柴田睦陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴田 睦陸(しばた むつむ、1913年大正2年)3月23日 - 1988年昭和63年)2月19日)は、昭和期の歌手。妻は声楽家の柴田喜代子

経歴[編集]

岡山県出身。東京音楽学校在学中の1935年(昭和10年)ポリドール・レコードから宗近明として歌手デビュー。「上海リル」、「ラ・クンパルシータ」、「セントルイス・ブルース」などを吹き込む。その後ビクターレコードに移籍し、「朝」、「国民進軍歌」、「出せ一億の底力」、「朝だ元気で」などを吹き込む。

戦後は声楽家として活躍。1949年(昭和24年)には「オペラ研究部」(後の二期会)の部長になる。1952年(昭和27年)には二期会の創設に関わる。1967年(昭和42年)には二期会の会長になる。

1949年(昭和24年)から東京芸術大学の助教授となり、1963年(昭和38年)には東京芸術大学の教授に昇格した。1980年(昭和55年)の退官後は、活水女子短期大学教授を務めた。

日本声楽発声楽会会長、第二国立劇場設立協議会専門委員なども歴任した。

1977年(昭和52年)、紫綬褒章受章。

1985年(昭和60年)に勲三等旭日中綬章を受章。宗近昭の名前でオペラの翻訳などを行った。1988年(昭和63年)2月19日東京の病院で、肝不全で死去。享年75。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第6回(1955年12月31日、産経ホール)『ラ・クンパルシータ』