松岡きっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつおか きっこ
松岡 きっこ
本名 岩谷 紀公子(いわたに きくこ)
生年月日 (1947-02-11) 1947年2月11日(70歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優タレント司会者
ジャンル テレビドラマバラエティ番組
配偶者 谷隼人
主な作品
テレビドラマ
アイフル大作戦』/『バーディー大作戦
バラエティ番組
巨泉×前武ゲバゲバ90分!』/『11PM
シャボン玉こんにちは
スター家族スタジオ

松岡 きっこ(まつおか きっこ、1947年2月11日 - )は、日本女優タレント司会者東京都出身。本名は岩谷 紀公子(いわたに きくこ)、旧姓は松岡。夫は俳優谷隼人。3人姉弟の長女(妹1人、弟1人)。池坊短期大学卒業[1]。身長158cm。

来歴・人物[編集]

幼少の頃より劇団若草に在籍、子役として活躍。その後は『吸血髑髏船』やクレージーキャッツの映画などに出演。男性誌のグラビアでは水着で巨乳を披露し、在日米陸軍である星条旗新聞社発行の新聞に美貌の日本人女性として写真入りで紹介されたことがある。レギュラー出演した『アイフル大作戦』と続編の『バーディー大作戦』では、それまでエキゾチックな美女を演じることが多かったのとは対照的にコミカルな演技を見せている。女優業の合間に『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』、『11PM』、『スター家族スタジオ』や司会者として『シャボン玉こんにちは』などのバラエティ番組にも出演してきた。

1981年谷隼人と結婚。おしどり夫婦としても知られ、複数のドラマ・バラエティー・旅番組を共演してきた。全日本女子プロレス中継の解説では「女子プロレスの母」とも呼ばれていた。1981年秋頃、『独占!!スポーツ情報』内の芸能人模擬ドラフト会議企画に広島東洋カープのファンとして出演し、後に同球団へ入団する津田恒実を抽選で引き当てたことがある。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 鉄道公安36号NET
    • 第93話「遥かなるおもかげ」(1965年)
    • 第158話「刺青の少女」(1966年)
  • ザ・ガードマンTBS / 大映テレビ室
    • 第148話「風と火の呪い」(1968年)
    • 第169話「結婚式大泥棒」(1968年)
    • 第184話「悪党コンビの狂ったバカンス」(1968年)
    • 第238話「女がライバルを殺す方法」(1969年)
    • 第258話「歌手は整形美容で殺される」(1970年)
    • 第275話「60才の花嫁・残酷物語」(1970年)
    • 第289話「蝶々の惚れた男で苦労する」(1970年)
    • 第295話「女の出世は結婚サ!」(1970年)
    • 第314話「女二人ヨーロッパ珍道中」(1971年)
    • 第318話「夫を盗まれた妻の復讐」(1971年)
    • 第331話「ドッキリ喜劇・ヌード売ります!」(1971年)
  • ローンウルフ 一匹狼 第32話「殺意の夜景」(1968年5月21日、日本テレビ / 東映
  • キイハンター (TBS / 東映)
    • 第9話「海に消えた女」(1968年6月1日)
    • 第42話「情無用の殺人旅行」(1969年1月18日)
    • 第98話「金塊列車は地獄に停る」(1970年2月14日)
    • 第167話「ミイラと棲む女の館」(1971年6月12日)
    • 第197話「顔のない女の墓標」(1972年1月8日)
    • 第235話「脱獄囚バッド・ファーザー」(1972年9月30日)
  • マイティジャック 第13話「怪飛行船作戦」(1968年、フジテレビ
  • プロファイター 第5話「かわいい非情な女」(1969年2月2日、日本テレビ / 宝塚映画
  • 水戸黄門第一部 第6話「暁を駆ける -藤枝宿-」(1969年9月8日、TBS / C.A.L) - 加世
  • オレンジの季節 (1971年、フジテレビ) - 富士山きっこ
  • シークレット部隊 第14話「スリラー・女の密室で何が起こったか」(1972年7月7日、TBS / 大映テレビ
  • 眠狂四郎 第3話「刃は時雨に濡れた」(1972年10月17日、関西テレビ / 東映)
  • 太陽にほえろ! 第9話「鬼刑事の子守歌」(1972年、NTV / 東宝) - 牧村紀子
  • 伊豆の踊り子(1973年、関西テレビ)
  • アイフル大作戦 (1973 - 1974年、TBS / 東映) - 井口マリ
  • バーディー大作戦 (1974 - 1975年、TBS / 東映) - 井口マリ

バラエティ番組[編集]


外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.559

関連項目[編集]