黒崎博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒崎 博(くろさき ひろし、1969年 - )は、日本のテレビドラマ演出家映画監督NHK職員。岡山県出身。

来歴[編集]

1992年NHKに入局。教育番組担当を経て、1996年にドラマ番組部に転ずる。

2010年NHK広島放送局制作ドラマ『火の魚』の演出により、平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞放送部門、第36回放送文化基金賞演出賞、および東京ドラマアウォード2010演出賞を受賞。「大胆、簡潔でありながら同時に繊細で、二人の屈折した精神の奥深く踏み込んで描いている」と評される。

2011年、『冬の日』で初の映画監督を務め、『セカンドバージン』で長編映画に進出した。

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

特記のないものはNHK作品(地方局制作は除く)。

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本放送協会. “NHKスペシャル 未解決事件” (日本語). NHKスペシャル 未解決事件. 2018年9月8日閲覧。