鈴木治彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき はるひこ
鈴木 治彦
プロフィール
愛称 治さん
出身地 日本の旗 日本 神奈川県藤沢市
生年月日 (1929-08-18) 1929年8月18日(89歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学経済学部
活動期間 1955年 -
ジャンル 相撲中継、歌謡演芸番組、ワイドショー
担当番組・活動

鈴木 治彦すずき はるひこ1929年8月18日 - )は、日本のアナウンサー。愛称は「治さん[1]味の素創業者一族・鈴木家の一人[2]

神奈川県藤沢市出身。

1955年4月、アナウンサーとしてラジオ東京(現在のTBS)入社。1984年8月にTBSを定年退職[3][4]、フリーとなり、アナウンサー活動の他に歌舞伎解説・トークショー、宝塚のトークショー、ハワイアン司会、ジャズプロデュース・司会、旅、食べ歩き、料理と多種多様な趣味を仕事に取り入れ生かしていて、ボランティア活動として盲導犬育成基金の一助にとチャリティーコンサートも開催する等講演活動[5]、Gフロンティアジャパン協会顧問も務める。[6]

来歴[編集]

1955年4月、第4期アナウンサーとしてラジオ東京(現在のTBS)入社(同期には田畑国夫増子智英松野道男柳広武大沢嘉子杉田喜代子高橋作子松浦園子[7][8]1966年1月にラジオ局放送部兼テレビ編成局アナウンス部に所属[4]1967年11月15日にはアナウンサー研修室設置に伴いチーフ・アナウンサーへ就任[9]。その後、テレビ本部編成局朝ワイド制作部兼ラジオ局アナウンス室(1971年2月)、報道局朝ワイド制作部(1976年11月)、第二制作局朝ワイド制作部(1979年12月)、第二制作局(1981年7月)を経て[4]1984年8月、TBSを定年退職[3][4]、同年9月以降、フリーに。

人物[編集]

慶應義塾中等部3年生の時に相撲中継がやりたくてアナウンサーへの道へ[10][11]

毎年6月に行われる「日本俳優協会賞」表彰式の司会進行も務めている。

父親の鈴木新助は一時期東宝劇団の役者をしていた。新助は、当時中村もしほと名乗っていた中村勘三郎と東宝劇団に入団。勘三郎が亡くなるまで二人は親しかったという。母親は尾上梅幸夫人のいとこにあたる[要出典]

出演番組[編集]

TBSアナウンサー時代[編集]

フリーアナウンサー以後[編集]

著書[編集]

  • 宝塚に愛をこめて(1979年、学研)
  • 奥さま8時半です モーニングジャンボ10年間のうらおもて(1980年、櫂書房)
  • 心を魅きつける話し方12章 もっと好かれる秘訣を教えます(1981年、大和出版)
  • 鈴木治彦の結婚司会術 一味ちがう司会の台本とアイディア(1982年、永岡書店)
  • アナウンサーの独り言(1983年、光風社出版)
  • 女らしい思いやりのすすめ12章 男性に嫌われない秘訣を教えます(1984年、大和出版)
  • この輝きに魅せられて 素敵な人の生き方30章(1989年、広済堂出版)
  • 困ったときの男性・女性あいさつ・スピーチ集 : 冠婚葬祭、おつき合い(1990年、婦人生活社)
  • へえ、それ初耳です 鈴木治彦ビッグウーマン面談(1992年、光人社)
  • 奥様8時半です13年間の泣き笑い
  • 人間ふしぎ発見
  • おやじ魂

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「座談会 炎の声 〜スポーツとともに生きたアナウンサー達〜」、『TBS社報』、東京放送、1997年1月号、 20頁。
  2. ^ 山本文郎 (2006年4月18日). “山本文郎交遊録 文さんのTVワールド 鈴木治彦”. 日刊ゲンダイ. オリジナル2007年12月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071209205526/http://gendai.net/?m=view&g=geino&c=070&no=19712 
  3. ^ a b c d e f g 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、236頁。「鈴木治彦[1984.8定年]『相撲中継、歌謡演芸番組、ワイドショー』 R「私のえらんだヒット曲」「暮らしのダイヤル」「ビアホール名人会」 TV「土曜ロータリー(1965)」「モーニングジャンボ奥様8時半です(1972.4)」」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、8頁。「鈴木 治彦…[66.1R局放送部兼TV編成局アナウンス部][67.11 アナウンサー研修室][71.2 TV本部編成局朝ワイド制作部兼R局アナウンス室][76.11 報道局朝ワイド制作部][79.12 第二制作局朝ワイド制作部][81.7 第二制作局][84.8 定年] 『相撲中継、歌謡演芸番組、ワイドショー』 R「私のえらんだヒット曲(58)」「ただいまお話し中(59)」「歌謡ジョッキー(60)」「TBS歌謡プレゼント(61)」「レッツ・ゴー・ロック(61)」「暮らしのダイヤル(63)」「東芝歌謡パレード(63)」「人気歌手の歌(63)」「ミュージック・スコープ(64)」「ハイ!歌謡曲(64)」「あの歌この歌(66)」「お笑い大行進(66)」「ぐっと越えてる歌謡曲(70)」「ビアホール名人会(81)」 TV「コロンビア・ヒットショー(63)」「土曜ロータリー(65)」「土曜パートナー(65.9.4〜70.9.26)」「モーニングジャンボ(71.4.5)」「モーニングジャンボ奥様8時半です(72.4)」「人間ふしぎ不思議(81)」 ☆67.1.1 テレビ四元宇宙中継「いま世界は明ける」総合司会」
  5. ^ 鈴木 治彦 (講師陣データベース) | 株式会社ブレーン”. ブレーン. 2014年8月31日閲覧。
  6. ^ 役員紹介 - gjapan ページ!”. 2014年8月31日閲覧。 “◆顧問 鈴木 治彦:元TBSアナウンサー・キャスター”
  7. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、236頁。「1955.4<4期生> 9人入社(男5・女4) 鈴木治彦 田畑国夫 増子智英 松野道男 柳 広武 大沢嘉子 杉田喜代子 高橋作子 松浦園子」
  8. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、8-9頁。「55.4 <4期生>9人入社(男5・女4) 応募1100人 鈴木 治彦 田畑 国夫 増子 智英 松野 道男 柳 広武 大沢 嘉子 杉田喜代子 高橋 作子 松浦 園子」
  9. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』 東京放送、東京放送、2002年1月、22頁。「1967年11月15日 『アナウンサー研修室』設置 チーフ・アナウンサー 鈴木治彦、山本文郎」
  10. ^ “鈴木 治彦さん”. タウンニュース茅ヶ崎版 (タウンニュース社). (2014年11月14日). http://www.townnews.co.jp/0603/2014/11/14/259920.html 2017年1月21日閲覧。 
  11. ^ 「座談会 炎の声 〜スポーツとともに生きたアナウンサー達〜」、『TBS社報』、東京放送、1997年1月号、 21頁。
  12. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、18頁。「1965年4月10日 *テレビ婦人向けワイド「土曜ロータリー」誕生 総合司会…池谷三郎  中継アナ…鈴木治彦  アシスタント…清水恵子」
  13. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「1971年4月5日 *テレビワイド番組「モーニングジャンボ」開始(鈴木治彦、玉井 孝ABC)」
  14. ^ レジェンドアナウンサー鈴木治彦さん 「楽しく生きる秘訣は、嫌なことはやらないこと」”. TBSラジオ (2018年3月17日). 2018年3月17日閲覧。