さとうきび畑の唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さとうきび畑の唄
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜 21:00 - 23:39(159分)
放送期間 2003年9月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 福澤克雄
脚本 遊川和彦
プロデューサー 八木康夫
出演者 明石家さんま
黒木瞳
坂口憲二
仲間由紀恵
上戸彩
勝地涼
大平奈津美
オダギリジョー
音声 ステレオ放送
オープニング 森山良子さとうきび畑
エンディング 同上
時代設定 1944年 - 1945年
テンプレートを表示

さとうきび畑の唄』 (さとうきびばたけのうた))はTBS系で2003年9月28日に放送されたスペシャルドラマ。平成15年度文化庁芸術祭テレビ部門大賞受賞作品。遊川和彦のオリジナル脚本、主演は明石家さんま

概要[ソースを編集]

太平洋戦争の頃の沖縄沖縄戦を舞台にした物語で、内容は家族の尊さを扱った反戦ドラマである。NHKみんなのうた』(歌:ちあきなおみ森山良子) で知られる寺島尚彦の代表作「さとうきび畑」をモチーフに作られており、タイトルもそこから付けられている。

第9回アジア・テレビジョン・アワード、ドラマ部門最優秀賞および第58回芸術祭テレビ部門大賞を受賞した。平均視聴率26.4%・最高瞬間視聴率32.2%を記録(数字はいずれも関東地区ビデオリサーチ)。TBSはこのドラマ以降、おおむね2-3年ごとに太平洋戦争をテーマにしたドラマを制作しているが、本作はその第一弾ともいえる作品である。

エピソード[ソースを編集]

主演の明石家さんまはある日カラオケで「さとうきび畑」を歌い「ええ歌やな~」と感慨にふけっていた。その翌日にこのドラマの出演依頼があり、さんまは快諾したという(『さんま御殿』などで本人が語っている)。現在地方の公民館などでも公開されており、出演を自慢している一方、収録中は「早く戦死させてくれ」(『恋のから騒ぎ』のオープニングトークにて)、出演後は「もう戦争のドラマなんか2度と出るか!」などと戦争映画特有の過酷な撮影現場を揶揄する発言している(『さんまのまんま』などで本人が語っている)。

収録後、地元のおっぱいパブで本作の名言とも言える「私はこんな事をするために 生まれて来たんじゃないんですよ」と言いながら胸を揉んでウケたらしい。(2015年12月30日放送の日テレ1億人の大質問!?笑ってコラえて!』にて)

また、作品の中で、さんまは終始関西弁を用いて演技をしている。これはさんまが演じた『平山幸一』が、大阪の写真館で修行をしていた関西人であり、黒木瞳が演じる良家の子女・美知子に一目ぼれしたうえに、駆け落ちして沖縄に住み着いたという脚本設定からである。

あらすじ[ソースを編集]

太平洋戦争真っ只中の沖縄・那覇で小さな写真館を営む平山幸一は、妻の美知子と、小学校教師の紀子との結婚が決まった長男・勇、次男・昇、長女・美枝ら5人の子供に恵まれた家庭で平穏な日々を過ごしていた。そんな中、美知子のお腹には6人目の命が宿っていた。

しかし、1944年(昭和19年)6月サイパンの日本軍が玉砕した後、アメリカ軍の沖縄上陸が現実味を帯びることとなり、平山家にも戦争という不幸のどん底を味わうことになる。まず、勇に召集令状が届き、昇は通信兵に志願、美枝も従軍看護婦として野戦病院に派遣される。そして、戦況がさらに悪化し、幸一にも召集令状が届く。

キャスト[ソースを編集]

  • 平山幸一:明石家さんま
    沖縄で写真館を営む。明るく優しい性格で人気者。
    大阪の写真館で修行時代にお見合い写真を撮りに来た美知子と出会い恋に落ちるが身分違いと言う事もあり駆け落ちする形で結婚した。
  • 平山美知子:黒木瞳
    幸一の妻。元々は関西の良家の子女で、両親に望まない縁談を勧められていた。お見合い写真を撮りに写真館に行った際に幸一と出会い彼の明るく優しい人柄に触れ、恋に落ちる。幸一とは現在も仲睦まじく、第6子を妊娠。
  • 平山勇:坂口憲二:平山家の長男で県職員。大学時代の後輩である紀子と結婚。
  • 平山紀子:仲間由紀恵:勇の妻で小学校教師。
  • 平山美枝:上戸彩:平山家長女
  • 平山昇:勝地涼:平山家次男
  • 平山春子:大平奈津美:平山家次女
  • 平山健:我妻泰熙:平山家三男
  • 吉岡:オダギリジョー
ほか

スタッフ[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]