テレビはこれだ!ドラマが3つも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テレビはこれだ!ドラマが3つも
ジャンル テレビドラマ / バラエティ番組
脚本 才賀明渡辺武信ジェームス三木
演出 日向宏之豊原隆太郎ほか
監修 久世光彦
出演者 堺正章
松岡きっこ
品川隆二
高橋元太郎
西村晃
岡崎友紀
石立鉄男
坂上二郎
三ツ矢歌子
坂本スミ子
名古屋章
製作
プロデューサー 日向宏之
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1971年10月17日 - 同年12月26日
放送時間 日曜20:00 - 20:56
放送枠 TBS日曜8時枠の連続ドラマ
放送分 56分
回数 10

テレビはこれだ!ドラマが3つも』(テレビはこれだドラマがみっつも)は、1971年10月17日から同年12月26日までTBS系列の日曜20:00 - 20:56(JST)に放送された、バラエティ仕立てのオムニバステレビドラマである。全10回。略称は『テレこれドラサン』。

概要[編集]

それまで放送された『日曜8時、笑っていただきます』をリニューアル、堺正章(『日曜8時』から引き続き)の魅力を活かして、60分の枠内で3つのドラマにより構成する、異色のバラエティドラマ[1]

内容は3つからなり、股旅時代劇「ばか殿漫遊記」、ヒーロー活劇物「大活劇カンチョーマン」、人情喜劇「ぼくの女房は8つうえ」からなる。

ドラマ内容[編集]

ばか殿漫遊記[編集]

弱虫で女嫌いの丹後・宮津の若君(堺)が、政略結婚で迎える花嫁から逃げて諸国漫遊に出掛け、行く先々で女難剣難に出会う。

『大河ドラマ』に対抗した時代劇で、内容は同局放送の『てんてこ漫遊記』(朝日放送制作)に似ている。

大活劇カンチョーマン[編集]

怪盗リュックサック(坂上)と戦う頼りないヒーロー「カンチョーマン」の活躍を描く。ヒロインの名は夢子。

変身ブームに便乗したヒーロー物。ウルトラセブンがゲスト登場したこともある[1]

ぼくの女房は8つうえ[編集]

豆腐屋を舞台に、豆腐屋の女主人(三ツ矢)と、その8つ違いの夫で店員のオサムの下町人形喜劇。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「Column テレビ番組中のパロディヒーローコーナー」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房/イオン編、竹書房、1995年11月30日、163頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9

参考資料[編集]

テレビドラマデータベース

関連項目[編集]

TBS 日曜20時枠
前番組 番組名 次番組
テレビはこれだ!ドラマが3つも