シャクシャイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャクシャイン像・碑文

シャクシャイン沙牟奢允アイヌ語サクサイヌ saksaynu または クサイヌ Samkusaynu1606年慶長11年)? - 1669年11月16日寛文9年10月23日))は、江戸時代前期のシベチャリ(北海道日高管内新ひだか町静内)のアイヌの首長[1]

経歴[編集]

シャクシャイン城址
シャクシャイン城址碑 碑文

シャクシャインは、シベチャリ(現在の新ひだか町)以南の日高地方及びそれ以東の集団であるメナシクルの首長であった。メナシクルは、現在の新冠町から白老町方面にかけての集団であるシュムクルとシベチャリ川(静内川)流域の領分を巡って遅くとも1648年から対立していた。メナシクルの先代の首長であるカモクタインはシュムクルの首長・オニビシとの1653年の抗争により殺害され、副首長であったシャクシャインが首長となった。

シャクシャインはシベチャリ川下流東岸、シベチャリチャシ(砦)を拠点としていた(現・新ひだか町静内地区)。オニビシはシベチャリ川上流西岸のハエのチャシを拠点としていた(現日高町門別地区)。両者は松前藩の仲介によって講和するが寛文年間(16611673年)に対立が再燃し1668年4月、シャクシャインがオニビシを殺害。報復のため、ハエは松前藩に武器の援助を申し出るが拒否される。さらに使者が帰路に急病死すると、使者は松前に毒殺されたという風説が広り、皮肉にも対立していたシベチャリとハエを一つにまとめるものであった。

シャクシャインは蝦夷地全域のアイヌ民族へ松前藩への戦いを呼びかけた。1669年6月、シャクシャインの指導するアイヌ軍は松前藩へ蜂起を起こした。これがシャクシャインの戦いである。蜂起は各地で発生し砂金掘りや交易に訪れた舶や鷹待を攻撃、和人を殺傷した。シャクシャインは松前を目指し進軍、7月末には現在の山越郡長万部町クンヌイまで攻め進んだ。松前藩から急報を受けた徳川幕府東北へ松前藩に対する援軍や鉄砲・兵糧の供与を命じ実行された。

クンヌイでの戦闘は8月上旬頃まで続くが、シャクシャイン勢が和人側の妨害により渡島半島のアイヌと連携できなかったのに対し、松前軍は幕府や東北諸藩の支援を受け、鉄砲を多数装備していた。これにより戦いはシャクシャイン側の劣勢となり、シャクシャイン軍はクンヌイからの敗退を余儀なくされた。シャクシャインは10月23日(11月16日)に現在の新冠町にあたるピポクの松前藩陣営で謀殺され、指導者を失った蜂起者たちは松前軍に降伏した。

記念物[編集]

シャクシャイン像[編集]

シャクシャイン像(新ひだか町真歌公園)
シャクシャイン像碑文

1970年9月15日、シャクシャインのチャシが遺跡として残る新ひだか町・真歌公園に、シャクシャイン顕彰会によって銅像が建立された。このシャクシャイン像は和人の彫刻家竹中敏洋の作品である。

1972年9月20日結城庄司ら5人がシャクシャイン像の台座に刻まれていた町村金五知事(当時)の名を削り取る事件があった。犯行に新左翼太田竜が加わっていたことから、警察札幌オリンピックを控えた時期を狙った過激派による事件とし、全国指名手配の末1974年に結城らを逮捕した。しかしこの事件で有罪となったのは太田のみで、結城や足立正生新谷行など他の4人は起訴猶予となった。

シャクシャイン古戦場跡碑[編集]

2016年10月28日、長万部町は国縫川ほとりの旧国縫小敷地に「シャクシャイン古戦場跡碑」を設置して除幕式が行われた[1]。この碑は台座からの高さ2m、幅3m、奥行き1mの大きさで御影石製である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 北海道新聞; 斉藤高広 (2016年10月29日). “「犠牲者に鎮魂の誠を」 シャクシャイン古戦場跡碑除幕式 長万部” (日本語). どうしんウェブ/電子版 (札幌市: 株式会社北海道新聞社). オリジナル2016年10月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161030082026/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0332249.html 2017年6月29日閲覧。 

関連項目[編集]