一度だけなら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一度だけなら
野村真樹シングル
B面 涙をかついで行こうよ
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲演歌
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 山口洋子猪俣公章
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン[1]
  • 1970年度年間46位(オリコン)[1]
  • 野村真樹 シングル 年表
    一度だけなら
    1970年
    信じてほしい
    (1970年)
    テンプレートを表示

    一度だけなら」(いちどだけなら)は、1970年(昭和45年)6月5日に発売された、野村真樹(現・野村将希)の歌手デビューシングル。当初は、内山田洋とクール・ファイブの為に企画された曲だったが、急遽新人歌手の野村に譲った経緯が有る(のちに内山田洋とクール・ファイブもアルバムで当曲を歌唱している)。

    概要[編集]

    収録曲[編集]

    1. 一度だけなら
      作詞:山口洋子、作曲・編曲:猪俣公章
    2. 涙をかついで行こうよ
      作詞:阿里あさみ、作曲・編曲:鈴木邦彦

    脚注[編集]

    1. ^ a b c オリジナルコンフィデンス「コンフィデンス年鑑 1970年版」

    関連項目[編集]