小沼勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こぬま まさる
小沼 勝
生年月日 1937年12月30日(78歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道小樽市
職業 映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオ

小沼 勝(こぬま まさる、1937年12月30日 - )は、日本映画監督

経歴[ソースを編集]

1937年12月30日[1]北海道小樽市に生まれる[2]。1961年、日本大学芸術学部を卒業し、日活に助監督として入社する[3]。1971年、『花芯の誘い』で映画監督デビューを果たす[4]。以後、40本以上の日活ロマンポルノの作品を手がけた[4]。2001年、『NAGISA』が第51回ベルリン国際映画祭のキンダーフィルムフェスト部門にてグランプリを受賞する[5]

フィルモグラフィー[ソースを編集]

特記なき作品は監督のみ。

映画[ソースを編集]

  • 花芯の誘い(1971年)
  • ラブハンター 熱い肌(1972年)
  • 雨のヘッドライト(1972年)
  • 隠し妻(1972年)
  • 妻三人 狂乱の夜(1972年)
  • 昼下りの情事 古都曼陀羅 (1973年)
  • 色情旅行 香港慕情(1973年)
  • 女教師 甘い生活(1973年)
  • 白い娼婦 花芯のたかまり(1974年)
  • ロスト・ラブ あぶら地獄(1974年)
  • 花と蛇(1974年)
  • 生贄夫人(1974年)
  • レズビアンの世界 恍惚(1975年)
  • 女教師 少年狩り(1975年)
  • 大江戸 (秘)おんな医者あらし(1975年)
  • 修道女ルナの告白(1976年)
  • 濡れた壺(1976年)
  • 犯される(1976年)
  • 花芯の刺青 熟れた壺(1976年)
  • OL官能日記 あァ!私の中で(1977年)
  • 性と愛のコリーダ(1977年)
  • 夢野久作の少女地獄(1977年)
  • 貴婦人縛り壺(1977年)
  • さすらいの恋人 眩暈(1978年)
  • 金曜日の寝室(1978年)
  • 時には娼婦のように(1978年)
  • 泉大八の女子大生の金曜日(1979年)
  • Mr.ジレンマン 色情狂い(1979年)
  • 団鬼六 少女縛り絵図(1980年)
  • 山の手夫人 性愛の日々(1980年)
  • 妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…(1980年)
  • 見せたがる女(1981年)
  • あそばれる女(1981年)
  • 悪女群団(1981年)
  • 奴隷契約書(1982年)
  • 軽井沢夫人(1982年)
  • 縄と乳房(1983年)
  • ブルーレイン大阪(1983年)
  • 女囚 檻(1983年)
  • ファイナル・スキャンダル 奥様はお固いのがお好き(1983年)
  • スチュワーデス・スキャンダル 獣のように抱きしめて(1984年)
  • 柔肌色くらべ(1984年)
  • 箱の中の女 処女いけにえ(1985年)
  • いんこう(1986年)
  • ベッド・イン(1986年)
  • 輪舞(1988年)
  • 箱の中の女2(1988年)
  • NAGISA(2000年)
  • サディスティック&マゾヒスティック(2001年) - 出演
  • 女はバス停で服を着替えた(2002年)

オリジナルビデオ[ソースを編集]

  • ドラフト(1991年)
  • 雀鬼 裏麻雀勝負! 20年間無敗の男(1992年)
  • 蕾のルチア(1992年)
  • 雀鬼2 白刃を背に(1993年)
  • 雀鬼3 治外法権麻雀(1994年)
  • XX 美しき狩人(1994年)
  • 雀鬼4 麻雀代理戦争(1994年)
  • 雀鬼5 完結篇 ひとりだけの引退試合(1995年)
  • 快楽殺人女捜査官 囮(1996年)
  • 雀鬼外伝 東海道麻雀無宿(1996年)
  • 真・雀鬼(1998年)
  • 真・雀鬼2 麻雀無法地帯(1999年)

著書[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ NAGISA”. Berlinale. 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ 渋谷シネマヴェーラにて特集上映「小沼勝 わが映画人生」開催! 〈10/31(土)~11/20(金)〉”. 国書刊行会 (2015年10月1日). 2015年11月1日閲覧。
  3. ^ 『NAGISA』”. WERDE OFFICE. 2015年11月1日閲覧。
  4. ^ a b 「ロマンポルノの王様」の特集上映『小沼勝 わが映画人生』に18本”. CINRA.NET (2015年10月17日). 2015年11月1日閲覧。
  5. ^ 『NAGISA-なぎさ-』ベルリン映画祭で子供向け部門でグランプリ受賞”. CINEMA TOPICS ONLINE (2001年2月18日). 2015年11月1日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]