辨開凧次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エカシバ 辨開凧次郎

辨開 凧次郎(べんかい たこじろう、1847年弘化4年)6月 - 1924年大正13年)10月23日)は、アイヌ家畜商[1]、のちに許可を受けて獣医を兼業した[2]アイヌ語によるアイヌ名は『エカシバ』(偉大で何でもできうる)[1]。なお、「辨開」を「弁開」と表記することも多い[3]

経歴[編集]

八雲町内にあった落部コタンに生まれ、20歳で落部コタンのリーダーとなる。当時の獣医にあたる伯楽の活動で周囲から尊敬を受け[4]薬草の知識もあり[4]、また造園家としても活躍した[5]

1900年明治33年)、皇太子明宮嘉仁親王に、ヒグマ2頭を献上する[6]。この時のアイヌ正装姿の写真が小学校教科書にアイヌ風俗として載る[1]

1902年(明治35年)1月24日より八甲田雪中行軍遭難事件が発生した際、凧次郎は、6人以上のアイヌ[7]からなる救出捜索部隊を組織し隊長となり[8]2月9日八甲田山で遭難者の捜索活動を展開する[8][9]。地元民から歩兵第5連隊が遭難した周辺の地名を聞き出し、退避しそうな場所を重点的に探索するという遺体収容手法によって注目される[5]。同年4月22日に、作業終了する。67日間の捜索活動で遺体11体と多数の遺品を発見した[3]

1924年(大正13年)10月23日[注 1]、朱太川を渡ろうとして丸木橋から転落、死去した[1][8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『北の生活文化』179頁では「10月22日」。

出典[編集]

  1. ^ a b c d コトバンク 弁開凧次郎 デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
  2. ^ 荒井源次郎 『アイヌ人物伝』公報社、1992年、P.10頁。 
  3. ^ a b “八雲・落部のアイヌ民族リーダー 弁開凧次郎 知られざる功績 八甲田遭難捜索に協力”. 北海道新聞. (2017年7月21日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sdonan/1-0423249.html 2017年7月23日閲覧。 
  4. ^ a b 『北の生活文化』178頁。
  5. ^ a b 室蘭アイヌ語地名とアイヌユーカラ 33~34p
  6. ^ 八雲町まちづくりグループ
  7. ^ 第10編 文化(デジタル八雲町史)に名前が書かれているのは辨開凧次郎を含めて7人。元になっている『遭難始末歩兵第5連隊出版)』の捜索隊・人夫欄「北海道土人8人」。
  8. ^ a b c 『北の生活文化』179頁。
  9. ^ 八甲田山雪中行軍悲話 - 捜索救護隊の活躍

参考文献[編集]

  • 宮良高弘著『北の生活文化』第一書房、1992年。

外部リンク[編集]