ロング・ラブレター〜漂流教室〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漂流教室 > ロング・ラブレター〜漂流教室〜
ロング・ラブレター〜漂流教室〜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2002年1月9日 - 3月20日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 水田成英
武内英樹
木村達昭
川村泰祐
原作 楳図かずお
脚本 大森美香
プロデューサー 山口雅俊
出演者 常盤貴子
窪塚洋介
エンディング 山下達郎LOVELAND, ISLAND
外部リンク フジテレビ番組基本情報
テンプレートを表示

ロング・ラブレター〜漂流教室〜』は、2002年1月9日より3月20日まで毎週水曜日21:00 - 21:54(JST)に、フジテレビ系列の「水曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は常盤貴子窪塚洋介

原作は楳図かずおの漫画『漂流教室』。脚本では設定が大幅に変更されている。

あらすじ[編集]

神奈川県横浜市の神奈川県立本倉高等学校[1]の教師、浅海。生徒たちに慕われる気の良い性格の浅海は、花屋に勤めていた結花と偶然数年ぶりに再会する。そして、同僚教師たちの話から結花がかつて本倉高校で教師をしていたこと、そしてとある傷害事件の当事者として退職していたことを知った浅海は結花と浅からぬ縁を感じ始めるようになる。それでも新年の忙しい時期にあたって結花とは数回程度しか顔を合わせることができないままその日、補習授業のために学校に勤務していた。

一方、結花は教え子であり自身が退職させられた要因ともなった傷害事件のもう1人の当事者である藤沢から2年ぶりの連絡を受けていた。藤沢は退学後も寿司屋で立派に働いており、もし当時のことを許してもらえるなら謝罪したいとする藤沢との再会を心待ちにしながらその日、約束の場所に行く前に思い出の本倉高校を訪れていた。そして浅海のクラスの生徒である高松は、喧嘩していた恋人のかおるとようやく仲直りのできそうな関係まで修復することに成功していた。かおるから小さなプレゼントを受け取った高松はその日、いくらか軽くなった心で補習授業のために学校の校門をくぐった。

その日は始業式の前日である1月7日、午前11時を回った頃。校庭ではまたもや偶然出逢った浅海と結花がちょっとした言い争いをしていた。二年C組では高松の他に大友や安堂、池垣といった落第生を集めての補習授業が行われていた。職員室では進路相談に来ていた三年の柳瀬、他に関谷や若原といった教師たちが冬休み最終日ということもあり、詰めていた。その他、一年生や他の二年生、事務員たちも含めてこの時、約30名ほどが本倉高校に存在していた。

最初に気がついたのは、高松の友人でもある大友だった。教室のチョークが妙な揺れ方をしていることを発見した二年C組の面々は、その直後に発生した大地震が学校全体に襲いかかる現場に居合わせる。だが地震はあっさりと収束し、生徒たちや校内にいた人々は実際に本倉高校がどうなったかを知らぬままに時間を過ごしていた。

一方、校庭に居た浅海と結花は違った。地震の収束と同時に学校の周辺が見知らぬ土地に変貌する光景を、目の当たりにしていたのだ。そこからは樹も人も車もビルも、街という空間そのものがなくなっており、岩と砂と土というまるで砂漠同然の広漠たる世界が広がっているばかり。あまりの信じがたい出来事に、浅海たちは茫然自失となる。本倉高校は、未来の世界にタイムスリップしていたのだった。

キャスト[編集]

タイムスリップした人物[編集]

主要人物[編集]

ヒロイン。二年前まで本倉高校に勤める教師だったが、教え子の藤沢が起こした暴力事件の責任を被り退職。現在は父の重雄が営む花屋『ミサキフローリスト』を手伝っている。事件に巻き込まれた人物達の中で唯一の部外者。
一年前、ショッピングモールで浅海と出会い携帯電話番号を交換するも、その後一度も連絡がとれなかったために音信不通となり、偶然再会した際には冷たくあしらった。2002年1月7日、関谷から花束の代金を徴収するために本倉高校を再び訪れ浅海と再会。校門を出る寸前で浅海と会話するため立ち止まり、その直後に大地震に襲われタイムスリップに巻き込まれてしまう。几帳面で芯が強く協調性に優れ、深い慈愛心を持っており、元教師ということもあって生徒たちともすぐに打ち解け合い、タイムスリップ後の毎日の様子を事細かにノートに記録している。学校での生活では生徒たちの見本として努めて気丈に振る舞い、浅海にだけ自身の弱みを見せる。一度本気で何かを始めると引っ込みがきかなくなる勢い任せな一面がある。
教師の頃は髪型がマッシュルームカットであったため、一部の教員や生徒たちの間で「MASH(マッシュ)」のあだ名で呼ばれ、半ば伝説として語り継がれているが、本人はこの呼び名を嫌っている。
  • 浅海 暁生〈23〉(神奈川県立本倉高等学校教師) - 窪塚洋介
主人公。本倉高校の数学教師。まだ若いためか生徒たちと等身大で接しており、人気がある。温厚でマイペースな風体ながらも人一倍の生徒思いであり、数少ない大人としての強い責任感を持って生徒たちを牽引していく。
一年前に結花と出会い携帯電話番号を交換するが、その直後にスリの被害に遭い、幾人かの友人と共に結花とも連絡が不可能となってしまった。また学校で再会した際には下着姿の安堂に押し倒されている場面を目撃されてしまい、当初は結花から女たらしのように思われていた。自身は出会った時から結花に対して好意を抱いており、タイムスリップした後もアプローチをかけて混乱させたり、藤沢との約束を気にかけている様子を見かねて嫉妬心を露わにすることもあった。タイムスリップの瞬間、自身が呼び止めたせいで結花を巻き込んでしまったという責任を感じているが、それと同時にそばに居てくれて良かったとも思っている。
教師としてはまだ新任であり、二年前に起きた暴力事件のことを知らず、それに結花が関わっていることに驚きを隠せずにいた。

神奈川県立本倉高等学校[編集]

教職員[編集]
一年生[編集]
陸上部員。
IQ230の才女。ノートパソコンを所持している。淡々としており常に落ち着いた物腰で、未知の状況に面してもまったく動じる様子を見せなかった。始業式前日に学校を訪れた理由は不明。
優れた知識量と冷静な判断力でタイムスリップした原因や生存方法などを調査し、浅海をサポートする。
テニス部員。部活動のため学校にいた。
テニス部員。部活動のため学校にいた。ホームシックになり泣き出すなど気弱な性格。
二年生[編集]
三年生[編集]

現代にいる人物[編集]

侵入者たち[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2002年1月09日 恋人は!? 沈む船・永遠の別れ 水田成英 17.2%
第2話 2002年1月16日 2人の約束は? 学校が消えた! 17.2%
第3話 2002年1月23日 死にゆく恋人に届け! この想い 武内英樹 17.1%
第4話 2002年1月30日 月の砂漠! 2人だけの初デート 木村達昭 15.3%
第5話 2002年2月06日 非常事態とあまりに突然のキス 水田成英 16.0%
第6話 2002年2月13日 薬がない!! 愛する人に涙のキス 武内英樹 15.9%
第7話 2002年2月20日 もっと普通の恋愛ドラマ 木村達昭 16.2%
第8話 2002年2月27日 帰れ! もとの世界へ 水田成英 14.2%
第9話 2002年3月06日 抱きしめてもいいですか? 川村泰祐 16.2%
第10話 2002年3月13日 最後の食事…やっと会えた! 木村達昭 16.5%
最終話 2002年3月20日 ハッピー・エンド 水田成英 17.9%
平均視聴率 16.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

原作漫画との相違点[編集]

  • 原作でタイムスリップするのは大和小学校だが、ドラマでは本倉高校に。
  • 原作ではタイムスリップする人数は863人だが、ドラマでは1クラス分の30人に。
  • ドラマではオリジナルキャラクターが多数登場。
  • 関谷、我猛といった人物は性別が変わっている。
  • 原作の大友派、高松派などの内部争いなどのエピソードは、ほとんどカット。そのため高松と大友の仲は悪くなく、対立することもない。
  • 原作では主人公は生徒だが、ドラマでは教師。
  • ドラマでは原作の殺し合いはなく、いかに生き延びていくかが強調されている。
  • ドラマでは怪奇生物や怪奇現象には焦点があてられていない(ただし未来人類は物語の終盤に少しだけ登場した)。
  • 原作では大人は全て死亡するが、ドラマでは主人公が生き延びる

登場した車輌[編集]

関連商品[編集]

  • ロング・ラブレター〜漂流教室〜 DVD-BOX(2002年7月17日)
  • ロング・ラブレター〜漂流教室〜 Vol.1〜6 VHS(2002年7月17日)

脚注[編集]

  1. ^ 架空の高等学校。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
水曜日の情事
(2001.10.10 - 2001.12.19)
ロング・ラブレター〜漂流教室〜
(2002.1.9 - 2002.3.20)