ホンダ・バラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バラード(Ballade)は、本田技研工業がかつて製造・発売していたセダン型の小型乗用車である。

初代 SS/ST型(1980-1983年)[編集]

ホンダ・バラード(初代)
SS/ST型
バラード(前期型)
Ballade 1st front.jpg
初代バラード(中期型)
HONDA BALLADE.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1980年8月1983年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン EJ型:1.3L SOHC CVCC(72PS)
EM型:1.5L SOHC CVCC(80/85PS)
全てグロス値
駆動方式 FF
変速機 4速MT/5速MT
2速ATホンダマチック
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:マクファーソンストラット
全長 4,095mm
全幅 1,600mm
全高 1,345mm
ホイールベース 2,320mm
車両重量 770 - 840kg
別名 英国名:トライアンフ・アクレイム
-自動車のスペック表-
  • 1980年8月26日 - 2代目シビック姉妹車として発表された(発売は翌8月27日ベルノ店専売車)。ボディは4ドアセダンのみで、イメージ的には若干シビックのセダンより高級感があったが、実態はシビックの室内空間をわずかに圧縮し、ボディの前後およびアウターパネル全体のプレスラインをリデザインしたものであった。エンジン/サスペンション等、機構部品もシビックとほぼ共通である。
  • 1981年10月 - 一部変更がおこなわれ、フロントグリルのエンブレムがHマークに変更されグリル中央に付けられた。標準装備のラジオも押しボタン式からシンセサイザー(電子チューナー)式に変更された。
  • 1982年9月 - マイナーチェンジがおこなわれた。フロントノーズをややスラント化し、ウインカーがサイドまで回りこんだ異型2灯式のヘッドライトに変更された。同時にリヤのナンバープレートの位置もバンパーの下部に移動した。

英国では、国有企業のブリティッシュ・レイランド(BL)がトライアンフ・アクレイムとしてライセンス生産をしていた。

2代目 AJ/AK型(1983-1986年)[編集]

ホンダ・バラード(2代目)
AJ/AK型
英国仕様 フロント
1988 Honda Ballade EXi (1 of 3 left) (10038996214).jpg
英国仕様 リア
1988 Honda Ballade EXi (10039084716).jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1983年10月1986年10月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン EV型:1.3L SOHC CVCC(80PS)
EW型:1.5L SOHC CVCC(90/100PS)
全てグロス値
駆動方式 FF
変速機 4速MT/5速MT
3速AT/4速AT
サスペンション 前:トーションバーストラット
後:車軸式
全長 4,160mm
全幅 1,625 - 1,630mm
全高 1,385mm
ホイールベース 2,450mm
車両重量 790 - 860kg
後継 ホンダ・クイントインテグラ
-自動車のスペック表-

日本国外での生産・販売[編集]

ローバー・213SE

英国では、2代目がローバー・213として生産された。南アフリカでは、2代目の販売終了後も4代にわたりシビックセダンがバラードの名前で、2001年まで販売されていた。2011年からは、東南アジア向けシティがバラードの名前で販売される[1]

車名の由来[編集]

  • Ballade:楽曲の種類のバラード(譚詩曲)。

取扱販売店[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Honda South africa:Ballade is Back!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]