加藤拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 拓(かとう たく[1]1969年[2][3] - )は、日本のテレビディレクター演出家エグゼクティブプロデューサー[2]NHKエンタープライズ所属[2]

奈良県出身[2][3]京都大学経済学部卒業[2]

略歴[編集]

京都大学経済学部を卒業後、1991年NHK入局[2]テレビドラマの企画・演出に携わる[3]

1999年NHKドラマ館疾風のように』の演出により平成11年度(第54回)文化庁芸術祭賞テレビ部門放送個人賞を受賞[4]

チーフ演出・脚本を担当したスペシャルドラマ『坂の上の雲』が第38回(2011年度)放送文化基金賞テレビドラマ部門本賞を受賞[5]

2017年の特集ドラマ『眩〜北斎の娘〜』の演出により、平成29年度(第68回)芸術選奨文部科学大臣新人賞(放送部門)を受賞[6]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大河ドラマ『八重の桜』へのVFX協力について”. お知らせ. 会津大学. 2018年3月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f eAT'15 開催テーマ「eAT金沢は終わるのか!?」ゲスト紹介”. eAT'15プログラム. eAT KANAZAWA. 2018年3月8日閲覧。
  3. ^ a b c “【八重の桜】来年の大河ドラマは「綺麗」にこだわり 映画用カメラで撮影”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2019287/full/ 2018年3月8日閲覧。 
  4. ^ a b 平成11年度(第54回)芸術祭賞一覧 (PDF)”. 文化庁芸術祭賞受賞一覧. 文化庁. 2018年3月8日閲覧。
  5. ^ 放送文化基金賞で、本賞、優秀賞などを受賞しました。”. コンクール受賞番組. 日本放送協会 (2012年5月28日). 2018年3月8日閲覧。
  6. ^ a b 平成29年度(第68回)芸術選奨文部科学大臣賞及び同新人賞の決定について (PDF)”. 報道発表. 文化庁 (2018年3月7日). 2018年3月8日閲覧。
  7. ^ アーカイブ:大山勝美賞、放送人の会、2021年5月3日閲覧。
  8. ^ 第46回「放送文化基金賞」受賞一覧 (PDF)”. 放送文化基金. p. 11. 2020年8月5日閲覧。