走れコウタロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
走れコウタロー
ソルティー・シュガーシングル
B面
リリース
ジャンル フォーク
レーベル 日本ビクター
作詞・作曲 池田謙吉前田伸夫
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1970年度年間26位(オリコン)
  • 1971年度年間20位(オリコン)
  • ソルティー・シュガー シングル 年表
    ああ大学生
    (1969年)
    走れコウタロー
    (1970年)
    ハナゲの唄
    (1970年)
    テンプレートを表示

    走れコウタロー(はしれコウタロー)は、日本のフォークグループ・ソルティー・シュガーの2作目のシングル。1970年7月5日発売。発売後、口コミでチャートの順位を伸ばし、最終的に100万枚近いヒットとなり、ソルティー・シュガーは同年の第12回日本レコード大賞新人賞を受賞している。コミックソングの1つでもあり、発表から40年以上経った現在でも運動会徒競走のBGMとして使われることがある。

    概要[編集]

    元々はバンドの練習などで遅刻を繰り返していた山本厚太郎に対して池田謙吉を中心とした他のメンバーが作ったはやし歌であり、サビの「走れ、走れコータロー」の部分しかなかった。その後、実在する馬コウタロー(後述)がいた影響などもあり、競馬の歌として完成する。

    1969年12月に発表したデビュー作が800枚程度しか売れず、2作目は出せないと諦めていたメンバーだったが、MCや雰囲気が面白いという理由でラジオや学園祭に呼ばれるようになっていった。当初は日本ビクターも静観していたが、この人気を受け、1970年春頃には2作目の発売に前向きになる。ディレクターらとのミーティングの際に「面白い歌はないか?」と聞かれた際に、楽器を持っていなかったが、同曲を即興で披露(伴奏の部分も全部口でやった)したところ、レコード化が即決され、同年4月にはレコーディングも終了。ライブで披露する際にも確実にウケる曲になった。

    バンド的にはレコード発売直前に池田が突然死するという最大の危機が訪れていたものの、口コミなどで徐々に売り上げを伸ばし、発売から約2ヵ月半たった9月の最終週、オリコン週間チャート9位にランクされた後、5週をかけて3位となる。翌1971年の1週目に1位となった。

    楽曲としては徹底的なパロディ精神で貫かれているのが特徴であり、ダービーの風景(出走前・観客席・出走後ゴール直前まで)を描写しているものの、出走している馬名が他の博打に関連する言葉であったり、当時の人気ギャグであったりとメチャクチャであり、更には競馬とは全く関係ない「引っこ抜け」という応援が入ったりする。また、東京都知事として公営ギャンブルの廃止に取り組んでいた美濃部亮吉の声色をまねたナレーション、早口の実況中継が曲中に含まれている。都知事のナレーションに関しては(元々公営ギャンブル廃止派なのでナレーションをしていること自体がギャグではあるものの)麻雀の役の馬名に釣られて他の麻雀の役を言ってしまうというミス(「(公営)ギャンブル廃止とか言ってるけど、実際影では麻雀やってんだろ」という強烈な風刺を含んでいる)をやらかす。また実況中継に関しては(出走している馬名がメチャクチャである事自体がギャグであるものの)実況の末に興奮しすぎて、馬名からの連想ゲームになり、「蛍の光」の歌詞の一節を実況してしまうという展開になるなど、二重三重のパロディが織り込まれている。

    ジャケットのイラストは針すなおによる。1コーラス目と前述の台詞は高橋隆が、2コーラス目は手塚通夫が、3コーラス目は山本または佐藤敏夫が歌っている。

    エピソード[編集]

    • パロディーだらけの曲であるものの、山本によると「きょうはダービー」と歌っているにもかかわらず実況部分では「本日の第4レース」となっていたため、「ダービーが第4レースなわけがないだろう」(通常、日本ダービーを含む重賞レースは第10レースにて行われる。発売当時の1970年は第9レースに行われた[注 1])と発売当時に多くの批判が来たという[1]
    • 元プロ野球選手の愛甲猛(元ロッテオリオンズ中日ドラゴンズ)のロッテ時代の応援歌に、この曲が使われていた。
    • 山本は、ソルティー・シュガーの解散後に白鴎大学で教鞭を執るかたわら、大学の硬式野球部長を務めている。その縁で、同部OBの飯原誉士が、プロ野球(ヤクルト)入り後に「(ホームゲームでの)登場曲に(採用)しましょうか?」と山本に打診したことがある。しかし、山本が打診を固辞したため、現在に至るまで登場曲への採用は実現していない[2]

    収録曲[編集]

    1. 走れコウタロー
      • 作詞:池田謙吉/作曲:池田謙吉、前田伸夫/編曲:池田謙吉

    映画作品[編集]

    • 走れ!コウタロー 喜劇・男だから泣くサ
    1971年2月6日東宝系で上映(制作:東京映画)。併映は「喜劇 おめでたい奴」。
    脚本:中西隆三山本邦彦
    監督:山本邦彦
    出演:藤村俊二左とん平伴淳三郎郷ちぐさ緑魔子菱見百合子、ソルティー・シュガーほか
    曲のヒットにあやかった歌謡映画。藤村俊二の唯一の単独主演映画。

    競走馬「コウタロー」[編集]

    1962年1966年中央競馬に在籍し、通算66戦15勝。阪神3歳ステークス阪神大賞典などの重賞を3勝し皐月賞菊花賞天皇賞など現在のGIレース(当時はGIなどの格付けは無く八大競走と呼称)にも出走している。ただし、日本ダービーには出走していない。主戦騎手は加賀武見

    カバー[編集]

    • F・MAP青嶋達也三宅正治福井謙二[注 2]
      • 「走れマキバオー」というタイトルでカバー。
      • テレビアニメ『みどりのマキバオー』オープニングテーマ。1996年3月21日発売のシングル「走れマキバオー」に収録。
      • このカバー版では「コウタロー」を「マキバオー」に差し替えたり、また美濃部都知事をアニメ放送時の東京都知事青島幸男に変更したりするなどのアレンジが行われた。
      • 間奏のナレーションは、青島が世界都市博覧会の中止決定をふまえた内容となっている。
      • なお、青嶋達也が担当した実況中継に登場する馬名は「コウタロー」を「マキバオー」に変えた以外はほぼ原曲と同じである。
    • ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』出演声優8名(和氣あず未高野麻里佳Machico上田瞳大空直美渡部優衣藤井ゆきよ明坂聡美[注 3]
      • 「走れウマ娘」というタイトルでカバー。
      • 同ゲームCMソング。2018年10月13日のイベント限定販売シングル「走れウマ娘/ぱかチューブっ!ですが、何か?」に収録[3]
      • 歌詞・セリフは作中の世界観に合わせて大幅にアレンジされている。
      • 実況中継部分は明坂聡美が担当。
      • 大空直美の起用理由は、タマモクロスが前述の『マキバオー』の主人公ミドリマキバオーのモデル[4]であることから。

    参考文献[編集]

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ ちなみにこの年のダービー馬はタニノムーティエ
    2. ^ 全員、フジテレビアナウンサー。うち福井は2013年9月30日付で定年退職。
    3. ^ 公式表記は、それぞれの配役となる(スペシャルウィーク(CV.和氣)、サイレンススズカ(CV.高野)、トウカイテイオー(CV.Machico)、ゴールドシップ(CV.上田)、タマモクロス(CV.大空)、ウイニングチケット(CV.渡部)、駿川たづな(CV.藤井)、実況の赤坂さん(CV.明坂))。

    出典[編集]

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]