イワエトゥンナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イワエトゥンナイ(iwaetunnay)は、北海道アイヌ民族に伝わる妖怪。別称として、モシレチクチクイワエチクチク(mosirecikcik iwaecikcik)がある。

日本語の文献では「イワエツゥンナイ」という表記も見られる。

山の中に棲んでいる一つ目の化け物で、空を飛ぶことができる。

進路が障害物で阻まれている際には、樹木であろうが硬い岩であろうが、どんなものでも突き抜けて飛ぶという。障害物に穴を開けて通り抜けるという説もある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 吉田巌「アイヌの妖怪説話」『人類学雑誌』第29巻第10号、日本人類学会、1914年10月。
  • 中川裕 『アイヌ語千歳方言辞典』 草風館、1995年、ISBN 4-88323-078-3