス
原作 オリジナル脚本
ダン・カーティス
製作 ティム・バートン
グレアム・キング
クリスティ・デンブロウスキー
ジョニー・デップ
デヴィッド・ケネディ
リチャード・D・ザナック
製作総指揮 ナイジェル・ゴストゥロウ
クリス・レベンゾン
出演者 ジョニー・デップ
ミシェル・ファイファー
ヘレナ・ボナム=カーター
エヴァ・グリーン
ジャッキー・アール・ヘイリー
ジョニー・リー・ミラー
クロエ・グレース・モレッツ
ベラ・ヒースコート
ガリー・マクグラス
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ブリュノ・デルボネル
編集 クリス・レベンゾン
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
GKフィルムズ
インフィニタム・ニヒル
ザ・ザナック・カンパニー
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年5月11日
日本の旗 2012年5月19日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000
興行収入 世界の旗 $239,127,149[1]
日本の旗 21.6億円[2]
テンプレートを表示

ダーク・シャドウ』(原題: Dark Shadows)は、1966年から1971年に放送されたゴシック・ソープオペラDark Shadows』を原作としたスーパーナチュラル・ドラマ英語版映画である。監督はティム・バートンで、主演のヴァンパイアのバーナバス・コリンズはジョニー・デップが演じる。北米公開は2012年5月11日であり[3]、通常版とIMAX版が上映された[4]PG12指定。

あらすじ[編集]

1760年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子バーナバスと共に新たな生活を始めるために商機を求め、アメリカに向けてイギリスのリバプールを出航した。20年後、バーナバスはメイン州コリンズポートの町で当時のアメリカでは珍しかった、イギリス仕込みの水産業をして儲け、コリンウッド荘園の所有者となっていた。裕福でプレイボーイな彼は、使用人のアンジェリークを振ったことで恨まれてしまい、その憎しみで黒魔術を覚えた彼女に呪いで両親を殺され、恋人も自殺に見せかけて、やもめ岬の断崖から落され、自身はヴァンパイアにされ、生き埋めにされてしまう。それから2世紀後の1972年、コリンズ家の女主人エリザベスは一家が抱える問題に対処するため、住み込みの精神科医ジュリア・ホフマン博士を呼び入れる。ここには他に、エリザベスの弟ロジャー、エリザベスの娘キャロリン、そしてロジャーの息子デヴィッドがいた。家族の不可思議な謎は血縁関係にない者たち、世話人のウィリーや、暗い過去を持つ家庭教師ヴィクトリア(ヴィッキー)にも降りかかる。バーナバスは偶然、工事現場にいた人間たちに掘り起こされ、棺から脱出するが、かつての自分の土地は荒れ果て、子孫たちも落ちぶれていた。バーナバスは亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸にコリンズ家の復興を目指すが...。

登場人物[編集]

バーナバス・コリンズ
元は人間だったが、アンジェリークに呪いでヴァンパイアに変えられ[5]、20世紀の世に目覚めた18世紀[6]のヴァンパイア[7]。自身の代で企業で成功したにも関わらず、現代になり落ちぶれてしまった子孫を立て直すために、催眠術などを使って奮闘する。自らの呪いを解き、再び人間の身体を手に入れることを願っている。子孫からは先祖の中で一番立派だったと言われていた。20世紀ではヴァンパイアとしての自覚から尊大な態度をとることもあり(18世紀では良くも悪くも普通の言い方だった)、またヴァンパイアとして血を求めて人を殺すようにもなってしまい、日光を浴びると弱体化する羽目にもなってしまった。父の事は純粋に尊敬しており、父の一言である「家族こそが何よりの財産」という言葉が、コリンズ家復興を志した理由の一つである。
アンジェリーク・ブシャール
バーナバスとは幼いころからの付き合い。小さい頃にバーババスと別れたが、成人してから再会して男女の関係になる。しかし、彼からは真剣に愛されておらず、ジョゼットとの真剣な愛を見た憎しみから黒魔術を覚え、彼の両親を事故死に見せかけて殺害、バーナバスが一番に愛していたジョゼットも自殺に見せかけて殺害する。とどめに彼をヴァンパイアに変え、地中に生き埋めにしたが、それだけでも飽き足らず、2世紀にもわたってコリンズ家を苦しめる。周囲には素性を隠したり、変えたりなどをして誤魔化しており、現在では市民から「アンジー」と慕われている名士として過ごしている。自分の会社の従業員が死んでもなんとも思わない酷薄な性格。最後はデヴィッドの守護霊となっていたローラにより吹き飛ばされ、弱体化し自分の心臓をバーナバスに渡そうとしたが、砕け散ってしまい死亡した。
ヴィクトリア・ウィンターズ
コリンズ家にやってきた新任の家庭教師(ガヴァネス)。本名は「マギー・エヴァンス」で愛称はヴィッキー。見えないものが見えることから両親に捨てられるという痛ましい過去を持つ。捕らわれてしまったが、脱出をして、列車で見つけた広告を機に名前を変えて町にやってきた。ジョゼットに似ていることから、バーバナスから目をかけられている。相手を立てることができる優しい性格。最後はジョゼットと同様に身投げするが、バーナバスに噛まれたことでヴァンパイとして蘇る。
エリザベス・コリンズ・ストッダード
コリンズ家の女家長。当初はバーナバスを信じなかったが、彼がバーナバス・コリンズのことを真に迫って語り、自分でさえも知らなった隠し部屋の存在を見せたことから、正体を認め、コリンズ家の落ちぶれてしまった家を建て直すために、バーナバスと手を組む。射撃の腕前は高く、バーナバスが延長線上に前にいたのにもかかわらず、かすりもせずに奥にいたアンジェリークに当てる芸当を見せた(ただし、アンジェリークには効いていなかった)。
キャロリン・ストッダード
エリザベスの娘。15歳の反抗期。家族がデヴィッドにばかり目をかけているのが気に入らず、バーナバスに対しても奇人扱いする。実は赤ん坊の頃に、アンジェリークにより狼にかまれて、狼人間となっていた。
デヴィッド・コリンズ
エリザベスの10歳の甥(弟の息子)。5歳の頃に母親が溺死してしまったが、その死を受け入れられず「母が見える」と情緒不安定にあり、家族から精神的におかしいと思われているが、それでも目をかけてもらっており、キャロリンからも嫉妬されている。実は母親はアンジェリークの呪いにより殺害されていた。本当に母親が霊として見えており、全くの正気の持ち主であった。
ジュリア・ホフマン博士
エリザベスに雇われた住み込みの精神科医だが、自身もアルコール中毒という病気を持っており、二日酔いで眠っていることも少なくないとのこと。年老いていくことに恐怖心を抱いている。催眠術には天賦の才があり、バーナバスにも通用し、そして彼の正体を知ることが出来た。そして彼を救うという名目で実験に協力をしていたが実は、彼の血を使って永遠の若さを手に入れることを目論んでおり、それを見抜いたバーナバスの怒りにより噛みつかれて殺害される。死体は重しをつけて海の中に沈めたが、ラストで目を開き、ヴァンパイアとして目覚めたことが示唆される。
ロジャー・コリンズ
エリザベスの弟で、デヴィッドの父。粗野な性格のろくでなしで、デヴィッドに対しても愛情を抱いていない。
ウィリー・ルーミス
コリンズ家の使用人。酒に溺れて、ろくに仕事もしていなかったが、バーナバスの催眠術によって、彼の忠実な従者となり、職務にもやる気を出すようになる。
ミセス・ジョンソン
コリンズ家の老メイド。すっかり年を取ってしまい、今では大した仕事もできない。
ジョシュア・コリンズ
バーナバスの父。「家族が一番の財産」と考え、町を発展させた偉大な人物だったが、アンジェリークに自分を振ったバーナバスを苦しませる理由から妻とともに事故死に見せかけて殺害される。
サイラス・クラーニー
コリンズポートの漁師たちのボス。
ジョゼット・デュプレ
バーナバスが心から愛した唯一の女性。それゆえにアンジェリークによって呪いをかけられ殺害される。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
バーナバス・コリンズ ジョニー・デップ 平田広明
アンジェリーク・ブシャール エヴァ・グリーン 深見梨加
ヴィクトリア・ウィンターズ ベラ・ヒースコート 本名陽子
ジョゼット・デュプレ
エリザベス・コリンズ・ストッダード ミシェル・ファイファー 高島雅羅
キャロリン・ストッダード クロエ・グレース・モレッツ 白石涼子
デヴィッド・コリンズ ガリヴァー・マグラス 矢島晶子
ジュリア・ホフマン博士 ヘレナ・ボナム=カーター 高乃麗
ロジャー・コリンズ ジョニー・リー・ミラー 清水明彦
ウィリー・ルーミス ジャッキー・アール・ヘイリー 佐々木睦
ミセス・ジョンソン レイ・シャーリー 台詞なし
ジョシュア・コリンズ イヴァン・ケイ 楠見尚己
サイラス・クラーニー クリストファー・リー 家弓家正
アリス・クーパー 原語流用

2011年のコミコン・インターナショナルにて、オリジナルシリーズの俳優4名の出演が確認された。2011年6月、ジョナサン・フリッドララ・パーカーデヴィッド・セルビーキャスリン・リー・スコットがカメオ出演のためにパインウッド・スタジオズで3日間過ごした[8][9]

製作[編集]

『ダーク・シャドウ』はティム・バートンが監督し、セス・グレアム=スミスが脚本を執筆した。2007年7月、ワーナー・ブラザースはゴシック・ソープオペラ『Dark Shadows』の映画化権を、ダン・カーティスの財産から購入した[10]。プロジェクトの開発は2007年-2008年全米脚本家組合ストライキの影響により遅れた。ストライキの解決後、ティム・バートンが監督に着任した[11]。2009年、ジョン・オーガストが脚本を執筆した[12]。2010年、オーガストに代わって小説家でもあるセス・グレアム=スミスが再度脚本を執筆した[13]。撮影は2011年5月に始まった。イングランドのパインウッド・スタジオズ内とロケ撮影の両方が行われた[14]

撮影監督はブリュノ・デルボネル、プロダクション・デザイナーはリック・ハインリクス、衣裳デザイナーはコリーン・アトウッド、編集技師はクリス・レベンゾン、作曲はダニー・エルフマンが務める[14]

ソフト化[編集]

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりブルーレイ、DVDが発売。

  • 【初回限定生産】ダーク・シャドウ ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション(3枚組、2012年10月3日発売)
  • 【初回限定生産】ダーク・シャドウ ブルーレイ&DVDセット(2枚組、2012年10月3日発売)
  • ダーク・シャドウ ブルーレイ(1枚組、2013年3月20日発売)
  • ダーク・シャドウ DVD(1枚組、2013年3月20日発売)

出典[編集]

  1. ^ Dark Shadows (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ 2012年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ “Dates Set for Dark Shadows, Journey 2 and Rivals. ComingSoon.net. (2011年5月13日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=77504 
  4. ^ “News on BATMAN 3, SUPERMAN, DARK SHADOWS, and THE HOBBIT (December 2012!) – IMAX and Warner Bros. Sign Up to 20 Picture Deal!”. Steve 'Frosty' Weintraub. (2010年4月28日). http://collider.com/news-on-batman-3-superman-dark-shadows-and-the-hobbit-december-2013-imax-and-warner-bros-sign-up-to-20-picture-deal/23355/ 
  5. ^ バーナバスがこのことに気付いたのはジョゼットの死に絶望して飛び降り自殺をしたが、死ぬことができなかったことで異変に気付いたから。
  6. ^ 正確には1972年の10月。
  7. ^ アンジェリークいわく、196年棺の中にいた。
  8. ^ “Alice Cooper Confirms Dark Shadows Cameo”. Dark Shadows News Page. (2011年7月3日). http://darkshadowsnews.blogspot.com/2011/07/alice-cooper-confirms-dark-shadows.html 
  9. ^ “San Diego Comic-Con 2011: Dark Shadows Panel Highlights; Original Cast Cameos Confirmed for Tim Burton's Dark Shadows Film”. Dread Central. (2011年7月23日). http://www.dreadcentral.com/news/45908/san-diego-comic-con-2011-dark-shadows-panel-highlights-original-cast-cameos-confirmed-tim 
  10. ^ Fleming, Michael (2007-07-26). “Depp lights up 'Dark Shadows'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117969246. 
  11. ^ Kroll, Justin (2011-02-02). “'Dark Shadows' ready for the light”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118031422. 
  12. ^ Siegel, Tatiana (2009-01-21). “John August to pen 'Preacher' film”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117998904. 
  13. ^ McNary, Dave (2010-07-15). “WB moves on Depp's 'Shadow'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118021794. 
  14. ^ a b “Filming Begins on Tim Burton's Dark Shadows. ComingSoon.net. (2011年5月18日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=77724 

関連項目[編集]

Dark Shadows』を原作とした映画作品は他に以下2本が存在する。

外部リンク[編集]