浜野佐知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はまの さち
浜野 佐知
生誕 (1948-03-19) 1948年3月19日(69歳)
日本の旗 日本 徳島県
出身校 東京写真専門学院
職業 映画監督

浜野 佐知(はまの さち、1948年3月19日 - )は、日本映画監督である。株式会社旦々舎代表取締役。日本映画監督協会常務理事、同広報委員会・国際委員会委員兼任[1]

人物[編集]

1948年昭和23年)、徳島県生まれ。10歳で静岡市に移り、静岡大付属中、 静岡城北高卒。これまで延べ300本以上のピンク映画を撮り続けているベテランであり、女性監督としては日本一のピンク映画製作本数となっている。「女性の側から性を主体的に観る」を作品の一貫したテーマとしており、近年は「的場 ちせ」名義での活動もある。

しかし、1997年平成9年)の東京国際女性映画祭にて「日本の長編劇映画の女性監督で、最多本数は田中絹代の6本である」との発言があり、これに発奮して非ピンク映画である『第七官界彷徨―尾崎翠を探して』を自主製作にて監督し発表した。以降、ピンク映画と並行して一般映画も製作している。

略歴[編集]

  • 1948年 徳島県に生まれる。
  • 1968年 東京写真専門学院放送学科在学中に、若松プロダクションに入社。最初の仕事として、『性遊戯』の制作進行を担当するが、すぐに退職。フリーの助監督として働く。
  • 1972年 『十七才好き好き族』(ミリオンフイルム)で監督デビュー。
  • 1984年 個人事務所として「株式会社旦々舎」を設立。監督・プロデュースの両方を兼ねる。
  • 1998年 『第七官界彷徨―尾崎翠を探して』(旦々舎)で一般映画の監督としてデビュー。国内外で高い評価を受ける。
    • 2000年 日本インディペンデント映画祭で林あまり賞受賞[2]
  • 2000年 第4回女性文化賞受賞[2]
  • 2001年 一般作品第2弾『百合祭』を発表。文化庁新進芸術家在外研修員としてフランスに留学。
    • 2002年 第9回トリノ国際女性映画祭でセコンドプリミオ(準グランプリ)受賞[2]
    • 2003年 第9回フィラデルフィア国際ゲイ&レズビアン映画祭で審査員賞:最優秀長編劇映画(レズビアン部門)受賞[3]
  • 2006年 一般作品第3弾『こほろぎ嬢』を発表。
  • 2011年 一般作品第4弾『百合子、ダスヴィダーニヤ』を発表。
  • 2014年 一般作品第5弾『BODY TROUBLE〜男が女になる病気』を発表。

主な作品[編集]

監督作品[編集]

ピンク映画[編集]

  • 1972年 『十七才好き好き族』(これ以降、1989年までデータベースが存在しない。またそれ以降もすべての作品を網羅しているわけではない)
  • 1982年 『衝撃マントル 純生本番』
  • 1983年 『裏ビデオ 生撮りの女』
  • 1985年 『桃の木舞 SEXドリーム』
  • 1986年 『痴漢電車 みゆきのヤリガイ』
  • 1987年 『北村美加 巨乳艶熟』
  • 1988年 『冴島奈緒・監禁』
  • 1988年 『豊丸の変態クリニック』(エクセス
  • 1988年 『沙也加VS千代君 アブノーマル・レズ』
  • 1989年 『い・ん・ら・ん 乱れ咲き』
  • 1990年 『どっちの男だ!』(ゲイ)
  • 1991年 『奴隷調教 ドラゴンファクトリーの男たち』(ゲイ)
  • 1991年 『貝満ひとみ 何でもいらっしゃい!』
  • 1992年 『桜樹ルイ ぐしょ濡れ下半身』
  • 1993年 『(秘)回転逆ソープ』
  • 1993年 『朝吹ケイト お固いのがお好き』
  • 1994年 『巨乳秘書 逆レイプ』
  • 1994年 『水沢早紀の愛人志願』
  • 1995年 『犬とおばさん』
  • 1995年 『夏を呼ぶ儀式』(ゲイ)
  • 1995年 『小田かおる 貴婦人O嬢の悦楽』
  • 1996年 『欲望同盟』
  • 1996年 『老人の性 若妻生贄』
  • 1997年 『白衣のおばさん -前も後ろもドスケベに-』(2005年 『肉体保健婦 フェロモン全開!!』改題公開)
  • 1997年 『ねっとり妻おねだり妻II 夫にみられながら』(新東宝映画・的場ちせ名義)
  • 1997年 『痴漢と覗き 奥さんのすけべ汁』(的場ちせ名義)
  • 1997年 『ピンサロ病院 ノーパン白衣』(的場ちせ名義)
  • 1998年 『奴隷美姉妹 新人スチュワーデス』
  • 1999年 『平成版・阿部定 あんたが欲しい』
  • 1999年 『女修道院 バイブ折檻』
  • 2000年 『ノーパン女医 吸い尽くして』
  • 2000年 『いじめる女たち -快感・絶頂・昇天-』
  • 2000年 『いじめる人妻たち 淫乱天国』
  • 2001年 『微風のシンフォニー』(ゲイ)
  • 2002年 『川奈まり子 牝猫義母』
  • 2003年 『やりたい人妻たち』(的場ちせ名義)
  • 2004年 『乱痴女 美脚フェロモン』
  • 2004年 『桃尻姉妹 恥毛の香り』
  • 2005年 『異常性欲リポート 激ナマSEX研究所』(的場ちせ名義)
  • 2005年 『四十路の色気 しとやかな官能』
  • 2006年 『巨乳妻メイド倶楽部 ご主人様たっぷりだして』(的場ちせ名義)
  • 2006年 『巨乳DOLL わいせつ飼育』
  • 2006年 『SEX捜査局 くわえ込みFILE』
  • 2007年 『バイブ屋の女主人 うねり抜く』
  • 2008年 『変態シンドローム わいせつ白昼夢』
  • 2009年 『女豹の檻 いけにえ乱交』
  • 2010年 『セクハラ女上司 パンスト性感責め』
  • 2011年 『和服姉妹 愛液かきまわす』
  • 2012年 『SEXファイル むさぼり肉体潜入』
  • 2012年 『喪服令嬢 いたぶり淫夢』
  • 2013年 『熟女ヘルパー 癒しの手ざわり』
  • 2014年 『僕のオッパイが発情した理由』
  • 2015年 『女詐欺師と美人シンガーお熱いのはどっち?』

一般映画[編集]

  • 1998年 『第七官界彷徨―尾崎翠を探して』
  • 2001年 『百合祭
  • 2006年 『こほろぎ嬢』
  • 2011年 『百合子、ダスヴィダーニヤ
  • 2014年 『BODY TROUBLE〜男が女になる病気』(R-15指定)

著作[編集]

  • 2005年 『女が映画を作るとき』(平凡社新書)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本映画監督協会・組織 日本映画監督協会 組織
  2. ^ a b c 日本映画監督協会・会員名簿 浜野佐知 略歴
  3. ^ 2003 - The ninth Philadelphia International Gay & Lesbian Film Festival List of finalists and winners(英語)

外部リンク[編集]