平村ペンリウク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
写真中央がペンリウク翁

平村 ペンリウク(ひらむら ペンリウク、1833年 - 1903年11月28日)は明治期のアイヌ指導者の一人。平取コタンのコタンコロクル(首長)。

概略[編集]

平取コタンにシュロクの長男として生まれ[1]松浦武四郎『左留日誌』のなかに名前が記されている。幼年から勇敢で、成長してからは同胞の苦難を救うためにしばしば北蝦夷地・樺太に渡る[1]1876年明治9年)、イギリス人宣教師のウォルター・デニングはペンリウクの家に来てアイヌ語を学んだという[2]。1880年(明治13年)、現在の平取町立平取小学校の前身である佐瑠太学校・平取分校の設置に尽力し、アイヌの子弟を就学させた[3]1887年(明治20年)には当時の北海道庁長官・岩村通俊に呼ばれて、アイヌの現状を語っている[1]1878年(明治11年)、イギリス人の旅行者イザベラ・バードを迎え、バードはその滞在の思い出を紀行文に残した[4]。1879年(明治12年)、平取コタンを訪問したイギリス人宣教師ジョン・バチェラーにアイヌ語を教えている[5]。71歳で亡くなったとき、その遺産は土地や馬を合わせて千円もあったという[1]。平取町の義経神社の境内には「頌徳碑」が建立されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 河野常吉『北海道史人名字彙』北海道出版企画センター、1979年、306p。
  2. ^ 仁多見巌『アイヌの父ジョン・バチェラー』楡書房、1963年、28-29p。
  3. ^ 橘文七『北海道史人名辞典 第4巻』北海道文化資料保存協会、1957年、6p。
  4. ^ I・バード『イザベラ・バードの日本紀行』講談社学術文庫、2008年、80-146p。
  5. ^ J・バチェラー『ジョン・バチラー自伝 我が記憶をたどりて』文録社、1928年、170p。

参考文献[編集]

  • ジョン・バチェラー『ジョン・バチラー自伝 我が記憶をたどりて』文録社、1928年
  • 貝沢正「平村ペンリウク翁をしのぶ」『先駆者の集い』23号)
  • イザベラ・バード『イザベラ・バードの日本紀行』講談社講談社学術文庫》、2008年
  • 『エカシとフチ』編集委員『資料編 文献上のエカシとフチ』
  • 土橋芳美『痛みのペンリウク:囚われのアイヌ人骨』草風館、2017年