戸川エマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戸川 エマ(とがわ エマ、1911年12月10日 - 1986年6月29日)は、随筆評論家

英文学者・戸川秋骨の娘。のち結婚して本姓は高木。東京生まれ。文化学院に学び、1933年より母校で教え、1955年より「読売新聞」の身上相談を28年間担当。映倫管理委員、東京都青少年健全育成審議会会長などを歴任した。

著書[編集]

  • おんなの部屋 学風書院 1954
  • 日日のモラル 文陽社 1958
  • 愛情の手帖 東都書房 1958
  • 若い日を生きる 青春出版社・新書 1959
  • 未知の女性への手紙 東都書房 1959
  • 生きるたのしさ 中央出版社 1969 (ファミリーブックス)
  • 親と子 IDE教育選書 民主教育協会 1970.10
  • 暮らしのなかから 中央出版社 1974
  • 一期一会抄 講談社 1985.5

翻訳[編集]

  • ケティー物語 クーリッジ 主婦之友社 1951 (少年少女名作家庭文庫)

出演[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本人名大事典