花と蛇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

花と蛇』(はなとへび)は、団鬼六によるSM小説官能小説)。幾度となく映画化されている。

小説[編集]

  • 昭和37年(1962)8月奇譚クラブに花巻京太郎の名で投稿、以後連載[1]。その後、掲載誌をアブハンターに変え、昭和50年(1975)9月に完結。
  • 花と蛇 第1-10 耽美館 1969-70 (SM耽美文学)
  • 決定版花と蛇 1-8 桃園書房 1977-78
上記の物はいずれも奇譚クラブ掲載分のみ収録。
  • 花影夫人 完結 花と蛇 東京三世社 1980
アブハンター掲載分だけをまとめた物。
  • 花と蛇 1-8 1984-85 (角川文庫)
1 誘拐の巻
2 涕泣の巻
3 飼育の巻
4 調教の巻
5 憂愁の巻
6 羞恥の巻 
7 屈辱の巻
8 号泣の巻
初の完全版になる予定だったが、最終巻は発売されなかった。
  • 花と蛇 1-9 富士見書房 1985-86 (団鬼六全集)
9 完結編
始めて連載全編を収録した完全版。
  • 花と蛇 上中下 太田出版 1992-93
調教編、開花編、爛熟編
富士見書房版に大幅に加筆訂正。
  • 花と蛇 1-10 幻冬舎アウトロー文庫 1999
太田出版版にさらに加筆訂正。この10巻本では、1-8巻のサブタイトルは、角川文庫版、富士見書房版と同じだが、9巻は「被虐の巻」と題され、10巻が「完結編」となっている。
  • 花と蛇 画集 天野喜孝 太田出版 2005.5
  • 花と蛇 縛り、縛られ、縛り倒す緊縛官能哀歌 第1-4集 竹書房 2006-09

映画[編集]

いずれも成人指定となっている。

日活による映画版[編集]

花と蛇[編集]

花と蛇
監督 小沼勝
脚本 田中陽造
製作 日活
製作総指揮 [[]]
出演者 谷ナオミ坂本長利
音楽 眞鍋理一郎
撮影 安藤庄平
編集 鈴木晄
公開 日本の旗1974年6月22日
上映時間 73分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト

花と蛇 地獄篇[編集]

花と蛇 地獄篇
監督 西村昭五郎
脚本 [[]]
製作 日活
製作総指揮 [[]]
出演者 麻生かおり藤村真美中田譲治
撮影 山崎善弘
編集 奥原好幸
公開 日本の旗1985年8月24日
上映時間 69分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
キャスト

花と蛇 飼育篇[編集]

花と蛇 飼育篇
監督 西村昭五郎
脚本 [[]]
製作 日活
製作総指揮 [[]]
出演者 小川美那子永井秀明
撮影 野田悌男
編集 奥原好幸
公開 日本の旗1986年3月8日
上映時間 73分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
キャスト

花と蛇 白衣縄奴隷[編集]

花と蛇 白衣縄奴隷
監督 西村昭五郎
脚本 掛札昌裕
製作 日活
製作総指揮 [[]]
出演者 真咲乱小川美那子
撮影 野田悌男
編集 奥原茂
公開 日本の旗1986年12月6日
上映時間 73分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
キャスト

花と蛇 究極縄調教[編集]

花と蛇 究極縄調教
監督 浅尾政行
脚本 片岡修二
製作 日活
製作総指揮 [[]]
出演者 長坂しほり速水舞
撮影 佐藤徹
編集 冨田功
公開 日本の旗1987年12月5日
上映時間 64分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
キャスト

東映ビデオによる映画版[編集]

杉本彩主演の映画版[編集]

花と蛇
花と蛇
監督 石井隆
脚本 石井隆
原作 団鬼六
出演者 杉本彩野村宏伸石橋蓮司
音楽 安川午朗
撮影 佐藤和人小松高志柳田裕男
配給 日本の旗東映ビデオ
公開 日本の旗2004年3月13日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 花と蛇2 パリ/静子
テンプレートを表示

2004年3月13日公開。

ストーリー

裏世界の大御所である老人・田代(石橋蓮司)はある日、世界的タンゴダンサー・遠山静子を映した映像に釘付けとなる。

田代の命を受けた部下・森田は、静子の夫である若手実業家・遠山隆義(野村宏伸)を脅迫して、静子を「パーティー会場」へとおびき出すとともに、彼女のボディガード・京子(未向)を集団で襲撃させ、会場へと運び込む。

キャスト
その他
備考

わずか3タイトルだけの発売に終わった48DVDでのリリースもあった。

花と蛇2 パリ/静子[編集]
花と蛇2 パリ/静子
監督 石井隆
脚本 石井隆
原作 団鬼六
出演者 杉本彩遠藤憲一不二子
配給 日本の旗東映ビデオ
公開 日本の旗2005年
上映時間 ?分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 花と蛇
テンプレートを表示

2005年公開。

キャスト
スタッフ
  • 原作:団鬼六
  • 監督・脚本:石井隆

花と蛇3[編集]

花と蛇3
Flower&Snake3
監督 成田裕介
脚本 我妻正義
原作 団鬼六
製作 福原英行
出演者 小向美奈子本宮泰風小松崎真理
音楽 石川光
撮影 藤澤順一
編集 只野信也
配給 日本の旗東映ビデオ
公開 日本の旗2010年8月28日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
  • タイトルに「3」とあるが上記の杉本彩主演の2作品との関連はなく、あくまでも区別のために付けられている。
  • 主演:小向美奈子、監督:成田裕介、脚本:我妻正義。2010年8月全国公開された。
キャスト

映像ソフト化

  • 小向美奈子 緊迫 - 映画「花と蛇3」より(2010年7月21日発売)
    • 本編のメイキング映像を収録したDVD。初回生産封入特典として劇場割引券が付属する。
  • 花と蛇3(2010年12月3日発売)
    • 本編のDVD・ブルーレイソフト化。

花と蛇ZERO[編集]

花と蛇ZERO
監督 橋本一
脚本 港岳彦
原作 団鬼六
出演者 天乃舞衣子濱田のり子桜木梨奈
配給 日本の旗東映ビデオ
公開 日本の旗2014年5月17日
上映時間 ?分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2014年5月17日公開、団鬼六の原作に近い内容。

キャスト

アダルトゲーム[編集]

花と蛇
対応機種 Windows2000/XP
発売元 エルフ
ジャンル 凌辱調教SMADV
発売日 2005年
レイティング 18禁
CGモード あり

エルフによるゲーム化作品。2005年発売。

概要[編集]

「調教AVG」として、CGやグラフィックマップなどを駆使してゲーム化された。往年の作品のゲーム化ということで、話題を呼んだ。声優は非公表。

ストーリー[編集]

昭和中期、高度成長時代を迎えていた日本 ――― そんな戦後経済の混乱の中、『遠山電器』は、ありとあらゆる電化製品を扱い、業界第1位に躍り出た電器メーカーである。

この『遠山電器』を一代で築き上げたのが、遠山隆義。そして川田(主人公)は、この大富豪・遠山の雇われ運転手をしている男である。

遠山には、娘ほどに年が違う後妻・静子がおり、溺愛していた。彼女は才色兼備で稀に見る絶世の美女。実は川田にとっても密かな憧れの人で、人知れず思いを寄せている女性なのだった……。

登場人物[編集]

川田
物語の主人公。
遠山静子
遠山桂子
静子の義娘。
野島京子
野島美津子
京子の妹。
遠山隆義
静子の夫。
村瀬文夫
美津子の恋人。
村瀬小夜子
文夫の姐。

スタッフ[編集]

月蝕歌劇団劇場公演「花と蛇〜新版〜」[編集]

2007年2月には月蝕歌劇団により舞台化され、本多劇場にて、?月?日から?日まで?日間?ステージ上演された。SM文学の最高傑作、初の舞台化。最初で最後のライブ「花と蛇」を完全収録。R18指定作品。

出演者[編集]

遠山静子:三坂知絵子
遠山桂子:紅日毬子
倉敷あみ
森永理科
合沢萌
一ノ瀬めぐみ
黄金咲ちひろ
木塚咲

スタッフ[編集]

  • 脚本・演出:
  • 音楽:
  • 企画:月蝕歌劇団
  • 舞台監督:
  • 照明:
  • 音響:
  • 整音:
  • 衣裳:
  • 化粧:
  • 美術設計:
  • 小道具:
  • 制作:
  • 電網制作:
  • 製作:

DVD[編集]

  • 2007年7月24日発売。

参考文献[編集]

  1. ^ 龍之巣参照

外部リンク[編集]