琴乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ことの
琴乃
プロフィール
別名: 東 琴乃 (旧芸名)
吉野 琴絵 (本名)
生年月日 1985年2月24日
現年齢 29歳
出身地: 日本の旗 日本東京都
血液型 B型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 152 cm / kg
スリーサイズ 95 - 60 - 86 cm
ブラのサイズ G
靴のサイズ: 23.5 cm
備考: 乳輪が大きく、左右の大きさが違う
活動
ジャンル グラビアアダルトビデオ
モデル内容: ヌード
AV出演: 2007年 -
AV女優テンプレート | カテゴリ

琴乃(ことの、本名:吉野 琴絵(よしの ことえ)、1985年2月24日 - )は、日本タレント女優。元AV女優。イズバサジャパンリミテッド所属[1]

来歴[編集]

芸能界デビュー[編集]

2001年、『西川貴教のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のミスリスナー候補に選出され、同年11月“全員バスト85cm以上”を売りにしたアイドルユニット「プチエンジェル」の第2期生に選ばれる[2]

古賀美智子・椎名真白・朝比奈えりとともに清純路線の正統派アイドル東琴乃」として2002年前半まで活動した[2]。同ユニット解散後は、グラビアを中心に活動するが、2002年末より休業状態になる。2003年末から「琴乃」と改名して活動を再開したが、再び休業状態に戻る。

また、本名の「吉野琴絵」(「琴乃」に再改名後もバンド活動の際には、しばしば「吉野琴絵」の名前を使っている)で、バンド「BAND8」のヴォーカルとして活動していたが、2006年10月頃に所属事務所を辞め、音楽活動に専念するとすると自身のブログ「☆KoTo☆ぶろぐ」で語り、同年11月に新バンド「EMOELMO」を結成した。なお、バンド活動は現在も継続中である。「音楽ば〜か」によると音楽歴は小学校1年生からとのこと。

2004年「琴乃」でスーパーぷるるん選手権(ヤングジャンプ)に出場した。

着エロ路線への変更[編集]

2005年夏、再び「琴乃」に改名し、本格的に復帰。以降は手ブラ着エロ路線にシフト。着エロビデオを数多くリリースしているほか、アダルトサイト「織姫」のグラビアやSODクリエイトが製作した『18禁 メイド物語』などにも出演。この作品では乳首ヘアこそ見えないが、初々しいファックシーンを見せた。この作品の発表以降、成年を対象と思わせる仕事を多数こなしつつも、フルヌードにはならなかった。この頃ロックバンド「パーキングエリア」の一員としても活動した[3]

AVデビュー[編集]

2006年10月頃に所属事務所を辞め、音楽活動に専念すると自身のブログで表明したが、その直後の2006年12月発売の『FLASH EX』で、ヌードグラビアを初披露するとともに、AVデビューすることを明らかにした。また、それと同時に新たな公式サイトとブログを立ち上げ、SODクリエイトから2007年4月にデビューすることが明らかにした。

2008年11月発売の『芸能人 琴乃 中出し・淫語・痴女 私が入れたくなるくらい勃起させなさい』で初めてSキャラを出した[4]

2009年2月発売の「芸能人 琴乃 究極の快感スローSEX」ではアダム徳永スローセックスを経験、Gスポットの刺激も初めて体感した[5]。その後7月、同年9月発売の「芸能人琴乃AV引退」でAVを引退することを発表、以降は音楽活動を中心にVシネマや舞台で活動し、アダルトビデオと着エロは引退する事を明かした[6][4]。 現在はキャバクラ「R-CRAZY」に在籍中[7]

出演作品[編集]

一般DVD[編集]

  • プチエンジェル 東琴乃(2002年4月24日、バップ
  • 琴乃 cuteblue TV(2003年12月19日、レイフル
  • 琴乃 初めてのエロス(2005年8月4日、ソフト・オン・デマンド
  • 18禁 メイド物語(2005年10月20日、SODクリエイト
  • アイドル魂 ver.YELLOW【POP】 琴乃(2005年11月10日、エー・エス・ジェイ)
  • アイドル魂 ver.RED【CUTE】 琴乃(2005年12月9日、エー・エス・ジェイ)
  • 琴乃 KOTONO改(2006年4月21日、タオ
  • 琴乃 激パイ(2006年7月、竹書房
  • 萌えキュン@MOVIE 恋するメイドカフェ(2006年7月26日、バップ)
  • REALリアル やっぱり生がいい! 琴乃(2006年10月20日、日本メディアサプライ

ゲーム[編集]

携帯サイト[編集]

アダルトDVD[編集]

2007年
  • 芸能人 琴乃 DEBUT(4月5日、SODクリエイト)監督:Keita★No.1
  • 芸能人 琴乃 初・体・験 完全240分 10解禁スペシャル(5月3日、SODクリエイト) ※AV OPEN2007 エントリー作品[4] 監督:Keita★No.1
  • 琴乃 いっぱいエッチしよ オナニーのお手伝いしてあげる(7月5日、SODクリエイト)監督:Keita★No.1
  • 琴乃 青空のシタでセックスしよ(8月4日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 学園コスプレSEXで応援(9月6日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 ご奉仕 ヌキヌキ天使(10月4日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 Hイチャイチャ 同棲日記 ~初めてゴックンしてアゲル♪~(11月8日、SODクリエイト)監督:Keita★No.1※別名義
  • 芸能人 琴乃 どすけべセックス4時間8コスプレプロデュース(12月6日、SODクリエイト)監督:Keita★No.1
2008年
  • 芸能人 琴乃 性感エステ×フルコース(1月5日、SODクリエイト)監督:Keita★No.1※別名義
  • 芸能人 琴乃 失禁するほど。(2月7日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 奥様は女子校生(3月6日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 芸能人実体験セックス初中出し(4月4日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 激痴漢地獄(5月8日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 超高級ソープ嬢(6月5日、SODクリエイト)監督:Keita★No.1
  • 芸能人 琴乃 学園パラダイス♥(7月4日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 輪姦アクメ拘束(8月7日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 ヤリまくりイキまくり絶頂24時間10SEX(9月4日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 中出し天国(10月9日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 中出し・淫語・痴女 私が入れたくなるくらい勃起させなさい(11月6日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃×琴乃 Wキャストどちらがお好き!?(12月4日、SODクリエイト)
  • 芸能人 最初で最後の大乱交 4時間SP(12月4日、SODクリエイト)共演:範田紗々板垣あずさ矢沢のんHitomi
2009年
  • 芸能人 琴乃 取り扱い説明書(1月1日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 究極の快感スローSEX(2月5日、SODクリエイト)アダム徳永監修[4]
  • 芸能人 琴乃 あなたに見せたい20のコスチューム+1 4時間DX(2月19日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 初!潜入 卑猥なアルバイト(3月5日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 童貞 初 挿入!!(4月4日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 尻ずり(5月7日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 ナマ姦 恥じらい・卑猥・情熱SEX(6月4日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 中出し痴漢地獄(7月9日、SODクリエイト)
  • 芸能人 琴乃 AV引退(9月5日、SODクリエイト)[8]監督:Keita★No.1
2010年

TV出演[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

インターネット[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 渋谷漂流少女(2010年2月19日、GPミュージアムソフト) - 主演:ゆか 役
  • ガチヤン ヤン女・美優 天上天下唯我独尊篇(2010年6月2日レンタル、シネマファスト) - 主演:美優 役
  • ガチヤン ヤン女 素手喧嘩・復讐篇(2010年9月3日レンタル、シネマファスト) - 主演:美優 役

写真集[編集]

東琴乃 名義
琴乃 名義

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Models”. イズバサジャパンリミテッド. 2012年11月28日閲覧。
  2. ^ a b プチエンジェルのファイナルイベント! 東琴乃が超セクシーなチャイナドレスで!”. アスキー (2002年5月13日). 2012年5月20日閲覧。
  3. ^ 琴乃 過激さ一転POP系へ”. 日刊スポーツ (2005年11月19日). 2012年5月20日閲覧。
  4. ^ a b c d 琴乃AV業界完全引退!(後編)「熱でうなされながら腰を振ってた」ロングインタビュー”. 日刊サイゾー (2009年8月). 2012年5月20日閲覧。
  5. ^ これぞ最強の愛のカタチ 琴乃流・スローセックスのススメ♪(後編)”. 日刊サイゾー (2009年5月). 2012年5月20日閲覧。
  6. ^ これが本当にラスト! AV業界引退の琴乃が見せちゃう○○な姿って!?”. 日刊サイゾー (2009年10月1日). 2012年5月20日閲覧。
  7. ^ R-CRAZY
  8. ^ 琴乃AV業界完全引退!「もう絶対に戻ってきませんから(笑)!!」ロングインタビュー(前編)”. 日刊サイゾー (2009年8月). 2012年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]