ひし美ゆり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひしみ ゆりこ
ひし美 ゆり子
本名 境屋 地谷子(旧姓・菱見
別名義 菱見 地谷子(本名ならびに旧芸名)
菱見 百合子(旧芸名)
菱美 百合子(別名)
堤 杏子(別名)
生年月日 1947年6月10日(68歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
ジャンル 女優
活動期間 1966年 -
主な作品
映画
『鏡の中の野心』
新仁義なき戦い 組長の首
ドラマ
ウルトラセブン
プレイガール
受賞
昭和40年度 ミス東京セニョリータ凖ミス

ひし美 ゆり子(ひしみ ゆりこ、1947年6月10日 - )は、日本女優。本名、境屋 地谷子(旧姓 菱見)。 身長158cm。

来歴・人物[編集]

東京都中野区鷺宮1丁目(現・若宮1丁目)生まれ[1]。父は北海道出身で浪越徳治郎の旧友であり、戦時中はエンジニアとして兵器の会社に勤務していたほか[1]、後の千葉工業大学で教えていたこともある[2]。父方の祖父は江戸出身で、彰義隊の残党として北海道に移り住み、ミス北海道の女性と結婚した[1]

父は戦後、手動式拡大コピー機の会社「スミラ工藝社」を興して成功したが、やがて事業に失敗し、負債処理のために中野の家を引き払い、1954年8月、三鷹市牟礼(現・井の頭4丁目)に転居[2]

1963年中野区立北中野中学校から藤村女子高等学校に入学[注釈 1]。高校2年の終りの頃、東宝主催「ミス東京セニョリータ」の準ミスに選ばれ、ステレオセットや電気ミシンなどの賞品を獲得[3]。これがきっかけで東宝のカメラテストに呼ばれ、東宝ニューフェイスに選ばれる[3]。東宝俳優養成所を経て1966年に「パンチ野郎」でデビュー[4]、同期には牧れい、若原啓子がいる。

デビュー当初は本名の「菱見地谷子」名義で活動し、1967年から「菱見 百合子」に改名。『ウルトラセブン』の「友里アンヌ隊員」役で知られる。アンヌ役は、映画出演決定を理由に降板した豊浦美子の代役として急遽決まったため、コスチュームのサイズが合わず体にぴったりとフィットしたものになったという。

1972年、東宝との専属契約が切れ、女優は辞めるつもりでいたが、個人的な記念のつもりで撮ったヌードが「週刊プレイボーイ」に流出し、これを切っ掛けに東映の『不良番長』に出演し女優を続ける(不良番長#逸話)。以降、フリーとなって気分一心で現在の名前に改名[5]。『忘八武士道』『好色元禄(秘)物語』など東映の成人映画にも出演した。『新仁義なき戦い 組長の首』でも見事な肢体を披露し、主人公たちを翻弄する魔性の女を演じた[4]。その後も数多くのテレビドラマ時代劇など各種作品に出演。

台湾料理シェフである現在の夫との再婚後は、夫の経営する料理店の切り盛りに主軸を移し、東京都調布市で「台北飯店」と「Asian TAIPEI」「Cafe&bar(バール)『TP's Cafe』」を経営している。その傍ら、女優業も断続的に続けている。自伝『セブンセブンセブン わたしの恋人ウルトラセブン』などの著作がある。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

レギュラー・準レギュラー出演[編集]

ゲスト・単発出演[編集]

テレビアニメ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 亡霊学級(1996年、大映) - 目黒ユリ(演:宮澤寿梨)の母
  • THEウルトラ伝説 / ウルトラセブン映像大図鑑(TBSビデオ) - ナレーター
  • ゲートキーパーズ21(2002年) - 池田(旧姓:浮矢)朗美(浮矢和子の娘の成長後)

その他のテレビ番組ほか[編集]

  • ウルトラセブンソノシート(1967年 - 1968年) - アンヌ隊員、ピット星人
  • ウルトラセブン誕生40周年記念特番 / 僕たちのウルトラセブン 〜40年目の同窓会〜(2007年、TBS)
  • 徹底検証! ぼくらのウルトラマン伝説
  • 〜昭和のヒーロー『ウルトラQ』、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』誕生秘話〜(2011年、BS日テレ
  • 競馬場の達人(2011年、グリーンチャンネル

ディスコグラフィー[編集]

  • ウルトラマンメビウス ※Project DMM with ウルトラ防衛隊の一員として

書籍[編集]

単著[編集]

  • 『セブン セブン セブン -わたしの恋人ウルトラセブン』(1997年1月、小学館)ISBN 4093872139 -
  • 『アンヌとゆり子-隊員服を脱いだ私』(2000年3月、同文書院)ISBN 4810377091
    • 改題新版『隊員服を脱いだ私』(2002年8月、講談社)ISBN 406330177X

共著[編集]

  • ひし美ゆり子・樋口尚文 『万華鏡の女 女優ひし美ゆり子』 筑摩書房2011年。978-4-480-87365-1。

写真集[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 『万華鏡の女』p.32には「東京女子体育大学附属高校」とあるが、このような名称の学校は実在しない。公式掲示板における当人の発言によると、「東京女子体育大学附属高校」出身とは、新聞記者の勘違いのために生じた誤伝であるという。なお、東京女子体育大学と藤村女子中学校・高等学校は同じ学校法人が経営しており姉妹校にあたる。
出典
  1. ^ a b c #万華鏡、26頁
  2. ^ a b #万華鏡、27頁
  3. ^ a b #万華鏡、34-37頁
  4. ^ a b アサヒ芸能 2012年5月24日特大号
  5. ^ 「ひし美ゆり子インタビュー」、『映画秘宝』2011年7月号、洋泉社、 68-69頁。
  6. ^ 未出演だが、オープニング・タイトルにクレジットはされている。
  7. ^ 映画「インターミッション」公式サイト
  8. ^ 第11話「魔の山へ飛べ」・第13話「V3から来た男」には未登場。

関連項目[編集]

ひし美ゆり子(に相当する役)を演じた女優[編集]

外部リンク[編集]