タイタンの逆襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイタンの逆襲
Wrath of the Titans
監督 ジョナサン・リーベスマン
脚本 デヴィッド・レスリー・ジョンソン
ダン・マゾー
原案 デヴィッド・レスリー・ジョンソン
ダン・マゾー
グレッグ・バーランティ
原作 キャラクター創造
ビバリー・クロス
製作 ポリー・コーエン・ヨンセン
バジル・イワンク
製作総指揮 トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
カラム・マクドゥガル
ケヴィン・デラノイ
ルイ・レテリエ
出演者 サム・ワーシントン
リーアム・ニーソン
音楽 ハビエル・ナバレテ
撮影 ベン・デイヴィス
編集 マーティン・ウォルシュ
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年3月30日
日本の旗 2012年4月21日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $301,970,083[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $83,670,083[1]
日本の旗 7億1500万円[2]
前作 タイタンの戦い
テンプレートを表示

タイタンの逆襲』(タイタンのぎゃくしゅう、原題: Wrath of the Titans)は、2012年アメリカ合衆国ファンタジーアクション映画。監督はジョナサン・リーベスマン、出演はサム・ワーシントンリーアム・ニーソンレイフ・ファインズなど。2010年リメイク映画『タイタンの戦い』の続編である。

ストーリー[編集]

前作『タイタンの戦い』の後、亡き妻イオの忘れ形見へレイオスと穏やかな漁師の生活を営むペルセウスの元にゼウスが現れ、冥府の迷宮タルタロスが開き怪物たちが、現世へあふれ出し世界に危機が迫っていると告げる。崇拝を失い力の衰えつつあるゼウス人間としての強さをみこんで助力を請うがペルセウスは息子との暮らしを守るため追い返してしまう。ゼウスは、タルタロスの修復のため、冥界の王である兄ハデスの元を訪れるが、裏切りにあい冥府の虜囚となってしまう。完全に開いた冥府より現れた怪物キメラに、息子と住む町を襲われたペルセウスは、神の血を引く者として、そして一人の父として、再び世界の存亡をかけた戦いに挑む事を決意する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

ソフト化[編集]

日本ではワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントよりブルーレイ、DVDが発売された。

  • 【初回限定生産】タイタンの逆襲 ブルーレイ&DVDセット(2枚組、2012年8月16日発売)
  • 【初回限定生産】タイタンの逆襲 3D&2D ブルーレイセット(2枚組、2012年8月16日発売)
  • 【初回限定生産】タイタンの戦い&タイタンの逆襲 ブルーレイ・ツインパック(2枚組、2012年8月16日発売)
  • 【完全数量限定生産】タイタンの逆襲 ブルーレイ スチールブック仕様(1枚組、2012年8月16日発売)

テレビ放送[編集]

回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 形態 視聴率
1 日本テレビ 映画天国 2015年6月8日 25:59 - 27:58 119分 字幕版 1.6%
2 テレビ東京 午後のロードショー 2018年9月14日 13:35 - 15:40 125分 吹替版
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「3D効果は前作よりも改善されているが、その他のほぼすべての点において、『タイタンの逆襲』は、シリーズ1作目の陳腐な演技、ぎこちない台詞、混沌としたプロットを改善できていない」であり、174件の評論のうち高評価は26%にあたる46件で、平均点は10点満点中4.5点となっている[3]Metacriticによれば、32件の評論のうち、高評価は4件、賛否混在は18件、低評価は10件で、平均点は100点満点中37点となっている[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c Wrath of the Titans” (英語). Box Office Mojo. IMDb. 2021年8月7日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 215頁
  3. ^ Wrath of the Titans (2012)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年8月7日閲覧。
  4. ^ Wrath of the Titans Reviews” (英語). Metacritic. 2021年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]