バチェラー八重子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バチェラー八重子(バチェラーやえこ、1884年明治17年)6月13日 - 1962年昭和37年)4月29日)は、アイヌ歌人キリスト教伝道者。「バチラー八重子」とも表記される[1]

生涯[編集]

1884年明治17年)6月13日、北海道伊達町有珠戸籍名は「向井八重子」、幼名は「フチ」として生まれる[2]。父は、アイヌ豪族の向井富蔵で、アイヌ名はモコッチャロであった[2]。母は、フッチセであった[2]。なお、弟に向井山雄がいる[2]。父の向井富蔵は、イギリス人の聖公会宣教師ジョン・バチェラーを信頼し、娘の八重子の受洗を承認するまでになる。八重子が11歳の時、父の富蔵が亡くなる。13歳の時、ジョン・バチェラーを頼り、札幌に出て、バチェラーが運営する「アイヌ・ガールズスクール」に通う[2]。さらに、東京のミッション・スクール香蘭聖書学校に通う[2]

1906年(明治39年)、八重子は、ジョン・バチェラーの養女となる[2]。22歳のことであった。なお、ジョン・バチェラーには、妻のルイザがいて、彼女ルイザがバチェラー八重子の養母となる[2]1908年(明治41年)、養父母とともにシベリア鉄道経由で英国に行き、カンタベリー大主教から伝道師として任命される[2]平取幌別の聖公会で伝道活動を展開する[2]。滞在中、各地で講演を行った。帰国後、北海道の幌別平取の聖公会教会で伝道活動を展開した。1912年(明治45年)には、ジョン・バチェラーと共に、樺太に行き、伝道活動を行う[2]

1931年昭和6年)に、バチェラー八重子による短歌の歌集『若きウタリに』が出版される[2]。同年、養母ルイザ・バチェラーが死去し、札幌円山墓地に葬る[2]1940年(昭和15年)12月、太平洋戦争が始まると、敵性外国人として、養父ジョン・バチェラーは帰国させられ、1944年(昭和19年)に死去する。八重子は、日本に残したジョン・バチェラーの蔵書250冊ほどとその他の遺品を自宅に保管する[2]

1962年(昭和37年)4月29日関西旅行中に京都にて死去する[2]。77歳であった。

著書[編集]

  • 『若きウタリに』佐佐木信綱編、竹柏会〈心の華叢書〉、1931年4月。全国書誌番号:54014368
  • 『写真集 若きウタリに』掛川源一郎写真、研光社、1964年8月。全国書誌番号:64006700
  • 「若きウタリに」『近代民衆の記録 5 アイヌ』新人物往来社、1972年6月。全国書誌番号:73022528
  • 『若きウタリに』北海道編集センター〈復刻双書<北海道の名著> 第2巻〉、1974年2月。全国書誌番号:75003502
  • 「若きウタリに」『アイヌ民族の魂』立風書房〈北海道文学全集 第11巻〉、1980年11月。全国書誌番号:81010750
  • 『若きウタリに』岩波書店岩波現代文庫 文芸78〉、2003年12月。全国書誌番号:20549106ISBN 9784006020781
  • 「若きウタリに(抄)」『現代アイヌ文学作品選』川村湊編、講談社講談社文芸文庫〉、2010年3月。全国書誌番号:21734025ISBN 9784062900799
  • 「若きウタリに」『民衆史の遺産 第13巻』谷川健一大和岩雄責任編集、大和書房、2018年7月。全国書誌番号:23071964ISBN 9784479861133

伝記等[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ バチラー夫妻記念堂”. 北海道伊達市. 2021年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 文筆活動に生きた女性(向井八重子)”. 日本キリスト教女性史(人物編). 2021年2月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]