マキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイヌマキリ

マキリとは、日本語の「爪切(つまきり)」から派生した、マタギを始めとした日本猟師に用いられている狩猟刀、または漁業従事者に用いられる漁業包丁の名称である。より大型のものは「ナガサ」と呼ばれて区別される。

また、アイヌ民族が日常生活の中で汎用刃物として様々な用途に用いる短刀も“マキリ”と呼ばれるが、これは日本語から移入されたアイヌ語である(後節「#マキリという名称について」参照)。こちらもより大型のものは「タシロ」と呼ばれて区別される。

マキリという名称について[編集]

アイヌの漁師を描いた絵。左腰にマキリを提げている(1843年)

アイヌ民族によって用いられている短刀”としての「マキリ」という名称は、日本語の爪打刀(つめうちかたな)の略称である爪切(つまきり)から頭音脱落する形でアイヌ語に導入されたと考えられているが、頭音脱落する形で小刀をマキリと呼び習わしていた青森秋田岩手能登出雲のいずれかの地域から直接マキリという語を導入した可能性もある[1][2]。いずれにしても、アイヌは金属精錬技術を持たず[3]金属器はすべて日本から輸入していたので、呼称に関してもマキリだけ例外ということは考え難い。それに加え北海道に輸出されたすべてのマキリとタシロは1785年時点では酒田鍛冶によってニシン解体用に生産された包丁だったとされる[4]。これは北前船の西廻り航路でのニシンを中心とした流通経路と、日本人の下でニシン漁と加工を請け負っていたアイヌが日本人から提供されたニシン解体用のマキリに汎用性や有用性を見出した事が理由だと思われる。

明治32年(1899年)の鳥居龍蔵の調査によるとオホーツク海沿岸のアイヌはマキリは本来「エペラ」という呼び名であり、「マキリ」というのは日本人のことばだと証言している[5]。さらに、日高胆振では「マキリ」だけが記憶されており、当地のアイヌはそれを固有語だとしているが[6]寛政3年(1791年)に菅江真澄が胆振の虻田で小刀の名称として「エペラ」という語を記録しているので[7]、少なくとも1791年時点ではマキリは日高や胆振で小刀は「エペラ」と呼ばれており、「マキリ」という呼称はそれ以後に移入されたもので、アイヌの固有語ではないことを示している[6]

その他の北海道アイヌの部族では小刀を「エイワケ」「エイワキ[8][9]イケレッフ[10]等と呼称していたことが知られている。なお、それらの呼称は元々は石器の小刀を指す言葉であり[6]、日本製の鉄製小刀との区別のために「マキリ」という呼称が日本から導入された可能性が高い。

近年、アイヌのマキリ以外の“マキリ”について「アイヌ語から[11]北海道以外の日本の漁業者やマタギが使う「マキリ」はアイヌ語やアイヌのマキリに由来する」「アイヌのマキリが伝えられて日本独自の刃物として発展した」と記述されていることがあるが、それはアイヌのマキリが本来のマキリよりもはるかに有名になっているためであり、情報の混乱が見られる。

和人のマキリ[編集]

日本では「武具ではない、主に狩猟や漁に用いる小型の刃物」を指す言葉として“マキリ”の語が用いられており、マタギの用いる大型の狩猟刀及び小型の皮剥刀、もしくは中~小型の狩猟用ナイフ、漁師の用いる合口様式の漁業用包丁が「マキリ」と呼称されている例が見られる。

それらの刀剣類は「魔切」「間切(包丁)」といった漢字で記述されていることがあるが、これらは上述の通り“爪打刀”に由来する当て字であり、アイヌ語との関連はない。

アイヌのマキリ[編集]

北海道全域のアイヌの各部族も「武具ではない、主に狩猟や漁に用いる小型の刃物」を指す言葉として“マキリ”の語を用いている。

それらのマキリの中でも特に小型で女性用、又はアイヌ男性によってアイヌ女性に贈られたマキリを特別に「メノコマキリ」と呼び分けることもある。

それらのマキリはイタヤカエデの様な比較的硬い木や鹿角を材料としたアイヌ独自の装飾が施された鞘や柄を持ち、その装飾のなかでもウロコ彫りと呼ばれる地模様は他に類を見ないアイヌ独自の手法で彫られる。

鞘や柄の形態や装飾はアイヌの部族によって異なり桜の皮で縫い合わされたもの、水抜き用の穴があるもの、木や角製の根付がつくものなど様々な種類がある。

ギャラリー[編集]

マキリ
アイヌマキリ

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 橘正一:著 『方言学概論』第九章「東北方言からアイヌ語へ」 昭和11年(1936年)
    大阪大学大学院文学研究科・文学部データベース(PDFファイル)※2020年12月18日閲覧
  2. ^ 津村量定:文 『角館時報』 昭和12年3月23日
  3. ^ 岩手県立博物館研究報告 第 32 号 2015年3月(PDFファイル
  4. ^ 林子平:著 『三国通覧図説』天明5年(1785年)
  5. ^ 鳥居龍蔵:著 "Etudes Archeologiques et Ethnologiques.Les Aenou des Iles Kouriles." 東京帝国大学理科大学紀要第42冊第1編 大正8年(1919年)
    邦訳版:『鳥居龍蔵全集』第5巻「考古学民族学研究・千島アイヌ」p.331-553 朝日新聞社:刊 1976年)
  6. ^ a b c 国立アイヌ民族博物館>公益財団法人 アイヌ民族文化財団>アイヌ語辞典>日本語名:アオダモ(アイヌ語名:イワニ)(参考2) ※2020年12月18日閲覧
  7. ^ 菅江真澄:著 『蝦夷迺天布利』 寛政3年(1791年)
  8. ^ 松宮観山:著 『蝦夷談筆記』上巻 寛永7年(1630年)
  9. ^ 河野常吉:編 『正徳5年松前志摩守差出候書』(犀川會資料 第5號) 明治40年(1907年)
    (収録:高倉新一郎:編 『犀川会資料 全 -北海道史資料集-』 北海道出版企画センター:刊 1982年8月)
  10. ^ 新井白石:編 『蝦夷志享保5年(1720年)
  11. ^ コトバンク>マキリ - 精選版 日本国語大辞典の解説 ※2021年1月1日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]