シャクシャイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャクシャイン
01シャクシャイン像(斜め)IMG 6337.jpg
シャクシャイン像(初代)
生誕1606年慶長11年)?
北海道日高地方
死没1669年11月16日寛文9年10月23日
ピポク松前藩陣営(現、北海道新冠町
死因暗殺
記念碑銅像(新ひだか町
民族アイヌ民族
職業惣乙名

シャクシャイン沙牟奢允アイヌ語サクサイヌ saksaynu または クサイヌ Samkusaynu1606年慶長11年)? - 1669年11月16日寛文9年10月23日))は、江戸時代前期のシベチャリ(北海道日高管内新ひだか町静内)のアイヌ一部族の首長惣乙名[1][注釈 1]

経歴[編集]

シャクシャイン城址
シャクシャイン城址碑 碑文

シャクシャインは、シベチャリ(現在の新ひだか町)以南の日高地方及びそれ以東の集団であるメナシクル惣乙名であった。メナシクルは、現在の新冠町から白老町方面にかけての集団であるシュムクルとシベチャリ川(静内川)流域の領分を巡って遅くとも1648年から対立していた。メナシクルの先代の惣乙名であるカモクタインはシュムクルの惣乙名・オニビシとの1653年の抗争により殺害され、小使であったシャクシャインが惣乙名となった。

シャクシャインはシベチャリ川下流東岸、シベチャリチャシ(砦)を拠点としていた(現・新ひだか町静内地区)。オニビシはシベチャリ川上流西岸のハエのチャシを拠点としていた(現日高町門別地区)[注釈 2]。両者は対立していたが、松前藩の仲介によっていったん講和した[4]。しかし、寛文年間(16611673年)には両者の対立が再燃し、1668年4月、シャクシャインがオニビシを殺害した[4]。報復のため、ハエは松前藩に武器の援助を申し出たが拒否された[4]。ハエの使者が帰路に天然痘のため急死すると、使者は松前に毒殺されたという風説が広り、皮肉にも対立していたシベチャリとハエが一つにまとまったのであった[4]

1669年の時点で、松前藩とアイヌの交易は松前藩側に圧倒的に有利で、アイヌにとって商場交易は八方ふさがりの状態にあった[4]。シャクシャインは蝦夷地全域のアイヌへ松前藩への戦いを呼びかけた[4]1669年6月、シャクシャインの指導するアイヌ軍は松前藩へ蜂起を起こした[4]。これがシャクシャインの戦いである[4]。蜂起は各地で発生し砂金掘りや交易に訪れた舶や鷹待を攻撃、和人を殺傷した[4]。シャクシャインは松前を目指し進軍、7月末には現在の山越郡長万部町クンヌイまで攻め進んだ[4]。松前藩から急報を受けた徳川幕府東北へ松前藩に対する援軍や鉄砲・兵糧の供与を命じ実行された[4]

クンヌイでの戦闘は8月上旬頃まで続くが、シャクシャイン勢が和人側の妨害により渡島半島のアイヌと連携できなかったのに対し、松前藩は幕府や東北諸藩の支援を受け、鉄砲を多数装備していた。これにより戦いはシャクシャイン側の劣勢となり、シャクシャイン軍はクンヌイからの敗退を余儀なくされた[4]。シャクシャインは10月23日(11月16日)に現在の新冠町にあたるピポクの松前藩陣営で謀殺された[4]。戦争は約3年続いたが、指導者を失った蜂起者たちは最終的に松前軍に降伏した[4][注釈 3]

記念物[編集]

シャクシャイン像[編集]

真歌公園内初代シャクシャイン像(現在ブロンズ像に再生して同新ひだか町花園地区に設置された)
初代

1970年9月15日、シャクシャインのチャシが遺跡として残る新ひだか町・真歌公園に、任意団体「シャクシャイン顕彰会」によって強化プラスチック製の立像が有志の寄付により建立され、1976年に静内町に寄贈された[5][6]。このシャクシャイン像は彫刻家竹中敏洋がデザインしたもので[7]、像は高さ3.5m、杖の先までの長さは4.2m[5]。「風をはらんだカッコロ(マント)を背に、エキㇺネクワ(山杖)を右手にかざし、神の祈りを聞くシャクシャインの姿」を表現したもので、一部に言われている松前藩の方向へ怒りを表した姿ではないことが、1972年9月30日に発行された児童書「明日に向かって アイヌの人びとは訴える」によって記されている[8]。毎年9月には、像の前で全道からアイヌの人々を集めた法要祭を行っている[6]

1972年9月20日結城庄司ら5人がシャクシャイン像の台座に刻まれていた町村金五知事(当時)の名を削り取る事件があった。犯行に新左翼太田竜が加わっていたことから、警察は札幌オリンピックを控えた時期を狙った過激派による事件とし、全国指名手配の末1974年に結城らを逮捕した。しかしこの事件で有罪となったのは太田のみで、結城や足立正生新谷行など他の4人は起訴猶予処分となった。

その後老朽化により2代目(後述)の建造計画が発表されると、シャクシャイン顕彰会が設立時に込められたアイヌと和人の寄付だけで設立された日本初の和合の証である歴史に重きを置き、子どもたちの未来に向けられた像の解体に反発、新ひだか町は新像完成後に旧像撤去を行う方針だったものの顕彰会の申し出を受けて保留し、町・アイヌ協会・顕彰会による3者会談を行ったが[6]、協議は平行線をたどり一旦旧像を残したまま新像も立てる方針とするも[9]、結局、9月20日に新ひだか町は「老朽化が進み、倒壊の恐れがあり危険」として旧像を一方的に撤去した[10]。さらに、2021年11月には、残された初代ユカルの塔や初代シャクシャイン像の台座(全道からアイヌの仲間が大切に持ち寄った黒曜石や、子どもたちが川から拾った石が埋め込まれていた)やシャクシャイン顕正会の解説が刻み込まれた石碑などすべてが撤去され更地となった[11]

2018年10月にはシャクシャイン顕彰会が町による旧像の撤去を「対応が乱暴で納得いかない」として、旧像の型枠を用いた独自の再建計画を検討し[12]、約1,700万円の寄付を集めた上でブロンズを用い旧像を再建し2020年10月にお披露目され新ひだか町内の倉庫で保管されていた[13]。2022年春、真歌山の砦があった場所から新ひだか町の街並みを挟んで対面にあるコタンがあったとされる花園地区に、ブロンズに再生されたシャクシャイン像が設置された。

2代

2015年、新ひだかアイヌ協会が老朽化を理由に、協会をNPO法人化し寄付を募る形で像の建て替えを決定した[5]。政府のアイヌ新法検討を踏まえ穏やかな表情のデザインによる新像の発注を行い[6]、手のひらを上にしてオンカミ(拝礼)をする姿をかたどった高さ約4メートルの燐青銅で、2018年9月23日の法要祭で披露された[14][15][注釈 4]。この像については、「シャクシャインの戦い」という歴史を捏造するものという指摘もある[10]

シャクシャイン古戦場跡碑[編集]

2016年10月28日、長万部町は国縫川ほとりの旧国縫小敷地に「シャクシャイン古戦場跡碑」を設置して除幕式が行われた[1]。この碑は台座からの高さ2メートル、幅3メートル、奥行き1メートルの大きさで御影石製である[1]

シャクシャイン祭り[編集]

昭和45年(1970)9月、アイヌの人々と和人の間でひとつのプロジェクトが敢行された。当時シャクシャイン顕正会が立ち上げられ、教育者を中心にアイヌの人々に対する差別をなくすための取り組みの一環として行われた初代シャクシャイン像設立の事業である。

和人も含む地域の一軒一軒から募金を募り、全道からアイヌの人々にとって最も貴重とされている黒曜石が集められ台座に埋め込まれるなど、激しいアイヌ差別が起きてからの日本で初めてアイヌの人々と和人が手を取り合う共同作業となった。

差別と対立のない未来は子どもたちへの教育からと考え、初代シャクシャイン像のお披露目会には子どもたちを招待している。

その後毎年、9月23日には真歌山でシャクシャイン法要祭が開かれ、全道のアイヌが集まって伝統文化を披露していた[10]

「初代シャクシャイン像は戦いの姿をしている」という誤った認識が広められると共に、老朽化を理由に像が撤去される。有志が募金を集め新たにブロンズ像を制作してお披露目するが、新ひだか町は元の場所への設置を認めなかった。ユカルの塔や記念碑に至るまでのすべてが撤去され更地になり、真歌山には公園の別の場所に建てられた新しい像だけとなる。

残念ながらシャクシャイン法要祭はこの小さな地域において分断の祭りへと姿を変えていく。同じアイヌでもメナシクルとシュムクルの根深い対立がここでもまだ燻っているかのように2つのシャクシャイン像が対峙しているようだ。

2022年9月23日には、新ひだかアイヌ協会が設立した新たなシャクシャイン像の前で新ひだかアイヌ協会主催による法要祭が行われた。

同10月23日には、三石アイヌ協会主催によるアイヌの音楽祭が行われた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アイヌの男性の人名に「〜アイヌ」と付ける場合があり、シャクシャイン、コシャマインなどはそうした例である[2]
  2. ^ チャシの文献における最古の記録はオランダ人マルチン・ゲルリッツエン・フリース1643年アッケシに来航した際のものであるが、考古学の成果からすれば16世紀から18世紀にかけて多くつくられたと考えられている[3]。地域的には、釧路根室十勝、日高の順に多く、伝承からすればアイヌ同士の抗争に用いられたものが圧倒的に多い[3]
  3. ^ 従来はこの戦いののち、松前藩はいっそうアイヌモシリへの侵攻を強めたとみられてきたが、実際にはアイヌモシリ内の砂金掘りや鷹師は減少し、和人による漁労もなくなり、和人の商船が一年のなかで一定期間、アイヌの集落を訪れるだけになっていたことが明らかになっている[4]
  4. ^ 実際の命日の1ヶ月(新旧暦のズレを入れると約2ヶ月)前に行っている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 北海道新聞; 斉藤高広 (2016年10月29日). “「犠牲者に鎮魂の誠を」 シャクシャイン古戦場跡碑除幕式 長万部” (日本語). どうしんウェブ/電子版 (札幌市: 株式会社北海道新聞社). オリジナルの2016年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161030082026/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0332249.html 2017年6月29日閲覧。 
  2. ^ 平山(2018)p.74
  3. ^ a b 平山(2018)pp.96-97
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 平山(2018)pp.109-111
  5. ^ a b c シャクシャイン像建て替えへ 新ひだかアイヌ協 デザイン変更も - 北海道新聞2015年12月15日(Internet Archive)
  6. ^ a b c d 新造か修繕か 新ひだかシャクシャイン像老朽化 「穏やかな姿に」「勇ましい像残したい」・・・結論出ず - 北海道新聞2018年7月25日夕刊
  7. ^ 竹中敏洋氏死去/造形作家 - 四国新聞社 2002年1月9日
  8. ^ 1934-, 郷内, 満; 1934-, 若林, 勝 (1972). 明日に向かって : アイヌの人びとは訴える. 東京: 牧書店. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000792591-00 
  9. ^ シャクシャイン像、新旧並立へ 議論平行線で9月 新ひだか・真歌公園 08/22 05:00 - 北海道新聞2018年8月22日
  10. ^ a b c 平山(2018)p.204
  11. ^ シャクシャイン像 新ひだか町が撤去 老朽化で危険と判断 - 北海道新聞(2018年9月21日)
  12. ^ 旧シャクシャイン像の再建、有志が計画 先月撤去 新ひだか町に土地使用打診 - 北海道新聞2018年10月12日
  13. ^ 復刻シャクシャイン像【新ひだか】 - 日高報知新聞2020年10月20日(北海道ニュースリンク Internet Archive)
  14. ^ 新シャクシャイン像お披露目 新ひだか - 北海道新聞2018年9月23日
  15. ^ 北海道)シャクシャイン像、祈る姿に アイヌ民族の英雄 - 朝日新聞2018年9月24日

参考文献[編集]

  • 平山裕人 『地図でみるアイヌの歴史』明石書店、2018年11月。ISBN 978-4-7503-4756-1 

関連項目[編集]