中村英児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 英児(なかむら えいじ、1976年6月4日 - )は、日本俳優映画監督愛知県出身。アリエス所属。日本映画監督協会会員。身長174cm。体重60kg。血液型はA型。

経歴[編集]

高校卒業後に上京。舞台照明スタッフとして三谷幸喜作品「君となら」「巌流島」、つかこうへい作品「熱海殺人事件」などの商業演劇に携わる。その後、俳優に転向、多くの映像作品に出演する。「Mean's」(Vシネマ)で脚本執筆後、自らメガホンを取り、監督としてオリジナル作品を発表している。2017年株式会社プロダクションガレージ設立。代表取締役に就任。映像制作を中心に様々な事業を展開。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

オリジナルビデオ[編集]

監督作品[編集]

自主制作[編集]

  • ありがとう 2006年
  • ナイフ 2007年
  • あなたになりたくて 2008年
  • 表裏の仮面 2008年
  • VOICE 2008年
  • みち 2008年
  • 鍵の行方 2009年

プロデュース作品[編集]

  • 最期のチャンス 菱沼康介監督 2009年 劇場公開作品(プロデューサーとして参加)
  • ぼくはうみがみたくなりました 福田是久監督(ラインプロデューサーとして参加)
  • TOKYO BEAT MOVIES 池袋編 大野充監督 2009年制作作品
  • TOKYO BEAT MOVIES 原宿編 加藤隼平監督 2010年制作作品
  • TOKYO BEAT MOVIES(監督/出演/総合プロデューサー)

外部リンク[編集]