冨田功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

冨田 功(とみた いさお、1957年3月15日 - 2002年10月18日)は日本映画編集技師[1]東京都出身。妻で編集技師の冨田伸子と2人で編集を手がけることもあった[注 1]

経歴[編集]

日活芸術学院を経て日活撮影所に入社。数多くの作品で編集技師として活躍し独立。第14回日本アカデミー賞第17回日本アカデミー賞で最優秀編集賞を受賞した。

2002年10月18日午後10時46分、肺癌のため急死。最後の参加作品「壬生義士伝」のエンドクレジットの終わりには、冨田に敬意を表す旨のテロップが添えられた。

代表作[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

プロモーション[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 伸子と2人で手がけた作品には、『12人の優しい日本人』(1991年)、『陰陽師』(2001年)、『』(2002年)、『壬生義士伝』(2003年)などがある。

出典

  1. ^ 共同通信 (2002年10月19日). “冨田功氏死去 映画編集者”. 47NEWS. 2013年4月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月11日閲覧。

出典・参考文献[編集]

  • 『映画の賞辞典』日外アソシエーツ、2009年。ISBN 4-8169-2223-7、ISBN-13:978-4-8169-2223-7。 
  • 『映画賞受賞作品事典 邦画編』日外アソシエーツ、2011年。ISBN 4-8169-2312-8、ISBN-13:978-4-8169-2312-8。 

外部リンク[編集]