増井光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

増井 光子(ますい みつこ、1937年1月27日 - 2010年7月12日)は大阪府大阪市出身の獣医師上野動物園長、よこはま動物園ズーラシア園長、兵庫県立コウノトリの郷公園園長(非常勤)、麻布大学客員教授を歴任した。日本の女性獣医師の草分けであり、エンデュランス馬術競技の選手でもあった。

経歴[編集]

出演[編集]

著書[編集]

  • 『わたしの動物記』 ポプラ社、1974年
  • 『アフリカ野生動物の旅』 時事通信社、1973年
  • 宮地伝三郎、増井光子、林良博 『不思議な動物本能』 リブリオ出版 いきいきトーク知識の泉 : 大きな活字で読みやすい本. 著名人が語る〈考えるヒント〉 ; 9、1997年NCID BA3497211X
  • 『くらべてみよう!どうぶつの赤ちゃん』 ポプラ社、 2008。(監修)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “上野動物園初の女性園長、増井光子さん死去”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2010年7月16日). オリジナル2010年7月20日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20100720223748/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/07/16/11.html 2010年7月16日閲覧。 
先代:
田代和治
上野動物園園長
第9代: 1992年 ‐ 1995年
次代:
齋藤勝