日本カー・オブ・ザ・イヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1996-1997年カー・オブ・ザ・イヤーのエンブレム(三菱・レグナムの限定車のもの)

日本カー・オブ・ザ・イヤー(にほんカー・オブ・ザ・イヤー、略称COTY; Car of the Year Japan)は、日本国内で市販される乗用車のなかから年間を通じて最も優秀なものに授賞する自動車のカー・オブ・ザ・イヤー)である。

本稿では、本賞以前に自動車雑誌などで行われたカー・オブ・ザ・イヤー企画についても述べる。

概要[編集]

1980年昭和55年)に始まった。選考は二段階で行われ、第一次選考で10車種(10ベスト)を選考、この中からイヤーカーが決定される。

  • 主催者:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会(雑誌を中心とした37媒体で構成)
  • 実行委員:主催媒体を発行、発売、制作、放送する法人に属する常勤役員または社員
  • 選考委員:60名を上限とし、実行委員の推薦・投票により決定される。特定の自動車会社・輸入業者・販売会社等と金銭を伴う契約関係にある場合、それのみで除外対象とはならない
  • 対象車:前年の11月1日から当年の10月31日までに日本国内で発表、発売された乗用車のうち、ノミネートされたもの
  • 方法:自動車評論家を中心とする選考委員60名による投票により決定
  • 最終発表:毎年12月

選考基準・方法[編集]

選考対象となる自動車は、前年の11月1日から当年の10月31日までに日本国内で発表または発売された乗用車すべてとされるが、「ノミネート」(2007年に実施された第28回の場合には55台)の基準・方法の詳細は必ずしも明確でない。始めにノミネート車のなかから上位10車種(「10ベスト」)が選出され、最終投票の直前には選考委員によるそれらの試乗会が行われる。最終投票では、各委員は持ち点16点のうち最上位の1車種に10点、2位の車種に4点、3位の車種に2点を投じることが義務付けられた。理論上の最高得点は10点x60名=600点であり、最も高い得点を得た自動車が「イヤーカー」として受賞する。

第43回(2022年)までの得点方法は何かに優れた車より失点の少ない車が有利となるため、2017年のボルボ・XC60や2018年のボルボ・XC40のように、日本人に馴染みの薄いとされる車が選出される場合もあり、第44回(2023年)から上記配点方法に変更された[1]

選考の基準として、実施規約では「選考委員は対象車についてコンセプト、デザイン、性能、品質、安全性、環境負荷、コストパフォーマンス等を総合的に評価して選考する」と定めている。

輸入車の扱い[編集]

第15回(1994年)以降、輸入車は日本国産車から区別して選考されていた。別枠での第一次選考(「輸入車10ベスト」)が行われた後に、「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を決定するというものであった。しかしながら、このような二重基準は諸外国にも類例がなく(ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー北米カー・オブ・ザ・イヤーなど)、第23回(2002年)からは統一した平等な評価が為されるようになった。

これに対して、輸入車業界から「輸入車は本国より遅れて輸入されるのが多いので不公平だ」という反発があり、事実日本車より大きく点数で劣っていることが多かったため、第25回(2004年)からは、輸入車のなかで最高得点の車種に対しては「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が無条件に授与されることとなった。

第33回(2013年)では、フォルクスワーゲン・ゴルフVIIが輸入車として初めて「日本・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。なお輸入車が「日本・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した場合、「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」は該当車無しとなる。

輸入車で「日本・カー・オブ・ザ・イヤー」が受賞されたのは、このゴルフVIIと第37回(2017年)のボルボ・XC60、第39回(2018年)ボルボ・XC40の3車種がある。

特別賞[編集]

日本カー・オブ・ザ・イヤーではイヤーカーの他に「特別賞」が設けられ、「Most fun賞」「Most Advanced Technology賞」「Best Value賞」などが設定されていた。大賞である「カー・オブ・ザ・イヤー」(あるいは「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」)と同時に受賞することもあるほか、特別賞に該当車がない年もある。この賞は、前述の「10 BEST CAR」に選出されたか否かを問わず(ノミネート対象外であっても可能)選考される。

第33回(2013年)では、「特別賞」の他に「イノベーション部門賞」「エモーショナル部門賞」「スモールモビリティ部門賞」が設けられた。

受賞車[編集]

1980年(第1回:1980年-1981年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ファミリアマツダ

1981年(第2回:1981年-1982年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ソアラトヨタ

1982年(第3回:1982年-1983年)

カー・オブ・ザ・イヤー:カペラ/テルスター(マツダ/フォード

1983年(第4回:1983年-1984年)

カー・オブ・ザ・イヤー:シビック/バラードホンダ

1984年(第5回:1984年-1985年)

カー・オブ・ザ・イヤー:MR2(トヨタ)

1985年(第6回:1985年-1986年)

カー・オブ・ザ・イヤー:アコード/ビガー(ホンダ)

1986年(第7回:1986年-1987年)

カー・オブ・ザ・イヤー:パルサー/エクサ/ラングレー/リベルタビラ日産

1987年(第8回:1987年-1988年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ギャラン三菱

1988年(第9回:1988年-1989年)

カー・オブ・ザ・イヤー:シルビア(日産)

1989年(第10回:1989年-1990年)

カー・オブ・ザ・イヤー:セルシオ(トヨタ)

1990年(第11回:1990年-1991年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ディアマンテ/シグマ(三菱)

特別賞:エスティマ(トヨタ)

1991年(第12回:1991年-1992年)

カー・オブ・ザ・イヤー:シビックシビックフェリオ(ホンダ)

特別賞:パジェロ(三菱)

1992年(第13回:1992年-1993年)

カー・オブ・ザ・イヤー:マーチ(日産)

特別賞:ビッグホーンいすゞ

1993年(第14回:1993年-1994年)

カー・オブ・ザ・イヤー:アコード(ホンダ)

特別賞:スープラ(トヨタ)

1994年(第15回:1994年-1995年)

カー・オブ・ザ・イヤー:FTO(三菱)

特別賞:オデッセイ(ホンダ)

1995年(第16回:1995年-1996年)

カー・オブ・ザ・イヤー:シビックシビックフェリオ(ホンダ)

特別賞:テラノ(日産)

1996年(第17回:1996年-1997年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ギャラン/レグナム(三菱)

特別賞:デミオ(マツダ)

1997年(第18回:1997年-1998年)

カー・オブ・ザ・イヤー:プリウス(トヨタ)

特別賞:ビークロス(いすゞ)

1998年(第19回:1998年-1999年)

カー・オブ・ザ・イヤー:アルテッツァ(トヨタ)

特別賞:Z(ホンダ)

1999年(第20回:1999年-2000年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ヴィッツ/プラッツ/ファンカーゴ(トヨタ)

特別賞:S2000(ホンダ)

2000年(第21回:2000年-2001年)

カー・オブ・ザ・イヤー:シビック/シビックフェリオ/ストリーム(ホンダ)

特別賞:インプレッサスバル

2001年(第22回:2001年-2002年)

カー・オブ・ザ・イヤー:フィット(ホンダ)

特別賞:エスティマハイブリッド(トヨタ)

2002年(第23回:2002年-2003年)

カー・オブ・ザ・イヤー:アコード/アコードワゴン(ホンダ)

特別賞:フェアレディZ(日産)/7シリーズBMW

2003年(第24回:2003年-2004年)

カー・オブ・ザ・イヤー:レガシィ(スバル)

Most Fun賞:RX-8(マツダ)

Best Value賞:ティアナ(日産)

Most Advanced Technology賞:XJジャガー

2004年(第25回:2004年-2005年)

カー・オブ・ザ・イヤー:レジェンド(ホンダ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:ゴルフ/ゴルフ・トゥーランフォルクスワーゲン

Most Fun賞:1シリーズ(BMW)

Best Value賞:ベリーサ(マツダ)

Most Advanced Technology賞:レジェンド(ホンダ)

2005年(第26回:2005年-2006年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ロードスター(マツダ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW・3シリーズ(BMW)

Most Fun賞:スイフトスズキ

Best Value賞:該当車なし

Most Advanced Technology賞:シビック/ホンダ・シビックハイブリッド(ホンダ)

2006年(第27回:2006年-2007年)

カー・オブ・ザ・イヤー:レクサス・LS460(トヨタ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:C6シトロエン

Most Fun賞:TTクーペ(アウディ)

Best Value賞:ストリーム(ホンダ)

Most Advanced Technology賞:i(三菱)

2007年(第28回:2007年-2008年)

カー・オブ・ザ・イヤー:フィット(ホンダ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:Cクラス セダンダイムラー・クライスラー【現:ダイムラー】)

Most Fun賞:ランサーエボリューションX(三菱)

Best Value賞:ミラダイハツ

Most Advanced Technology賞:ゴルフGT TSI/ゴルフトゥーラン/ゴルフヴァリアント(フォルクスワーゲン)

2008年(第29回:2008年-2009年)

カー・オブ・ザ・イヤー:iQ(トヨタ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:C5(シトロエン)

Most Fun賞:エクシーガ(スバル)

Best Value賞:フリード(ホンダ)

Most Advanced Technology賞:GT-R(日産)

2009年(第30回:2009年-2010年)

カー・オブ・ザ・イヤー:プリウス(トヨタ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:ゴルフ(フォルクスワーゲン)

Most Fun賞:フェアレディZ(日産)

Best Value賞:レガシィ(スバル)

Most Advanced Technology賞:i-MiEV(三菱)

Best 3rd Decade Car賞:フィット(ホンダ)

2010年(第31回:2010年-2011年)

カー・オブ・ザ・イヤー:CR-Z(ホンダ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:ポロ(フォルクスワーゲン)

実行委員会特別賞:RCZプジョー

2011年(第32回:2011年-2012年)

カー・オブ・ザ・イヤー:リーフ(日産)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:Cクラス(ダイムラー)

実行委員会特別賞:デミオ スカイアクティブ(マツダ)

2012年(第33回:2012年-2013年)

カー・オブ・ザ・イヤー:CX-5(マツダ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:3シリーズ(BMW)

実行委員会特別賞:86(トヨタ)/BRZ(スバル)

2013年(第34回:2013年-2014年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ゴルフ(フォルクスワーゲン)

特別賞:ムーヴ フロントシートリフト(ダイハツ)

イノベーション部門賞:アウトランダーPHEV(三菱)

エモーショナル部門賞:アテンザ(マツダ)

スモールモビリティ部門賞:スペーシア&スペーシアカスタム(スズキ)/フレアワゴン(マツダ)

2014年(第35回:2014年-2015年)

カー・オブ・ザ・イヤー:デミオ(マツダ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:Cクラス(ダイムラー)

イノベーション部門賞:i3(BMW)

スモールモビリティ部門賞:N-WGN(ホンダ)

2015年(第36回:2015年-2016年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ロードスター(マツダ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー(BMW)

イノベーション部門賞:モデルS P85Dテスラモーターズ

スモールモビリティ部門賞:アルト/アルトターボRS/アルトラパン(スズキ)

実行委員会特別賞:MIRAI(トヨタ)

2016年(第37回:2016年-2017年)

カー・オブ・ザ・イヤー:インプレッサ(スバル)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:A4(アウディ)

イノベーション部門賞:セレナ(日産)

エモーショナル部門賞:M2 クーペBMW

スモールモビリティ部門賞:ムーヴキャンバス(ダイハツ)

実行委員会特別賞:NSX(ホンダ)

2017年(第38回:2017年-2018年)

カー・オブ・ザ・イヤー:XC60ボルボ

イノベーション部門賞:プリウスPHV(トヨタ)

エモーショナル部門賞:レクサス・LC(トヨタ)

スモールモビリティ部門賞:N-BOX / N-BOXカスタム(ホンダ)

実行委員会特別賞:ハイブリッド車の世界累計販売が1000万台突破(トヨタ)

実行委員会特別賞:佐藤琢磨インディ500で日本人初の優勝)

2018年(第39回:2018年-2019年)

カー・オブ・ザ・イヤー:XC40ボルボ

イノベーション部門賞:クラリティPHEV(本田技研工業)

エモーショナル部門賞:X2(BMW)

スモールモビリティ部門賞:ミラ トコット(ダイハツ工業)

実行委員会特別賞:TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ)

実行委員会特別賞:N-VAN(本田技研工業)

2019年(第40回:2019年-2020年)

カー・オブ・ザ・イヤー:RAV4(トヨタ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:3シリーズ セダン(BMW)

イノベーション部門賞:スカイライン(日産)

エモーショナル部門賞:ラングラージープ

スモールモビリティ部門賞:デイズ(日産)/ eKワゴン / eKクロス(三菱)

2020年(第41回:2020年-2021年)

カー・オブ・ザ・イヤー:レヴォーグ(スバル)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:208/e-208プジョー

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:MX-30(マツダ)

テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:e-tron Sportback(アウディ)

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW ALPINA B3(アルピナ

K CAR オブ・ザ・イヤー:ルークス(日産)/ eKスペース / eKクロススペース(三菱)

2021年(第42回:2021年-2022年)

カー・オブ・ザ・イヤー:ノート/ノートオーラ/ノートオーラ NISMO/ノート AUTECH CROSSOVER(日産)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:ゴルフ/ゴルフヴァリアント(フォルクスワーゲン)

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:4シリーズ(BMW)

テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:アウトランダーPHEV(三菱)

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:コルベットシボレー

K CAR オブ・ザ・イヤー:N-ONE(ホンダ)

2022年(第43回:2022年-2023年)

カー・オブ・ザ・イヤー:サクラ(日産)/ eKクロス EV(三菱)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:IONIQ 5ヒョンデ

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:iX(BMW)

テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:エクストレイル(日産)

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:シビック e:HEV/シビック タイプR(ホンダ)

K CAR オブ・ザ・イヤー:サクラ(日産)/ eKクロス EV(三菱)

2023年(第44回:2023年-2024年)

カー・オブ・ザ・イヤー:プリウス(トヨタ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:X1(BMW)

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:デリカミニ(三菱)

テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:セレナ(日産)

実行委員会特別賞:日本自動車工業会

選考委員経験者[編集]

カッコ内は、選定委員を務めた年次[2]

エピソード[編集]

  • 1989-90年の第10回受賞車は初代セルシオであったが、1989年の夏にトヨタは日本の自動車評論家120人を一人あたり120万円の費用をかけてドイツに招待し、試乗会を開催。当時選考委員であった福野礼一郎は、これに参加した上でセルシオに10点を入れた自らの行動を後に回顧し「まったく面目ありません」とコメントしている[3]
  • 同じく1989-90年のカーオブザイヤーのユーノス・ロードスターによる受賞を目論んだマツダは、カーオブザイヤー選考委員を対象に30台の長期無償貸し出しを実施。これは新車のユーノス・ロードスターを1年間無償で選考委員に貸与し、1年経過時に希望者にはその時点での中古車価格で売却するというものであった[4]
  • 2008年-2009年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、iQが受賞したが、実車リリース前の量産車が受賞することはきわめて稀である。この大賞受賞という異例の結果に対し下記などの理由により、賞自体を宣伝媒体とするような結果について、ネット上では「賞を金で買った」、「出来レースを絵に描いたような内容」と、賞自体の意義などを疑問視する声も多く出た。同年は日産・GT-Rが発売され、自動車業界以外でも大きな注目を浴びたため、GT-Rの受賞が有力視されていた[5]。この回については、毎回公表されていた各選考委員の投票内容も明かされなかった(各委員個人分の自己投票分公表は許可)。
  • 1997年-2002年、2006年-2010年においては大賞受賞車がトヨタかホンダの車に集中していたこともあり、日産自動車に至っては1992年のマーチ以降、2011年のリーフ受賞まで約20年間受賞車がなかったが、2021年にノート/ノート オーラ、2022年にサクラが受賞して日産初の連覇を達成した。また、スズキは本賞制定から現在まで一度も受賞車が存在しない[6]三菱自動車も1996年のギャラン/レグナムから2022年のeKクロスEVまで26年間受賞できなかった。
  • 2022年 - 2023年のイヤーカーのサクラ/eKクロス EVの受賞まで、軽自動車がイヤーカーに輝くことはなかった。
  • 本賞に批判的な関係者の組織により、1991年からは日本における第二のカー・オブ・ザ・イヤーである「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」も行われている。さらに、2002年からは特定非営利活動法人日本自動車殿堂が主催する「日本自動車殿堂カーオブザイヤー」も行われており、例年、日本カー・オブ・ザ・イヤーとは異なる車種が受賞するケースが多い。一方で、同年次の日本カー・オブ・ザ・イヤーとRJCカー・オブ・ザ・イヤーで同一部門・同一車種が受賞した例も少なくない。2000年-2001年のシビックフェリオ、2001年-2002年のフィット、2011年-2012年のリーフ、2021年-2022年のノート/ノート オーラ、2022年 - 2023年のサクラ/eKクロス EV(ノート オーラ/サクラ・eKクロス EVの場合はRJCカー・オブ・ザ・イヤーに加えて日本自動車殿堂カーオブザイヤーも受賞し、日本の主要カー・オブ・ザ・イヤーでは希有となる3冠達成となる)がこれに該当する。またインポート・カー・オブ・ザ・イヤーでは2010年-2011年ポロ、2012年-2013年3シリーズ、2014年-2015年Cクラス(いずれもRJCインポート・カー・オブ・ザ・イヤー)、スモールモビリティ部門賞では2015-2016年アルト/アルトラパン(RJCカー・オブ・ザ・イヤー)が当てはまる。

脚注[編集]

  1. ^ ボルボ「XC60」に並み居る日本車が負けた理由 日本カー・オブ・ザ・イヤー17-18選出の裏側 東洋経済オンライン
  2. ^ 2009-2010日本カー・オブ・ザ・イヤー 選考委員 日本カー・オブ・ザ・イヤー 2009-2010 公式サイト
  3. ^ 福野礼一郎『自動車ロン頂上作戦』双葉社、2004年、145-146ページ
  4. ^ 福野礼一郎『自動車ロン頂上作戦』双葉社、2004年、148ページ
  5. ^ なお、GT-Rはこの年のMost Advanced Technology賞を受賞している。
  6. ^ なぜスズキは日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれないのか? ベストカーweb

関連項目[編集]

外部リンク[編集]