花嫁 (はしだのりひことクライマックスの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花嫁
はしだのりひことクライマックスシングル
B面 この道
リリース
ジャンル フォークソング
時間
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 北山修端田宣彦坂庭省悟
チャート最高順位
はしだのりひことクライマックス シングル 年表
花嫁
1971年
ふたりだけの旅
(1971年)
テンプレートを表示

花嫁」(はなよめ)は、はしだのりひことクライマックス名義のファースト・シングル。1971年1月10日発売。発売元は東芝音楽工業(現:EMIミュージック・ジャパン)。

解説[編集]

ギターイントロから始まる、70年代フォークソングを代表する楽曲のひとつ。ヴォーカルは、藤沢ミエ。暗いイメージのある駆け落ちを明るく前向きに表現した楽曲である[1]。1971年2月15日・22日付のオリコン週間ヒット・チャートで2週連続第1位を獲得したほか、同年の年間ヒットチャートで第7位を記録した。累計売上はミリオンセラーを記録[1]

シングル盤(EXPRESS EP-1274)のジャケット内側にはメンバーのプロフィールが記載されているが、かなりふざけた内容になっている(例としてはしだのりひこの身長が「1ミクロ」、体重が「0.5mmg」など)。

本シングルのヒットにより、大晦日放送の『第22回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。メイン・ヴォーカルが女性の場合、リーダーや他メンバーが全員男性でも紅組になることが多いが[2]、本グループは白組として出演した。紅白での歌唱映像は、民間放送で本楽曲が紹介される際に貸し出されることがある[3]

多摩地区にある家具店「村内ファニチャーアクセス」のコマーシャルソングに起用されていたことがある。

収録曲[編集]

  1. 花嫁 (2:51)
  2. この道
    • 作詞: 北山修 、作曲: 端田宣彦 、編曲: 青木望

収録作品[編集]

  • はしだのりひことクライマックス結成コンサート実況盤(1971/8/5発売、2003/9/29にCD[4]) - M-1・2
  • 25ばあすでい・こんさあと(1971/9/5発売、2003/9/29に紙ジャケットでCD化) - M-1
  • TWIN BEST フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン(1998/3/28発売) - M-1・2
  • 1971 フォーク・ジャンボリー VOL.2(1998/8/7発売) - M-1
  • 青春歌年鑑 1971 BEST30(2000/11/22発売) - M-1
  • はしだのりひこメモリアル・ベスト(2002/10/9発売) - M-1・2
  • フォーク伝説 Respect for Takahiko Ishikawa(2008/5/7発売) - M-1
  • 坂庭省悟メモリアルアルバム「心の旅」(2009/12/12発売 - Disk 3 - M-6

カバーした主な歌手[編集]

セルフカヴァー
  • 北山修(作詞者) - 『青春詞歌集』(1981/12/21発売、1995/4/19にCD化[5])収録
カヴァー
※『(かっこ)』はアルバム・タイトル名

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、112-113頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  2. ^ ピンキーとキラーズ第19回から第22回)やペドロ&カプリシャス第25回)、ハイ・ファイ・セット第28回)等が紅組から出場している。
  3. ^ 日本テレビ系列音楽番組速報!歌の大辞テン』(1996年10月16日から2005年3月23日まで放送)など。
  4. ^ 2005年3月30日に廉価版が発売された。
  5. ^ 2008年10月22日に紙ジャケットにて限定発売された。
  6. ^ 2006/10/1に『天地真理 プレミアム・ボックス』でCD-BOX化された。