春日由三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

春日 由三(かすが よしかず、1911年明治44年)11月10日[1] - 1995年平成7年)10月22日[2])は、日本政治家新潟県十日町市(2期)。日本民謡協会理事長[2]NHK専務理事。

経歴[編集]

現在の新潟県十日町市出身。大島三五郎の三男に生まれ、春日家の養子となる[1]1935年東京帝国大学法律学科を卒業[1][2]。同年、NHKに入局[1][2]富山放送局[2]、編成、企画、経理の各局長を経て[2]1959年に理事、1963年に専務理事となった[1][2]。その後NHKを退局し、日本音楽著作権協会理事長を務め[1]1971年に郷里の十日町市長に当選した[1]

市長時代には「市民との会」を少人数の集会とし、必要最小限の関係課長が同行し、即答性を重視した[1]。市政は、道路交通網の整備、教育文化の向上、福祉行政の推進を三本柱にした[1]。市長は1979年までの2期8年務めた。

市長退任後の1980年にNHKインターナショナル理事長、日本エッセイスト・クラブ理事長などを歴任した[2]。1995年に死去した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、90頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』156頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』、日外アソシエーツ 2003年。

外部リンク[編集]