ホンダ・シビックシャトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・シビック > ホンダ・シビックシャトル

シビックシャトル(Civic shuttle)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたハッチバック型の小型自動車である。 なお、商用モデルシビックプロ(Civic PRO)として発売されており、本稿ではこれについても記述する。

概要[編集]

1983年から1996年に生産/販売された、3代目及び4代目シビックの5ドアハッチバック版で、2代目に設定されていたシビックカントリーの実質的な後継車である。1.3Lから1.6Lのエンジンを搭載し、当初FFのみであったが、後に4WDも追加された。

当時の同クラスライバル車と比べ、5ドアハッチバック車よりは全高が約10cmも高く、ワゴン車よりは全長が約20cmも短いそのボディスタイルは独特のもので、後の「ショートワゴン」や「セミトールワゴン」の先駆けとなった。また、当時のカタログには「新しいセダンです」という記載もあった。

初代 AJ/AK/AR型(1983 - 1987年)[編集]

ホンダ・シビックシャトル/プロ(初代)
AJ/AK/AR型
シビックシャトル
(初代欧州仕様前期型)
Honda Civic Shuttle 1984 Utrecht.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1983年1987年
乗車定員 5人
ボディタイプ シャトル:5ドア ハッチバック
プロ:ライトバン
エンジン EV型:1.3L SOHC CVCC
EW型:1.5L SOHC CVCC
駆動方式 FF/4WD
最高出力 EV型:80PS
EW型:90/100PS
(グロス値)
変速機 4速MT/5速MT/3速AT/4速AT(後期1.5Lモデル)
サスペンション 前:ストラット+トーションバー
後:車軸式+コイルスプリング
全長 FF:3,990mm
4WD:4,040 - 4,080mm
全幅 1,625 - 1,645mm
全高 FF:1,480 - 1,490mm
4WD:1,510mm
ホイールベース 2,450mm
車両重量 FF:820 - 910kg
4WD:950 - 980kg
先代 シャトル:ホンダ・シビックカントリー
プロ:ホンダ・シビックバン
-自動車のスペック表-

1983年10月20日、3代目シビックの5ドアとして、3ドアより約1か月遅れて販売された。5ドアであることから車型を表す2桁の数字のうち、10の位は「5」となっている[1]。他のボディ形状から見ると前面投影面積が大きいが、Cd値はそれほど悪くなく、さらにCl値がゼロであるため、意外に高速道路でも安定して走ることが出来る。

「55J」と「55i」にはリアスタビライザーとフットレストを備え、また、リアシートがダブルフォールディングにより荷室がフルフラットになり(そのためか座面とバックレストに大きな隙間がある)、スポーツ指向及びRV指向が強い。「55M」と「55G」は、リアシートは格納できない代わりに厚みもしっかりしており、リアトノカバーの両端に16cmサイズのスピーカーを装着できるなど、より居住性を重視した性格を持っている。その他の装備では、「55i」にはデジタルメータ及びサンルーフが選択でき、「55G」にはエンジン回転数感応式パワステ、集中ドアロック、フューエルリッドオープナー及びリアヒーターダクトを標準装備していた。

トランスミッションは5速MT、3速AT(「55i」のみ)またはホンダマチック(「55i」、「53U」以外)が選択できた。外観では「53U」及び「55M」が規格角形ヘッドライトを装備しているのに対し、「55J」以上は異形ヘッドライトを装備している。「55i」のみバンパーがシルバーで、リアゲートの配色が異なっている。「53U」にはプロテクションラバー(=ドアモール)がなく、「55M」と「55G」には小振りのものが、「55J」と「55i」にはやや大きいものが装着されるなど、違いが多かった。

1984年11月1日、4WD(パートタイム式)を追加した[2]。トランスミッションは、スーパーロー付き5速MTのみが設定されていた。外観では前後バンパー及びプロテクションラバーが大型化し、全長が4mを越えた。合わせて、これまで純正装着されていた「55G」以外では選択出来なかったパワステをオプション設定した。

1985年9月、マイナーチェンジ。グレードを整理して「55J」、「55i」、「4WD-M」、「4WD-J」とし、オートマチックトランスミッションはロックアップ付き4速ATに進化した。また、プロテクションラバーを4WDモデルと同タイプの大型のものに統一し、「55i」はリアヘッドレストの形状を変更した。

1986年9月9日、4WDが「リアルタイム4WD」(ビスカスカップリングスタンバイ4WD)に進化し、さらにバンパーが巨大化した[3]。その際設定された限定車にはアルミホイール、リアスタビライザー、アルミ製アンダーガード及びサイドプロテクタが装着された。

商用モデルには「シャトル」のサブネームは与えられず、乗車定員の違いにより「PRO-T」、「PRO-F」の2グレードで構成され、外観は「53U」同様であった。

日本仕様に対し、北米仕様のFrサイドマーカーは膨らみがなく、反射板となっている。また、リアコンビランプのサイドにもサイドマーカーが備わる。

欧州仕様はFrサイドマーカー部分が日・米仕様と異なりクリアで、形状は北米仕様同様膨らみがなく、その箇所にバルブが入らない。サイドマーカーは独立してタイヤハウス後部に備わるため、構造上2代目シャトルの日本仕様及び欧州仕様に近い。また、リアバンパーのナンバーポケット左右にリアフォグランプを装備している。

2代目 EF2/3/4/5型(1987 - 1996年)[編集]

ホンダ・シビックシャトル/プロ
(2代目)
EF2/3/4/5型
シビックシャトル
(2代目北米モデル後期型)
88-91 Honda Civic Wagno.jpg
ビーグル
Honda Civic Shuttle 003.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1987年1996年
乗車定員 5人
ボディタイプ シャトル:5ドア ハッチバック
プロ:ライトバン
エンジン D15B型:1.5L SOHC
ZC型:1.6L SOHC
駆動方式 FF/4WD
最高出力 D15B型:100PS
ZC型:105/120PS
(ネット値)
変速機 5速MT/4速AT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン+コイルスプリング
後:ダブルウィッシュボーン+コイルスプリング
全長 4,105mm
全幅 1,690mm
全高 FF:1,470 - 1,495mm
4WD:1,490 - 1,515mm
ホイールベース 2,500mm
車両重量 FF:920 - 1,010kg
4WD:1,040 - 1,100kg
後継 シャトル:ホンダ・オルティア
プロ:ホンダ・パートナー
-自動車のスペック表-

1987年、4代目シビックと合わせてモデルチェンジされた[4]。このモデルも3ドアより約1か月遅れた10月20日より販売された。シビックと同じ足回りの4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションが採用される。1気筒4バルブ方式の「ハイパー16バルブエンジン」、電子燃料噴射システム「PGM-FI」などを採用。トップグレードの「56i」と「RTi」にはZC型エンジンを搭載した。

1988年8月3日、小変更をおこなった。AT車にシフトロックシステムを装備、車内用バックブザーが付いた。4WDにLowホールド付き4速ATとINTRAC(4WD+ABS)が設定された[5]

1989年9月21日、マイナーチェンジを実施し、「53U」を追加し「RTX」系のエンジンを1.5Lから1.6Lに変更した[6]

1990年9月、小変更をおこない「RTi・リミテッドエディション」を追加し、「55X」および「RTX」を廃止した。

1992年11月、小変更をおこない安全性能の向上を図った。

1993年9月、グレードの整理をおこない「53U」、「56i」および「RTXエクストラ」を廃止した。

1994年7月8日、「RTi」をベースにRV的な装備を追加して価格を引き下げた「ビーグル」が発売される[7]。なお、「ビーグル」の標準装備品にカンガルーバーとフォグランプがあることから、ホンダ初のクロスオーバーSUVとなったが、このモデル以外に日本国内で発売されたホンダ車に標準装着された例がない。 このモデルはホライゾンクロスロード同様、RVブームの中、販売ラインナップにRVが無かったホンダにその穴を埋めるかたちで設定された車種で、クリエイティブ・ムーバーシリーズ(特にCR-V)登場までのつなぎ役的な存在であったが、当時旧型となっていたEF型シビックベースで低迷していたシビックシャトルの販売台数は一気に増加した。

シャトル以外のシビック(3ドア&4ドアセダン)は1991年9月と1995年9月にモデルチェンジを受けたが、シャトルだけモデルチェンジを受けず、そのまま継続生産された。

1996年2月21日、6代目“ミラクルシビック”のワゴン/ライトバン版であるオルティア/パートナーに引き継ぐかたちでシャトル/プロは生産・販売を終了した。


脚注[編集]

  1. ^ FF小型乗用車 新型「シビック・バラードシリーズ」を発売
  2. ^ FF小型乗用車ホンダシビックシャトルに4輪駆動車 シビックシャトル4WDを追加し発売
  3. ^ シビックシャトル「リアルタイム4WD」発売記念特別仕様車を限定発売
  4. ^ 新型「シビック&CR-X」を発売
  5. ^ 「シビック&CR-X」シリーズの装備を充実して発売
  6. ^ ホンダ独創のVTECエンジンを「シビック・3ドア」と「CR-X」に搭載するなど「シビック&CR-X」シリーズの装備を充実し発売
  7. ^ シビックシャトルにRV感覚溢れる装備でお求めやすい価格の「ビーグル」をタイプ追加設定し発売

関連項目[編集]

外部リンク[編集]