コンテンツにスキップ

ひし美ゆり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひしみ ゆりこ
ひし美 ゆり子
ひし美 ゆり子
中日新聞1967年10月1日付朝刊に掲載された『ウルトラセブン』の広告
本名 境屋 地谷子(旧姓菱見)
別名義
  • 菱見 地谷子(本名ならびに旧芸名)
  • 菱見 百合子(旧芸名)
生年月日 (1947-06-10) 1947年6月10日(77歳)
出生地 日本の旗 日本東京都中野区
身長 158 cm
ジャンル 女優
活動期間 1966年 -
主な作品
映画
ドラマ
受賞
昭和40年度 ミス東京セニョリータ凖ミス
オール東宝ニュータレント』第6期
テンプレートを表示

ひし美 ゆり子(ひしみ ゆりこ[1]1947年昭和22年〉6月10日[2][3] - )は、日本女優。本名は境屋 地谷子(旧姓菱見)。 身長158センチメートル。

来歴・人物

[編集]

東京都[2][3]中野区鷺宮1丁目(現・若宮1丁目)生まれ[4]。父は北海道出身で戦時中は技術者として兵器の会社に勤務していたほか[4]、後の千葉工業大学で教えていたこともある[5]。父方の祖父は江戸出身で、彰義隊の残党として北海道に移り住み、ミス北海道の女性と結婚した[4]

父は戦後、手動式拡大コピー機の会社「スミラ工藝社」を興して成功したが、やがて事業に失敗し、負債処理のために中野の家を引き払い、1954年8月、三鷹市牟礼(現・井の頭4丁目)に転居[5]

1963年中野区立北中野中学校から藤村女子高等学校に入学[注釈 1]。高校2年の終りの頃、東宝主催「ミス東京セニョリータ」の準ミスに選ばれ、ステレオセットや電気ミシンなどの賞品を獲得[6][3]。これがきっかけで東宝のカメラテストに呼ばれ、東宝ニューフェイスの後身の第6期オール東宝ニュータレントに選ばれ東宝に入社[6][2][3]。東宝俳優養成所を経て1966年に『パンチ野郎』でデビュー[7][3]。同期には牧れい小林夕岐子、若原啓子などがいる。

デビュー当初は本名の菱見地谷子名義で活動し、1967年から菱見 百合子に改名。『ウルトラセブン』の友里アンヌ隊員役で知られる[2][1][3]

1972年、東宝との専属契約が切れ、女優は辞めるつもりでいたが、個人的な記念のつもりで撮ったヌードが「週刊プレイボーイ」に流出し、これを切っ掛けに東映の『不良番長』に出演し女優を続ける。以降、フリーとなって気分一心で現在の名前に改名[8]。『ポルノ時代劇 忘八武士道』『好色元禄㊙物語』など東映の成人映画にも出演した。『新仁義なき戦い 組長の首』でも見事な肢体を披露し、主人公たちを翻弄する魔性の女を演じた[7]。その後も数多くのテレビドラマ時代劇など各種作品に出演。

私生活では、1979年11月、8歳年下の中華料理店経営の一般男性と結婚し、4人の子供をもうけた[9]

自伝『セブンセブンセブン ―わたしの恋人ウルトラセブン―』などの著作がある。

近年はトークショー「ゆり子の友達の和!」[注釈 2]やオンライントークショーを企画したり、円谷プロ関連のイベントに参加するなど、積極的にファンとの交流活動を続けている。

2020年代に入ってからは女優業を休業している[10]

人物・エピソード

[編集]

デビューのきっかけとなった「ミス東京セニョリータ」へは高校の友人の誘いによりともに参加した[3]。しかし、華やかな他の参加者に引け目を感じ、さらに人前で喋ることを苦手としていたため水着審査や演技審査を避けて途中で帰宅しようとしたが、ロビーに置かれていた豪華賞品を見て思い直し、我慢して審査を受けたという[3]。後にひし美が聞いたところによれば、1位は当初から決まっていた[3]

本格的な初レギュラー作となったテレビドラマ『天下の青年』では、ワンカットの長台詞を覚えられず、監督の福田純からこっぴどく叱られ、四十数年後もトラウマのように覚えているという[3]。後に『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』で福田と再会した際は優しく接しられ、女優として認めてもらえたと感じたことを述懐している[3]

『ウルトラセブン』のアンヌ役は、映画出演決定を理由に降板した豊浦美子の代役として急遽決まり[3]、撮影の前日に突然呼ばれたため、コスチュームの製作が間に合わず、やむを得ず豊浦のサイズに合わせて製作してあったものを着用した。しかし、菱見には小さすぎ、身体にぴったりとフィットしたものになったという[11]。なお、胸部の窮屈さから菱見はコスチュームの脇の下にある黒い蛇腹の部分を、こっそり切って使用していたという[12]

後年はアンヌ役として知られるが、『セブン』放送当時は街中で声をかけられるようなこともなく、人気を認識するようなことはなかったという[3]。ひし美自身は、子供の視聴者が「アンヌが好き」というのは恥ずかしかったのだろうと推測している[3]。一方、自身が出演した『ゴジラ対ガイガン』を劇場で見た際に、観客の子供から「アンヌ隊員だ」という声が挙がったという[3]

子供の頃からボクシングなどスポーツを見ることが好きで、アンチ巨人ファンとかつてウルトラセブンで共演した毒蝮三太夫のYouTubeチャンネル「マムちゃんねる」のラジオ対談のなかで語っている。

所属事務所

[編集]
  • 東宝俳優養成所(女優部)(1965年 - 1972年)
  • 独立企画(1981年)[13]
  • 糟谷企画(1993年 - 1995年)[14]
  • アクセスエンタープライズ(1999年)[15]

出演作品

[編集]

映画

[編集]

テレビドラマ

[編集]

レギュラー・準レギュラー出演

[編集]

ゲスト・単発出演

[編集]

テレビアニメ

[編集]

オリジナルビデオ

[編集]
  • 亡霊学級(1996年、大映) - 目黒ユリ(演:宮澤寿梨)の母
  • THEウルトラ伝説 / ウルトラセブン映像大図鑑(TBSビデオ) - ナレーター
  • ゲートキーパーズ21(2002年) - 池田(旧姓:浮矢)朗美(浮矢和子の娘の成長後)

その他のテレビ番組ほか

[編集]
  • ウルトラセブンソノシート(1967年 - 1968年) - アンヌ隊員、ピット星人
  • ウルトラセブン誕生40周年記念特番 / 僕たちのウルトラセブン 〜40年目の同窓会〜(2007年、TBS)
  • 徹底検証! ぼくらのウルトラマン伝説
  • 〜昭和のヒーロー『ウルトラQ』、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』誕生秘話〜(2011年、BS日テレ
  • 競馬場の達人(2011年、グリーンチャンネル
  • 4Kで進化するウルトラセブン[31](2020年、NHK BS4KNHK BSプレミアム

ディスコグラフィー

[編集]
  • ウルトラマンメビウス - Project DMM with ウルトラ防衛隊の一員として

書籍

[編集]

単著

[編集]
  • 『セブン セブン セブン -わたしの恋人ウルトラセブン』(1997年1月、小学館)ISBN 4093872139
  • 『アンヌとゆり子-隊員服を脱いだ私』(2000年3月、同文書院)ISBN 4810377091
    • 改題版『隊員服を脱いだ私』(2002年8月、講談社)ISBN 406330177X
    • 改訂新版『アンヌとゆり子』(2024年6月、復刊ドットコム)ISBN 4835459245
  • 『アンヌ今昔物語 ウルトラセブンよ永遠に・・・』(2017年7月、小学館)ISBN 9784093885621

共著

[編集]

写真集

[編集]

ひし美ゆり子に相当する役を演じた女優

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 自著『万華鏡の女』p.32には「東京女子体育大学附属高校」とあるが、このような名称の学校は実在しない。公式掲示板における当人の発言によると、「東京女子体育大学附属高校」出身とは、新聞記者の勘違いのために生じた誤伝であるという。なお、東京女子体育大学と藤村女子中学校・高等学校は同じ学校法人が経営しており姉妹校にあたる。
  2. ^ 主なゲストとしてウルトラセブンで共演したモロボシ・ダン役森次晃嗣、フルハシ隊員役毒蝮三太夫、アマギ隊員役古谷敏、ウルトラセブン最終回はじめ同作品で多くの監督を務めた満田かずほ、ウルトラシリーズの音楽を手がけた作曲家冬木透、ウルトラヒロインの先輩後輩にあたる桜井浩子西恵子、初代ウルトラマンハヤタ隊員役の黒部進、『プレイガール』で約1年半共演した戦友片山由美子など。
  3. ^ 出演シーンカットのため未出演。オープニング・タイトルにクレジットはされている。
  4. ^ この作品後に東宝を退社。
  5. ^ 「堤 杏子」名義で出演。
  6. ^ 米国版DVDには、特典映像にオリジナルのインタビュー映像が付属する。
  7. ^ 監督:近藤朋史。撮影は2011年夏に行われた。<Tomofumi Kondo(P)[@Tomopunks] 2011年8月23日のTwitterより>
  8. ^ 第11話「魔の山へ飛べ」・第13話「V3から来た男」には未登場。
  9. ^ 第14話からレギュラー。
  10. ^ 第22話からレギュラー。
  11. ^ 「愛と死と」(第16章 - 第20章)台本より
  12. ^ 第217話からレギュラー。レギュラー出演前、第213話「裸女は楽園へ帰れ」(1973年4月30日放送)に別役でゲスト出演している。レギュラーとして最後の出演は第286話「私にさわると地獄行きよ」(1974年9月23日放送)までで、第287話(最終話)「男見るべからず プレイガール最後の決闘」には出演していない。
  13. ^ 第135話で初登場。クレジットタイトルに名前が記載されているのは135話、146話、149話、156話の4話。

出典

[編集]
  1. ^ a b c ゴジラ大百科 1993, p. 127, 構成・文 岩田雅幸「決定保存版 怪獣映画の名優名鑑」
  2. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, p. 533, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東宝特撮女優大全集 2014, pp. 128–131, 聞き手・構成 樋口尚文「ひし美ゆり子インタビュー」
  4. ^ a b c #万華鏡、26頁
  5. ^ a b #万華鏡、27頁
  6. ^ a b #万華鏡、34-37頁
  7. ^ a b アサヒ芸能 2012年5月24日特大号[要ページ番号]
  8. ^ 「ひし美ゆり子インタビュー」『映画秘宝』2011年7月号、洋泉社、68-69頁。 
  9. ^ ひし美ゆり子のプロフィール ワダマメドットコム 閲覧日2021年6月9日
  10. ^ コロナ禍で2021年は全くの巣篭もりです! - あれから50年・・アンヌのひとりごと ひし美ゆり子公式ブログ 2021年5月28日
  11. ^ “ウルトラセブン幻のアンヌ隊員と再会”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2015年4月11日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/04/11/0007909708.shtml 2021年12月7日閲覧。 
  12. ^ “ウルトラセブン・アンヌ隊員と特撮のDNA”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年9月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/15/kiji/20200915s00041000096000c.html 2021年12月7日閲覧。 
  13. ^ 「'81タレント名簿録」(発行:連合通信社音楽専科社)124頁。
  14. ^ 「日本タレント名鑑1993年版」610頁。「日本タレント名鑑1995年版」689頁。(発行:VIPタイムズ社)
  15. ^ 「日本タレント名鑑1999年版」789頁。(発行:VIPタイムズ社)
  16. ^ 『Kultutrieb-G』Vol.4、2012年11月18日発行、学習院大学表象文化研究会 60-70頁。
  17. ^ “瓢箪から駒...ならぬtwitterから音の葉~!!” あれから50年・・アンヌのひとりごと 2011年9月4日
  18. ^ 映画「インターミッション」公式サイト
  19. ^ 帽子とひまわり - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  20. ^ 銭形平次(大川橋蔵主演)(第567回)涙の帰り花 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  21. ^ 自画像の怪 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  22. ^ 悪霊の住む家 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  23. ^ 特命刑事 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  24. ^ おとうさんのつうしんぼ 祐子の計画 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  25. ^ ガラスの家族 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  26. ^ 七瀬ふたたび - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  27. ^ allcinema『TV 七瀬ふたたび (1998)について 映画データベース - allcinemahttps://www.allcinema.net/cinema/879662023年5月2日閲覧 
  28. ^ あした天気に - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  29. ^ 幸せづくり - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2023年5月2日閲覧。
  30. ^ GATE KEEPERS”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年3月19日閲覧。
  31. ^ 『ウルトラセブン』4Kリマスター版が9/29(水)よりNHK BS4Kにて放送開始!当時のキャストや松本人志さんら豪華ゲストによる特番も決定! - 円谷プロ 2020.08.18

参考文献

[編集]
  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『ENCYCLOPEDIA OF GODZILLA ゴジラ大百科 [メカゴジラ編]』監修 田中友幸、責任編集 川北紘一Gakken〈Gakken MOOK〉、1993年12月10日。 
  • 別冊映画秘宝編集部 編『〈保存版〉別冊映画秘宝 東宝特撮女優大全集』洋泉社、2014年9月24日。ISBN 978-4-8003-0495-7 

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]