大山勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大山 勝美(おおやま かつみ、1932年2月5日 - 2014年10月5日)は、日本のテレビプロデューサー演出家。本名、大山 勝美(おおやま かつよし[1])。

鹿児島県出身。

1957年TBSに入社。演出家・プロデューサーとしてテレビドラマ畑一筋に歩み『知らない同志』『岸辺のアルバム』『想い出づくり』『ふぞろいの林檎たち』を手がけ“ドラマのTBS”の全盛期を支えた。1992年、TBSを定年退職後はテレビ制作会社『カズモ』を設立し、代表取締役も務める一方で、『蔵』『天国までの百マイル』『長崎ぶらぶら節』等多くのドラマを送り出した。[2]

来歴・人物[編集]

鹿児島県で出生し、両親とともに満州(現在の中国奉天(現・瀋陽))に渡り幼少期を過ごす。大東亜戦争中に単身帰国し、鹿児島で終戦を迎える。

鹿児島県立鶴丸高等学校初代生徒会長。早稲田大学法学部を卒業後、1957年東京放送(当時の社名はラジオ東京)に入社。同期には飯島敏宏磯崎洋三須子信仁瀬口城一郎らがいる。以来ドラマの演出や制作一筋で務める。田宮二郎のテレビドラマ初主演作品『知らない同志』をはじめ、『岸辺のアルバム』『想い出づくり』『ふぞろいの林檎たち』などのプロデュース・演出を手掛け、久世光彦と共に“ドラマのTBS”の全盛期を築き上げた。1965年女優渡辺美佐子と結婚、一男をもうける[2]。 その後、制作局次長、制作局理事を経て1992年定年退職し、「株式会社カズモ」を設立。同時に代表取締役に就任。同じドラマ演出家でプロデューサーの堀川とんこうはTBS時代の後輩で、TBSを定年退職後数年間カズモに所属していた。

1994年紫綬褒章2003年勲四等旭日小綬章を受章。

現在の民放(特に在京キー局)における過剰なまでの視聴率至上主義について批判しており、テレビ局の上層部について「民放といえども公器(電波)を借りて活動している社会的影響力の強い公共的企業だという原点に立ち返るべきである」と述べている。また、2003年日本テレビ視聴率買収事件が発覚した際は日本テレビが日頃から在京キー局の中でも突出して厳しい視聴率ノルマを編成や制作スタッフたちに課している事について言及し、視聴率獲得を極度に扇った氏家齊一郎(当時日本テレビ会長)と萩原敏雄(当時日本テレビ社長)の両名に対して名指しで苦言を呈した[3]

10数年前に胆管ガンの手術を受け、6年後に再発。その後、腸閉塞となり、入退院を繰り返す。それでも仕事は続け、2014年9月26日にはBS-TBS森繁久彌特番でコメント収録を行い、9月30日にはカズモの制作会議に出席。10月2日に腸閉塞で再入院。[2]10月5日午前0時40分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去。享年83(満82歳没)[4]

制作番組[編集]

テレビドラマ[編集]

TBS在籍時[編集]

カズモ設立後[編集]

テレビアニメ[編集]

TBS在籍時[編集]

映画・舞台[編集]

著書[編集]

  • 「時間を射落とす」(1978年、創成社)
  • 「テレビ原人の昼休み」(1980年、冬樹社)
  • 「時代の予感・TVプロデューサーの世界」(1990年、東洋経済新報社)

関連人物[編集]

プロデューサー
脚本家
役者

脚注[編集]

外部リンク[編集]