塩屋俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しおや とし
塩屋 俊
本名 塩屋 智章
生年月日 (1956-08-05) 1956年8月5日
没年月日 (2013-06-05) 2013年6月5日(56歳没)
出生地 日本の旗 日本大分県大野郡野津町
(現・臼杵市
死没地 日本の旗 日本宮城県仙台市
国籍 日本
職業 俳優映画監督
ジャンル テレビ映画
活動期間 1980年 - 2013年
活動内容 俳優・映画監督業、俳優養成所の運営による後進の育成
公式サイト www.actors-clinic.com
主な作品
後述
テンプレートを表示

塩屋 俊(しおや とし、1956年8月5日[1] - 2013年6月5日)は、日本俳優映画監督

人物[編集]

大分県大野郡野津町[2](現・臼杵市)出身。本名 塩屋 智章(しおや のりあき)[3]

慶應義塾大学文学部教育学科卒業[1]。大学在学中、「モデル・プロダクション」(東京学生英語劇連盟)に参加し奈良橋陽子に師事する[3]。元々演出家志望だったが[3]1977年に英語ミュージカル『ヘアー』で主役を演じ、その後芸能界へ進出[3]ネイバーフッド・プレイハウスのメソッド演技のレッスンを受け、以後国内外を問わず、テレビ、映画作品等への出演を重ねる。

1994年、「塩屋俊アクターズクリニック」を設立(現「アクターズクリニック」)。自身の俳優業と並行して主宰として後進の育成に力を注いでいた[4]

2013年6月5日、公演先の宮城県仙台市東北電力ホールの楽屋で倒れ、仙台市内の病院へ救急搬送されたものの、同日午後2時56分、急性大動脈解離のために死去[5]。56歳没。死後、2014年3月に臼杵市市民栄誉賞が贈られた[2]

死去後、個人事務所の「ウィル・ドゥ」は破産し消滅したが[6]、「アクターズクリニック」は後進の手に引き継がれ現在も続いている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

バラエティー番組[編集]

ラジオ[編集]

監督作品[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1984年2月3日号 48頁「プロフィール」
  2. ^ a b 広報うすき 2014年5月 5頁「故 塩屋俊さん 臼杵市市民栄誉賞受賞」
  3. ^ a b c d 週刊TVガイド 1984年11月16日 116頁「出番です」コーナー
  4. ^ “俳優・映画監督の塩屋俊さん死去”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2013年6月7日). https://www.j-cast.com/2013/06/07176809.html 2020年7月13日閲覧。 
  5. ^ “俳優、映画監督の塩屋俊さん死去…急性大動脈解離”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年6月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/06/07/kiji/K20130607005959010.html 2016年12月13日閲覧。 
  6. ^ “代表の塩屋俊氏死去で業績悪化 ウィル・ドゥが破産”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/26/kiji/K20140326007851690.html 2020年7月13日閲覧。 

外部リンク[編集]